「物価目標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

物価目標達成に向けた不確実性~量的・質的金融緩和の効果と副作用~

物価目標達成に向けた不確実性~量的・質的金融緩和の効果と副作用~

2015年4月13日日本総研フィードバック数:0社会/政治

正念場迎える日銀の異次元緩和

正念場迎える日銀の異次元緩和株式会社日本総合研究所 副理事長 湯元健治株価 2 万円超えはデフレ脱却を示唆するか4 月 10 日、日経平均株価が一時的にせよ 15 年振りに 2 万円の大台に乗せ、日本経済の前途には明るいムードが漂い始めたかに見える。強気の株式アナリストは、一時的な調整はあっても、年内 2 万 3000 円台~2 万 5000円台まで上昇が期待できると鼻息が荒い。確かに、2 月以降の株価上昇は、①昨年秋以降、日本経済が再度、回復軌道に乗り始めたこと、②企業業績の改善傾向が続き、今

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

ESPフォーキャスト調査1〜3月期は年率1.36%成長を予測 −「いずれ長期金利引き上げ」半数超に−■2017年4月調査を公表しました(2017年4月10日)輸出が伸び成長率見通しが好転――。昨年後半からの流れが今月の調査でも続いた。1〜3月期の実質成長率は、平均で年率1.36%と、前月調査比0.22ポイント改善、輸出の押し上げが上方修正につながった。2017年度の成長率予測も6カ月連続で上昇し、1.3%になった。景気見通しが改善するにつれ、変化しているのが、金融政策の読みだ。さらに緩和すると見

ESPフォーキャスト2015年2月調査

ESPフォーキャスト調査1〜3月期は年率1.36%成長を予測 −「いずれ長期金利引き上げ」半数超に−■2017年4月調査を公表しました(2017年4月10日)輸出が伸び成長率見通しが好転――。昨年後半からの流れが今月の調査でも続いた。1〜3月期の実質成長率は、平均で年率1.36%と、前月調査比0.22ポイント改善、輸出の押し上げが上方修正につながった。2017年度の成長率予測も6カ月連続で上昇し、1.3%になった。景気見通しが改善するにつれ、変化しているのが、金融政策の読みだ。さらに緩和すると見

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀、足下の指標に一喜一憂しない姿勢 ~中期的な物価目標の実現性重視を強調~

インド準備銀、足下の指標に一喜一憂しない姿勢 ~中期的な物価目標の実現性重視を強調~

2014年4月21日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本経済の見通しです。

日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し ◆:今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対策の効果などから、引き続き拡大する見通しである。当社は、実質GDP成長率に関して、2013年度が前年度比+2.2%、2014年度が同+1.0%、2015年度が同+1.5%と予想している(→詳細

2014年1月21日商工中金★フィードバック数:0社会/政治

物価動向です。

物価目標に立ちはだかる壁~物価動向分析~

物価目標に立ちはだかる壁~物価動向分析~

2013年10月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀の次の一手、来年3月追加量的緩和か

リサーチ TODAY2013 年 10 月 15 日日銀の次の一手、来年3月追加量的緩和か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日米の長期金利の推移である。今年4月に日銀から発表された「異次元の金融緩和」は同時に「異次元の債券購入」を意味し、日銀が大量の長期国債購入をコミットするなか、長期金利は低水準で推移している。米国金利はQE3縮小観測で3%近い水準に上昇したが、9月FOMCでQE3縮小の方向が示されず再び低下に転じた。今年の日本の債券市場では、日銀の金融政策に左右される管理

2013年3月13日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

日銀の次の一手を考える~「大胆な金融緩和」実施に際しての留意点~

みずほインサイトマーケット2013 年 3 月 12 日日銀の次の一手を考える市場調査部シニアエコノミスト「大胆な金融緩和」実施に際しての留意点03-3591-1249野口雄裕takehiro.noguchi@mizuho-ri.co.jp○ 政府は、白川総裁の後任に財務省出身の黒田アジア開銀総裁を提示した。G20会合を受け、日銀の金融政策に対する海外からの目を強く意識したことが、判断材料の一つになったと考えられる。○ 日銀は、4月の金融政策決定会合で追加緩和策を決定する可能性が高い。緩和策とし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ