「物価上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月17日マーサー ジャパン★フィードバック数:0ライフスタイル

物価の違いです。

2015年世界生計費調査‐都市ランキング

マーサー 『2015年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表 - プレスルーム | マーサージャパン本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー 『2015年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表海外駐在員にとって最も物価が高い都市はルアンダ(アンゴラ)、最も低い都市はビシュケク

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年5月)

2015年06月08日○6月8日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の5月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差0.7ポイント上昇の53.2となった。6ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を4ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、5月は、前月差1.7ポイント上昇の53.2となり、6ヶ月連続で上昇した。企業動向関連と雇用関連からなるDIは、5月は、前月差1.4ポイント低下の53.2と2ヶ月連続

2015年5月31日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年5月号

2015年5月号ファンダメンタル・アナリシス ……………………………………………………… 1  回復の持続が見込まれる日本の輸出      野村證券株式会社 金融経済研究所 チーフエコノミスト 木下 智夫マーケット・アウトルック(1) …………………………………………………… 7「出口政策」への警戒感から波乱を強いられる長期金利動向三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社       チーフ債券ストラテジスト 石井  純マーケット・アウトルック(2) ……………………………………………………

消費者心理調査「改善も力強さの乏しい消費者心理」

リサーチ総研CSI 消費者心理調査No.219(2015年4月実施)平成27年5月18日(月)14:00 更新【次回6月調査(No.220)結果は7月中旬発表の予定】改善も力強さの乏しい消費者心理― 失業不安は回復に向かい、収入見通しの後退も歯止め ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(4月調査)によれば、  物価上昇見通しに再び強まりが見られるも、先行き景況感の改善が進み、失業不安の回復は持続、収入見通しの後退の動きも歯止めがかかった。消費者心理はひとまず改善が示されるも、本格

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月30日30日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比538円(2.69%)安の19,520円と、大きく下落しました。前日に発表された米国の1-3月期の実質GDP成長率が、市場予想を大きく下回る前期比0.2%(年率)増となり、米ドルが売られると共にユーロや円などが上昇し、ドイツを中心に欧米の株式が軒並み下落したことなどが嫌気されました。それに加えて、日銀が本日開いた金融政策決定会合で、追加金融緩和への期待が一部であったものの、現状

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 2万円回復記念レポート 『1Q97』

Global Market Outlook2万円回復記念レポート『1Q97』2015年4月13日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523日経平均は2万円の大台を回復。実に15年ぶりの快挙であり金融市場にとって記念すべきことだ。2万円回復まで15年以上も時間を要してしまったことは実に残念だが、リーマンショック後の数年間に日経平均の1万円割れが常態化したことを踏まえれば、今次局面のラリーは劇的な進歩と評価できよう。今次サイクルにおける日本株のカタリストは、円安に

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年3月)

2015年04月08日○4月8日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の3月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差0.4ポイント上昇の51.0となった。4ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を2ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、3月は、前月差0.8ポイント上昇の48.0となり、4ヶ月連続で上昇した。一方、企業動向関連と雇用関連からなるDIは、3月は、前月と同水準の56.7となり、横ばいを示

2015年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

課題が残るマクロ経済スライド改正案

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年4月7日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司6月から支給が開始される2015年度の年金額は、14年度から0.9%引き上げられる。消費税増税や円安で最近の物価は上昇傾向にあるが、年金額は物価の変化に応じて変動するのが基本である。ただ14暦年の消費者物価上昇率は2.7%だったから、0.9%では物価に追いつかない。その理由は、デフレ下で払われ過ぎてきた分の調整、物価と賃金の上昇率

2015年4月1日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年3月号

2015年3月号ファンダメンタル・アナリシス(1) ……………………………………………… 1日本経済見通し-2014年度の回顧と2015年度の展望      SMBC日興証券株式会社 金融経済調査部      シニア債券エコノミスト 嶋津 洋樹ファンダメンタル・アナリシス(2) ……………………………………………… 72015年経済見通し:景気は底打ちしたが、「停滞」に近い状況が続く大和証券株式会社 チーフエコノミスト 永井 靖敏マーケット・アウトルック ……………………………………………………

地方の消費低迷を読み解く

地方の消費低迷を読み解く | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年の安倍政権発足後、個人消費は底堅い動きを続けていたが、2014年4月の消費税率引上げ後、個人消費は弱めの動きを続けている。消費動向を地域別にみると、都市部に比べ地方の不調が顕著となるなど地域的なバラツキもみられる。この地方の消費低迷の要因として、以下の4点が指摘できる。

2015年3月30日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のレポートです。

最近の賃上げの動きについて

今週の指標 No.1119 最近の賃上げの動きについて ポイント2015年3月30日連合「春闘生活闘争」によると、2014年度において、定期昇給分と賃金改善分を含む賃上げ率は2.07%(うち賃金改善分は0.39%)と15年ぶりの高水準となった。今年の春闘については、3月26日に公表された第2回「春季生活闘争」によると、賃上げ率が2.36%と昨年の第2回調査(2.23%)を0.13%ポイント上回った。第2回調査の賃上げ率の前年からの変化が、最終結果の前年からの変化と同程度となるとすれば、今年の賃

2015年3月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア中銀、ルピア相場安定を重視(Asia Weekly (3/13~3/20)) ~ルピア相場安定に向けて慎重な金融政策を志向する姿勢~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポートインドネシア中銀、ルピア相場安定を重視(Asia Weekly (3/13~3/20))~ルピア相場安定に向けて慎重な金融政策を志向する姿勢~発表日:2015 年 3 月 20 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回3/13(金) (インド)2 月輸出(前年比)▲15.0%--▲11.2%2 月輸入(前年比)▲15.7%--

消費者心理調査「弱含み、依然慎重な消費者心理」

リサーチ総研CSI 消費者心理調査No.218(2015年2月実施)平成27年3月16日(月)14:00 更新【次回4月調査(No.219)結果は5月中旬発表の予定】弱含み、依然慎重な消費者心理― 景気見通しは連続で改善、失業不安も好転の兆し ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(2月調査)によれば、  先行き景況感は改善の勢いを増し、物価上昇も弱まりが見られ、雇用にも明るい兆しがうかがわれる。一方、所得・収入の見通しは緩やかな後退が続いており、消費者心理は弱含み、先行きの慎重姿

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号)

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) | ニッセイ基礎研究所 日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(トピック) 今後の日銀の追加緩和について、筆者は「追加緩和有り」だと見ている。期限内の物価目標達成の見込みが低いためだ。目標時期を延期する手もあるが、日銀への信認低下を招き、その後の政策効果を阻害してしまうリスクがある。最終的には延期せざるを得なくなるにせよ、何もせずに延期するとは考えづらい。緩和のタイミングは、展望

企業業績の改善などを背景に上昇が期待される賃金

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月13日企業業績の改善などを背景に上昇が期待される賃金 先日発表された、2014年の現金給与総額(毎月決まって支給される「定期給与」にボーナスなどの「特別給与」を加えた合計額)は前年比0.8%増と、4年ぶりに増加へ転じました。内訳を見ると、ボーナスなど特別給与が3.5%増、残業代など所定外給与が3.1%増と大きく上昇しており、企業業績の改善や人手不足を受けて、ボーナスなどの積み増しで社員に利益を還元する動きや、残業などの時間外

2015年2月9日日本総研フィードバック数:0社会/政治

実質賃金上昇の条件

実質賃金上昇の条件株式会社日本総合研究所 副理事長 湯元健治アベノミクス 3 つの誤算昨年の日本経済は、実質成長率と鉱工業生産が 4~6 月期、7~9 月期と 2 四半期連続のマイナスとなるなど、残念ながら景気後退と認定されてもおかしくない状況に陥ってしまった。その要因を改めて整理すると、以下の 3 つの誤算が景気の足を引っ張ったといえる。第 1 は、消費税率引き上げの影響が予想以上に大きく、かつ長引いたことだ。前回消費税が引き上げられた 97 年当時と比較しても、(1)反動減の大きさがより大き

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

原油安、円安下での物価実感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年2月3日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦国際原油市況は2014年半ばから急落し、直近のピークをつけた2014年6月に比べて半値を下回る水準まで低下している。原油価格の下落は、産油国から原油純輸入国への所得移転であるため、原油の大半を輸入に頼る日本経済にとっても大きなメリットになるとみられる。とりわけ、物価下落による購買力の向上が、増税後低迷してきた個人消費を刺

2015年2月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年02月02日 ●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●2月は [消費意欲指数= 44.3点][デフレ生活指数= 61.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【2月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安への評価などに揺れた年初の金融資本市場~長期金利は一時0.2%割れとなるなど、低下圧力は強い~

情勢判断国内経済金融原 油 安 への評 価 などに揺 れた年 初 の金 融 資 本 市 場∼長 期 金 利 は一 時 0.2%割 れとなるなど、低 下 圧 力 は強 い∼南 武志要旨国内景気は一部に消費税増税後の需要反動減からの持ち直しもみられるものの、総じて低調である。2015 年度に入れば、増税による悪影響の一巡や賃上げ実施、さらには原油安による購買力改善などにより、景気回復傾向が明確になるとみるが、原油安に伴う資源国経済や金融資本市場の動向には注意が必要である。さて、原油など資源価格の大幅

2015年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコにとって原油安とユーロ安は『追い風』になるか ~中銀の利下げを後押ししたが、大統領周辺から『圧力』が強まる可能性も~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコにとって原油安とユーロ安は『追い風』になるか~中銀の利下げを後押ししたが、大統領周辺から『圧力』が強まる可能性も~発表日:2015年1月21日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 原油安は貿易赤字の圧縮とインフレ圧力の後退を通じ、トルコ経済にプラスになると見込まれる。足下ではインフレ率にピークアウトの動きが出ているが、コアインフレ率は高止まりしており、依然インフレ懸念はくす

2015年1月20日日本政策金融公庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金動向です。

最近の賃金動向 ~ 「上昇」期待の背景にある物価、雇用需給、利益の情勢 ~

日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究グループ中小企業動向 トピックス平成2 6 年12月 18日NO. 8 1 最近の賃金動向~「上昇」期待の背景にある物価、雇用需給、利益の情勢 ~ GDP 成長率は 2014 年4−6月期以降、2期連続のマイナスとなりました。構成比の約6割を占める個人消費は増加したもののわずかな伸びにとどまっています。消費マインドの改善には賃金の動向が重要なポイントとなりますが、2014 年4月の消費税率引き上げ後はどのようになっているのか、物価や雇用などの状況を含めて

消費者心理調査(CSI)2014年12月調査

リサーチ総研CSI 消費者心理調査No.217(2014年12月実施)平成27年1月16日(金)14:00 更新【次回2月調査(No.218)結果は3月中旬発表の予定】小康状態、先行き不安の残る消費者心理― 依然4人に3人は物価上昇を見通す ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(12月調査)によれば、  10月に大幅後退した景況感と高水準となった物価上昇見通しの勢いはひとまず弱まるも、雇用や所得の見通しは緩やかに悪化しており、消費者心理は小康状態、ほぼ横ばいも先行きはまだ不安の残

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそん

2014年12月23日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要円ドルレートは、2012年の1ドル/=約80円から最近では約120円へと、第2次安倍晋三政権の下で5割円安になった。米国以外の主要貿易相手国も対象として物価変動による競争力変化を考慮した実質実効為替レート(国際決済銀行作成)で見ると、円は現行の変動レート制に移行した1973年2月以降、最も安い水準にある。歴史的円安と、これに寄与したアベノミクスをどのように評価すべきだろうか。 ◆◆◆円安は日本で生産された財(サービスを含む)を割安にし、内外の需要を外国財

日本株式への投資で企業の「稼ぐ力」を取り込む

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月11日日本株式への投資で企業の「稼ぐ力」を取り込む 8日に日経平均株価が一時、2007年7月以来の1万8,000円台乗せとなるなど、日本の株式相場は2014年も概ね堅調に推移してきました。ただし、ここ3日間は、短期間で大きく上昇した中国株式相場に調整の動きが見られたことに加え、大統領選挙の前倒しに伴なうギリシャ政局の不透明感や、原油価格の続落基調などを背景に、欧米株式相場も軟調となったことなどから、利食い売りに押される展開

2014年11月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年11月)

           (平成26年11月)    −景気は、個人消費などに弱さがみられるが、緩やかな回復 基調が続いている。−         先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善傾向が続 くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。 ただし、消費者マインドの低下や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押し するリスクに留意する必要がある。        平成26年11月25日  内    閣    府  [参 考 ]先 月 か ら の 主

消費者心理調査(CSI)2014年10月調査

リサーチ総研CSI 消費者心理調査No.216(2014年10月実施)平成26年11月13日(木)14:00 更新【次回12月調査(No.217)結果は平成27年1月中旬発表の予定】後退懸念を強める消費者心理― 物価上昇見通しが1年ぶりに8割に達する ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(10月調査)によれば、  景況感は大幅に悪化し、物価上昇見通しも1年ぶりの高水準に高まる一方、雇用・所得の見通しに悪化の兆しもうかがわれる。これらを背景に、消費者の暮らし向きには先行き不透明感が

2014年10月22日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年10月)

           (平成26年10月)    −景気は、このところ弱さがみられるが、緩やかな回復基調 が続いている。−         先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善が続くな かで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただ し、駆け込み需要の反動の長期化や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押 しするリスクに留意する必要がある。        平成26年10月21日  内    閣    府  [参 考 ]先 月 か ら の 主 要

消費者心理調査(CSI)2014年8月調査

消費者心理調査 215(2014年8月実施)平成26年9月12日(金)14:00 更新【次回10月調査(��216)結果は11月中旬発表の予定】ほぼ横ばい足踏みの消費者心理― 景気の先行き見通しは再び後退へ ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(8月調査)によれば、  6月に改善した景気の先行き見通しは再び後退し、物価上昇見通しもじわりと強まり、回復に向けて逆風となる一方、雇用や収入に対する見通しはいずれも横ばい水準にあり、緩やかな改善の持続が期待される。これらを背景に、消費者心

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

平成26年度 年次経済財政報告書 ―日本経済の潜在力を高める―

平成26年度 年次経済財政報告書 ―日本経済の潜在力を高める―講演内容引用禁止増島 稔 (内閣府官房審議官(経済財政分析担当)) 片岡 隆一 (RIETIコンサルティングフェロー/財務省大臣官房参事官(主計局担当)) 本年度の経済財政白書では、「日本経済の可能性を広げるにはどうすればよいか」という問題意識から、経済財政を巡る課題について、現状の把握と論点の整理を試みる。第一に、消費税率引上げや大胆な金融政策による影響を整理するとともに、経済成長と財政健全化の両立に向けた課題を分析する。第二に、物

新首相による経済改革が注目され上昇したインド株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月29日新首相による経済改革が注目され上昇したインド株式 インド株式市場は、春の下院総選挙で野党連合の優勢が伝わるとともに上昇の勢いを強め、5月下旬にモディ氏が新首相に就任して以降も、上昇基調で推移しています。その背景として、10年ぶりの政権交代を果たしたモディ新政権に対して、インフラ整備や産業育成などの経済改革が進められるとの期待が国内外で高まっていることが挙げられます。モディ新政権は、7月に発表した2014年度(2014年

2014年8月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国中銀、景気対策の側面支援で利下げ実施(Asia Weekly(8/9~8/15)) ~インドネシア中銀は物価抑制と経常赤字縮小を目指し、引き締め継続~

1/7ASIA Indicators定例経済指標レポート韓国中銀、景気対策の側面支援で利下げ実施(Asia Weekly(8/19~8/15))~インドネシア中銀は物価抑制と経常赤字縮小を目指し、引き締め継続~発表日:2014 年 8 月 15 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日結果コンセンサス前回(中国)7 月消費者物価(前年比)+2.3%+2.3%+2.3%7 月生産者物価(前年比)▲0.9%▲0.9%▲1.

2014年8月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年8月号

みずほ日本経済情報2014年8月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直しつつある。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから持ち直し、緩やかな回復軌道に復するとみられる。個人消費は、駆け込み需要の反動や天候不順の影響が薄れるにつれて回復する見込みである。設備投資は当面足踏みが続くが、年度後半にかけて回復基調に復するだろう。輸出は、海外経済の回復や円安を背景に増加するものの、

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる?

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? | ニッセイ基礎研究所 【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? 研究員 高山 武士米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が7月29-30日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。資産購入額の減額は事前の市場予想の通りだった。声明文では、景気の現状判断と見通しが若干変更されたが、フォワードガイダンスについては変更されず、大きなサプライズはなかった(声明の詳細はPDFを参照)。FOMCで決定された金融政策におけるテー

2014年7月10日マーサー ジャパン★フィードバック数:0ライフスタイル

東京は7位です。

2014年世界生計費調査‐都市ランキング

マーサー 『2014年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表 - プレスルーム | マーサージャパン本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー 『2014年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表海外駐在員にとって最も物価が高い都市はルアンダ(アンゴラ)、最も低い都市はカラチ(パ

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く

金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志(短観) 7月2日に2回目となる日銀短観「企業の物価見通し」が公表された。物価全般の見通しは前回調査から殆ど変化がなかったが、自社販売価格の見通しは、多少上振れた。最近は価格転嫁が比較的スムーズに行われており、企業が価格引き上げに対して、以前より自信を深めている可能性が示唆される。ただし、自社販売価格見通し

2014年5月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1-3月期英国GDP(改定値) ~賃金上昇が物価上昇に追いついてきた~

欧州経済指標コメント:1-3月期英国GDP(改定値) ~賃金上昇が物価上昇に追いついてきた~

消費者心理調査(CSI)2014年4月調査

消費者心理調査 213(2014年4月実施)平成26年5月16日(金)14:00 更新【次回調査(��214)結果は平成26年7月中旬発表の予定】景気見通しの後退で消費者心理は小幅な悪化― 高止まりの物価上昇見通しは一段落 ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(4月調査)によれば、  高止まりにあった物価上昇見通しに一段落が見られ、雇用(失業不安)や収入の見通しはほぼ横ばい、足踏みとなるなか、「景気見通し指数」は大きく悪化、13年以降で最も悪い水準となるなど、景況感の後退懸念が強

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

決定会合、労働需給圧力に自信 ~微調整だった展望レポート~

BOJ Watching日本銀行分析レポート決定会合、労働需給圧力に自信発表日:2014年4月30日(水)~微調整だった展望レポート~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)展望レポートが発表されて、2013・2014 年度の経済成長率以外はほとんど変更がなかった。新しく示された 2016年度は消費者物価の前年比 2.1%を見込んでいる。2%の物価上昇は、「見通し期間の中盤頃」、すなわち 2015 年度に達成されるというシナリオである。消費税増税後の様子をみな

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

実質賃金の低下 ~物価上昇に対して賃金上昇が追いつかないとき~

実質賃金の低下 ~物価上昇に対して賃金上昇が追いつかないとき~

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

需給ギャップがゼロに近づくとき ~完全雇用水準への接近が物価上昇を喚起~

需給ギャップがゼロに近づくとき ~完全雇用水準への接近が物価上昇を喚起~

消費者心理調査(CSI)2014年2月調査

消費者心理調査 212(2014年2月実施)平成26年3月13日(木)14:00 更新【次回調査(��213)結果は平成26年5月中旬発表の予定】消費増税を前に足踏みの消費者心理― 物価上昇見通しが再び強まる ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(2月調査)によれば、  前回12月調査で一服していた物価上昇見通しが再び強まり、3調査ぶりに改善の見られた景況感も回復持続には至らなかった。また、雇用(失業不安)の見通しは緩やかな改善が続くも、収入見通しは僅かに悪化を示し改善への勢いは

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

やや期待外れな10~12月期GDPだったが・・・~輸入急増の背景には民間最終需要の堅調さも~

情勢判断国内経済金融やや期 待 外 れな 10~12 月 期 GDP だったが・・・~輸 入 急 増 の背 景 には民 間 最 終 需 要 の堅 調 さも ~南 武志要旨国内景気は、消費税増税前の駆け込み需要が徐々に盛り上がりつつあることもあり、緩やかながらも改善の動きが続いている。10~12 月期の経済成長率は、輸入急増や公共投資の減速などにより、抑えられたものとなったが、景気牽引役が公的需要から民間需要にシフトしつつある証拠と言えなくもないだろう。こうした動きに合わせて、消費者物価は前年比1

名古屋フォーカスです。

名古屋における個人消費と消費税率引き上げの影響

ホームパブリシティ活動ニュース【プレスリリース】 名古屋における個人消費と消費税率引き上げの影響【プレスリリース】 名古屋における個人消費と消費税率引き上げの影響-「消費生活についてのアンケート」調査結果を踏まえて- 2014年02月25日名古屋は収入が増えたという回答が多く、所得環境が東京・大阪よりも恵まれているように思われるが、安定度では劣っている様子も伺える。また、先行きについては、慎重な見方が多い。物価上昇を実感している人は東京・大阪と同様に多く、特にガソリン代を含む「自動車関係費」の上

2014年2月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、豪ドル相場に対する見方に変化 ~追加利下げの可能性は後退も、豪ドル高容認ではない点は注意~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀、豪ドル相場に対する見方に変化~追加利下げの可能性は後退も、豪ドル高容認ではない点は注意~発表日:2014年2月4日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 4日、豪準備銀は定例の金融政策委員会において、5会合連続で政策金利を据え置く決定を行った。内外景気に対する見方は基本的に変わっておらず、中期的な景気回復を見込む一方、足下で続く国際金融市場における動揺に気遣いをみせる様子

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―時事通信社 経済部次長 犬飼 優2014年の日本経済のビッグイベントは4月の消費税増税だ。税率の5%から8%への引き上げが経済にどの程度のインパクトを与えるのか。昨年、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の「第1の矢」(金融政策)で円安・株高が実現し、経済は回復軌道に乗り始めたが、消費税率アップは景気を大きく落ち込ませる要因になりかねない。政府は回避策として5.5兆円の景気対策を用意しているが、どこまで

2014年1月17日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成26年1月)

(平成26年1月)−景気は、緩やかに回復している。−先行きについては、輸出が持ち直しに向かい、各種政策の効果が下支えするなかで、家計所得や投資が増加し、景気の回復基調が続くことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要及びその反動が見込まれる。平成26年1月17日内閣府[参考]先月からの主要変更点基調判断政策態度12月 月 例景気は、緩やかに回復しつつある。・輸出は、このところ弱含んでいる。生産は、緩やかに

消費者心理調査(CSI)2013年12月調査

消費者心理調査 211(2013年12月実施)平成26年1月16日(水)14:00 更新【次回調査(��212)結果は平成26年3月中旬発表の予定】3調査ぶりに改善の見られた消費者心理― 雇用、収入見通しも緩やかながら改善へ ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(12月調査)によれば、  10月調査で8割超と上昇圧力を強めていた物価上昇見通しがひとまず弱まり、6月以降低下の続いた「景気見通し指数」が上昇に転じるなど、景況感の先行きも改善が示された。また、雇用(失業不安)と収入の見

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の最大の関門は「消費税」 ~価格転嫁がうまくいく条件~

Economic Trends経済関連レポート2014年の最大の関門は「消費税」発表日:2013年12月27日(金)~価格転嫁がうまくいく条件~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年を展望すると、何といっても 4 月の消費税増税が最大のイベントになると予想される。そのハードルを乗り越えるための条件を3つ挙げると、(1)需給環境、(2)、企業収益の厚み、(3)家計の購買力、が焦点になる。今のところ、この3つの条件は良好に推移しており、消費税増税によ

2013年12月24日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成25年12月)

(平成25年12月)−景気は、緩やかに回復しつつある。−先行きについては、輸出が持ち直しに向かい、各種政策の効果が発現するなかで、家計所得や投資の増加傾向が続き、景気回復の動きが確かなものとなることが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要及びその反動が見込まれる。平成25年12月24日内閣府[参考]先月からの主要変更点11月月例基調判断景気は、緩やかに回復しつつある。・輸出は、このところ弱含んでいる。生産

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ