調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 物件実態調査

「物件実態調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月6日ネクストフィードバック数:0大型消費/投資

事故物件の住み心地って?また住みたい人はまさかの○割!?【事故物件実態調査3】

事故物件の住み心地って?また住みたい人はまさかの○割!?【事故物件実態調査3】 | 【LIFULL HOME'S】住まいのお役立ち情報 事故物件の住み心地って?また住みたい人はまさかの○割!?【事故物件実態調査3】事故物件に住んだ人の住み心地は一体どうなのでしょうか。マンションと一戸建で住み心地は違うのでしょうか?今回は実際に事故物件に住んでいる、もしくは住んだことがある458人に、事故物件の住み心地や住んでみて実は良かったことなどをご紹介します。実際のところ住み心地はどうなのか時には怖い思いを

2016年7月6日ネクストフィードバック数:0大型消費/投資

事故物件っていくらで住める?4人に1人は後から知った!?【事故物件実態調査2】

事故物件っていくらで住める?4人に1人は後から知った!?【事故物件実態調査2】 | 【LIFULL HOME'S】住まいのお役立ち情報 事故物件っていくらで住める?4人に1人は後から知った!?【事故物件実態調査2】建物内での自殺や殺人、火災による焼死、不審死などが起こった事故物件。実は、事故物件にはメリットもあり、あえて探す人もいます。今回は、実際に事故物件に住んでいる、もしくは住んだことがある458人に、実態を聞きました。どうやって事故物件だと見分けるのか、事故物件のうち、賃貸、持家、アパート

2016年7月6日ネクストフィードバック数:0大型消費/投資

もし幽霊が出たらどうする?実際にあったゾッとする話【事故物件実態調査1】

もし幽霊が出たらどうする?実際にあったゾッとする話【事故物件実態調査1】 | 【LIFULL HOME'S】住まいのお役立ち情報 もし幽霊が出たらどうする?実際にあったゾッとする話【事故物件実態調査1】あなたは事故物件や心理的瑕疵と呼ばれる物件を知っていますか? 事故物件とは、主に建物内での自殺や他殺、火災による焼死、不審死など、様々な事件や事故が起こった物件を指します。事故物件には一般的に、賃料や購入金額が抑えられるといったメリットがあります。しかし実際に何か怖い体験をすることはあるのでしょう

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ