調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 物価上昇率

「物価上昇率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

日米の物価上昇率逆転をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 日米の物価上昇率逆転をどうみるか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎消費者物価上昇率は、1990年代後半からデフレが続いてきた日本が米国を下回ることが常態化していたが、このところ両者の関係が逆転している(図1)。言うまでもなく2014年4月に日本の消費税率が引き上げられたことがその一因だが、15年1月以降は消費税の影響を除いても日本の消費者物価(総合)のほうが上昇率が高くなっている。昨年秋以降の原油価格急落に伴い上昇率が大きく低下して

2015年5月7日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

効果検証です。

(日銀レビュー)「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ ENGLISH「量的・質的金融緩和」:2年間の効果の検証2015年5月1日 企画局要旨日本銀行が2013年4月に「量的・質的金融緩和」を導入してから2年が経過した。本稿では、「量的・質的金融緩和」が金融・経済に与えた政策効果についての定量的な検証を試みる。「量的・質的金融緩和」の効果の波及メカニズムは、(1)2%の「物価安定の目標」に対する強く明確なコミットメントとこれを裏打ちする大規模な金融緩和により予想物価上昇率を引き上げると同時に、(2)

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(2) ~物価上昇の痛みは和らぐ

シリーズ:個人消費の論点②~物価上昇の痛みは和らぐ 2014年の消費税率引き上げ後に、消費の回復が遅れた理由として、物価上昇の影響が大きかったことがあげられる。その結果、物価上昇が賃金上昇を上回る状態がつづいたため、家計の負担感が大きくなった。しかし、14年半ばからの原油価格の低下によって物価上昇率は縮小しており、15年4月以降には物価上昇率から消費税の影響が剥落する。そのため、15年には購買力の低下に歯止めがかかるとみられる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォ

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(9)(最終回) ~世界の景気・ディスインフレへの影響とは?

シリーズ:原油安の影響⑨(最終回)~世界の景気・ディスインフレへの影響とは? 原油価格の低下によって、物価上昇率が縮小している。これは日本だけではなく、世界で共通の現象であり、景気にも影響を及ぼすと考えられる。そこで、今回は、原油価格の低下という視点から、世界の物価と景気への影響に焦点をあてる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネットワークを通じ、さまざまな業界で実務経験を積んだプロフェッショナ

2014年GDP統計から2015年を考える―個人消費を中心に

わたしの意見 ― 水野 創2014年GDP統計から2015年を考える―個人消費を中心に(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2月19日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]GDP統計の2014年10〜12月期1次速報が発表された(2月16日)。実質GDPは季節調整済み前期比+0.6%と3期ぶりのプラスだが、期待比では緩やかな回復にとどまっている。今回同時に発表された2014年暦年の計数では消費税引き上げ前後の振れがある程度均され、経済部門別の状況が明確に見える(表)。す

2015年1月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油下落に対応する政策とは ~必要なのは成長戦略の後押し~

Economic Trends経済関連レポート原油下落に対応する政策とは発表日:2015年1月26日(月)~必要なのは成長戦略の後押し~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)原油下落は、2015 年の経済成長を加速させる要因である。仮に 7 兆円の輸入減になれば、3 兆円規模の財政出動を 2 回行ったと同じインパクトである。恩恵を考えると、たとえ消費者物価上昇率が 1%割れしても、日銀が追加緩和する必要はない。原油下落は、需給ギャップの需要超過幅を押し上げる

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

実質賃金はプラス転化へ ~賃金増加と物価下落でプラス転化の公算大~

Economic Trendsテーマ:マクロ経済分析レポート実質賃金はプラス転化へ~賃金増加と物価下落でプラス転化の公算大~発表日:2014年12月26日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○ 実質賃金は、足元で3%を超える減少が続いている。実質賃金を寄与度分解してみると、名目賃金は増加しているものの、2014 年4月の消費税率引き上げを背景に物価が大幅上昇したことが実質賃金の大きな下押しとなっている。消費税率の影響を除

賃金動向についてのレポートです。

春闘の変遷と今後の展望

○1990年代終盤以降、賃上げのほとんどが定期昇給となる中、2014年の春闘は大企業を中心に数年ぶりにベースアップの実施が相次ぎ、賃上げ率は2.19%と13年ぶりに2%を超えた。背景には、(1)好調な企業業績、(2)労働需給のタイト化、(3)消費増税を見据えた政治的圧力、という要素があったと考えられる。○1990年代後半以降、日本経済は長い低成長とデフレに入り、賃上げ率が低下した。ベアが実施されていた1998年までは、物価上昇率と賃上げ率には正の相関関係がみられたが、1999年以降は物価上昇率に

2014年9月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年利2%で運用しても資産は目減りする?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年利2%で運用しても資産は目減りする?インフレ下で重要性を増す「非課税」の意義 総務省によると、消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は、2013年6月以後、直近2014年7月まで14ヵ月連続で対前年同月比でプラスとなっており、いよいよデフレ脱却が近づいている。デフレの時代が終わりインフレが続くようになると、家計が持っている預貯金の実質的な価値が目減りする、とよく言われる。政府・日銀が目標とする年2%の物

弱含む鉱工業生産

1.今月のグラフ ~生活実感に近い物価上昇率はもっと高い2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:弱含む鉱工業生産~生産の回復が大幅に遅れるリスクも (1)消費税率引き上げ前後の生産動向~1月をピークに急速に悪化(2)今後の生産の行方~弱い動きが続く懸念

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:7月ユーロ圏消費者物価(速報) ~低空飛行は危険なのでやめましょう~

EU Indicators欧州経済指標コメント:7月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2014年7月31日(木)~低空飛行は危険なのでやめましょう~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 7月のユーロ圏の消費者物価の速報値は前年比+0.4%と前月(同+0.5%)から上昇率が縮小し、3月に記録した今次サイクルのボトム(同+0.47%)を更新した(四捨五入前の7月値は同+0.39%)。速報時点で公表された内訳は、コア物価(前月:同+0.8%→今月:同+0.

2ヵ月連続で利下げを行なったトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月25日2ヵ月連続で利下げを行なったトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は24日の金融政策委員会で、政策金利の引き下げ(9.5%→8.75%)を決定しました。これは、5月の前回利下げ時と同じ0.5ポイント幅の引き下げを見込んでいた市場予想を上回る決定でしたが、トルコ・リラは同日、米ドルでやや強含みとなりました。なお、市中金利の事実上の上限となる翌日物貸出金利や、下限となる翌日物借入金利は今回も据え置かれました。追加利下げの主な背景に

2014年6月3日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ:物価上昇の動向

今週の指標 No.1098 トルコ:物価上昇の動向ポイント2014年6月2日トルコの14年4月の消費者物価指数(CPI)は前年比+9.4%となった。CPI上昇率はこのところ高まってきており、トルコ中央銀行の設定するインフレ目標(+5.0%)から大幅にかい離している(図1)。こうした物価の上昇について各項目別にみると、特に食料品、交通費(車両購入費含む)、ホテル・レストラン等への上昇が寄与している(図2)。こうした物価上昇ペースの加速については、一部品目の消費税率引き上げの影響もあるが、通貨リラの

2014年5月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

真価が問われる量的・質的緩和~早ければ夏場にも追加緩和が行われる可能性~

みずほインサイトマーケット2014 年 5 月 13 日真価が問われる量的・質的緩和市場調査部シニアエコノミスト早ければ夏場にも追加緩和が行われる可能性03-3591-1249野口雄裕takehiro.noguchi@mizuho-ri.co.jp○ 日銀は4月30日に発表した展望レポートで、2016年度の消費者物価見通しを+2.1%(政策委員見通しの中央値、消費増税分除く)とし、2015年度中盤に物価目標が達成されるとの見通しを示した。○ 強気の物価見通しを示す背景には、①非製造業中心に景気が

消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も

消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは4ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇品目数の増加が続く・東京都

「物価の上昇」がもたらすもの

楽読(ラクヨミ)2014年3月12日Vol.777「物価の上昇」がもたらすもの内閣府が発表した2014年2月の消費動向調査では、1年後に物価が上昇していると予想する人(消費者)の 割合は89.3%と、1年前(2013年2月調査)の同69.5%から大きく上昇しました。国内景気の回復や円安傾 向などを背景に身の回りに値上がりするものが増加していることを受け、家計の物価上昇見通しが急速に 拡がっていることを確認する内容となりました。実際の物価動向はこうした予想通りになるわけではありませ んが、これから

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年12月の消費者物価(生鮮食品を

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年11月の消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.2%となったが、家計が直面している物価上昇率はそれよりも

期待インフレ ~物価安定への中央銀行の役割~

http://www.nochuri.co.jp/連載物価 古今東西 期 待 インフレ∼物 価 安 定 への中 央 銀 行 の役 割 ∼竹光 大士期待インフレとは伴う。このため、FRB の金融緩和によって期待インフレの低下に歯止めをかける期待インフレとは将来時点におけることが試みられた。人々のインフレ率の予想である。期待インフレを実際に算出するには、①アンケその結果、米国では 2009 年中頃から期ートを取り、物価に関する回答を集計す待インフレが上昇に転じた。2 年ほど遅る方法、

消えた「デフレ」と今後の課題

消えた「デフレ」と今後の課題 | ニッセイ基礎研究所 消えた「デフレ」と今後の課題 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一政府の月例経済報告の物価情勢の判断から「デフレ」という文字が消えた。消費者物価は2008年夏ごろには原油価格の上昇から2%以上も上昇していたが、リーマンショックがおこると、原油価格は急低下し日本の物価上昇率はマイナスへと落ち込んだ。政府は2009年11月の月例経済報告で、日本経済がデフレに逆戻りしたことを公式に宣言した。その後下落基調が続いてきた消

2013年11月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日米物価上昇率の逆転と為替 ~将来リスクとしての米国デフレ~

日米物価上昇率の逆転と為替 ~将来リスクとしての米国デフレ~

2013年11月21日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小

今週の指標 No.1082 2013年7-9月期GDP1次速報後のGDPギャップは前期から縮小 ポイント2013年11月20日2013年7-9月期のGDP1次速報値から試算したGDPギャップ(注1)は▲1.3%となり、13年4-6月期(▲1.6%)からマイナス幅が縮小した(図1、表)。これは、実質GDP成長率が前期比年率1.9%と、潜在成長率(0.7%)を上回る伸びとなったためである。このようなGDPギャップの縮小は、このところの予想物価上昇率の上昇と相まって、物価の押上げに寄与すると考えられる

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:10社会/政治

2年で2%のインフレは本当か?(下編) ~日銀が展望レポートで描くシナリオの吟味~」

Financial Trends経済関連レポート2年で2%のインフレは本当か?(下編)発表日:2013年4月19日(金)~日銀が展望レポートで描くシナリオの吟味~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)4 月 26 日に発表予定の日銀の展望レポートでは、2015 年春には消費者物価上昇率 2%が達成されることをアピールするかたちで、2013・2014 年度の消費者物価の前年比伸び率を高めの数字になりそうだ。しかし、現実には、2%の物価上昇は極めて困難だ。日銀の

2013年2月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却は金融緩和だけでは困難

リサーチ TODAY2013 年 2 月 21 日デフレ脱却は金融緩和だけでは困難常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創「金融緩和でデフレ脱却はできるか」、本論は改めてこの問いに対して答えるものである1。下記の図表は、日本と米国の実体経済における需給状態と物価上昇率の動きをみたものである。ここで実体経済の需給状況を示す指標には、日米で多少異なるものが用いられるが、考え方の基本は同じである。図表を振り返っても、実体経済の需給状況と物価上昇率の間に極めて深い関係があることが示される。たとえば、日

2011年12月27日内閣府フィードバック数:1社会/政治

ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題

今週の指標 No.1018 ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題ポイント2011年12月26日ブラジルでは、鉱物資源や農作物など輸出資源となる一次産品価格の高騰などから、10年後半以降、物価上昇率は高い伸びで推移した。これに対し、ブラジル中央銀行(以下、中銀)は、物価上昇率をインフレ目標値の範囲内(4.5%±2.0%)に抑えるべく、11年に入ってから8月まで、5回連続して政策金利を引き上げるなど金融引締めを実施してきた(図1)。しかし、8月の金融政策委員会では、インフレが未だ治まっていな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ