「物価水準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

個人消費が停滞を抜け出す展望 ~消費と貯蓄のバランス変化を読む~

Economic Trends経済関連レポート個人消費が停滞を抜け出す展望発表日:2015年5月18日(月)~消費と貯蓄のバランス変化を読む~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2015 年 1~3 月の個人消費データは、まだ鈍い。それでも、マインド面では、景気ウォッチャー調査が 3・4月と改善を続けている。これは、株価上昇の効果の表れだろう。消費停滞の背景には、増税による物価上昇が、消費と貯蓄のバランスを変化させた作用があるのだろう。それでも、今後、賃金

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (経済概況)10-12月期の成長率は低下したものの、底堅い成長が持続米国経

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか 2015年5月11日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介為替レートの見通しを立てる際に参照される一つの指標として、「購買力平価」が挙げられる。購買力平価説とは、各国通貨の購買力が同一となるよう物価と為替レートが並行して変化するという考え方であり、為替レートの長期的な収斂水準を考える上で多くの金融市場関係者に利用され

世界各国の物価水準ー日本の物価との比較(2014.9)

★★★「個人登録利用」では個人の方にレポートを販売しています。ご利用ください。★★★ 当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ