「物件売却」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

住宅購入に関する意識調査(第12回)

「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた44.6%が「買い時」と回答し、前回調査(2016年7月)と比べると3.5ポイント減少した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く68.7%、「今後、消費税の引き上げが予定されている」44.9%、「今後、住宅ローンの金利が上がると思われる」32.3%と続く。 今後の不動産の価格については、「上がると思う」は23.2%となり前回比で1.4ポイント減少した。 「横ばいで推移すると思う」は35.1%で前回

住宅の購入やローンについての調査です。

第8回 住宅購入に関する意識調査アンケート[ 2015年1月 ]

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ53.5%が「買い時」と回答し、前回調査(2014年7月)と比べると0.1ポイント増加した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く73.4%。「10%への消費税の引き上げが予定されている」41.5%、「今後、不動産価格が上がると思われる」34.2%と続く。 今後の不動産の価格については、「上がると思う」が最も多く39.6%と前回比で4.6ポイント減少した。 「横ばいで推移すると思う」が30

2015年1月9日三菱UFJ信託銀行フィードバック数:0社会/政治

不動産投資の概要 ~私募ファンドについて~

2015年1月号不動産投資の概要 ~私募ファンドについて~目次Ⅰ.はじめにⅡ.不動産投資スキームの概観Ⅲ.私募ファンドの仕組みについてⅣ.終わりに不動産アセットマネジメント部投資企画グループ調査役石上 肇調査役補川口 直哉Ⅰ .は じ め に2008 年の金融危機の影響を受け、不動産証券化市場の取引金額は急減した。その後、金融危機の終息を受けて、市場環境は好転し、取引金額は戻り基調である。(図表1)(兆円)図表1証券化の対象となる不動産の取得金額推移(年度)出所:国土交通省「不動産証券化実態調査

住宅の購入やリフォームについての調査です。

住宅購入に関する意識調査(第3回)

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ60.4%が「買い時」と回答し、前回調査(2012年1月)から10.7ポイント増加した。1年前の2011年7月調査からは2回連続で「買い時」の回答が増加する結果となった。 買い時と判断する理由については、「今後、消費税が引き上げられる可能性が高い」が58.6%と前回比で6.7ポイント増加した。また、前回調査と同様に「住宅ローン金利が低水準」の回答が77.3%と最も多く、前回比で4.5ポイント増加した。 不動産の価

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ