「特許庁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年3月14日経済産業省★★フィードバック数:0社会/政治

2015年度 模倣被害調査報告書

「2015年度 模倣被害調査報告書」を取りまとめました 2014年度における我が国企業等の模倣被害実態等を「2015年度 模倣被害調査報告書」として取りまとめました。2014年度に模倣被害を受けた企業の割合(模倣被害率)は、大きな変動はなく、21.9%でした。国・地域別では、中国における被害率が64.1%と依然として高く、次いで韓国、アセアン6ヵ国、台湾と続いています。このような状況に対して、模倣被害対策を講じた企業の割合(模倣被害対策実施率)は、前年度比9.7ポイント増の51.6%となり、企

2015年5月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許審査の質についてのユーザー評価調査報告書

特許審査の質についてのユーザー評価調査報告書を公表します 特許審査の質についての評価調査の結果を報告書にまとめましたので公表します。特許庁では、本調査により把握された評価の結果を踏まえ、引き続き特許審査の質の維持・向上に努めてまいります。 1.調査結果の概要 今回の調査においても、過去2回の調査と同様、概ね9割という、他の調査には見られない非常に高い回答率となりました。このことは、特許審査の質に対するユーザーの関心の高さを反映したものと認識しています。 特許審査の質について「5:満足」~「3:

2015年5月20日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

注目分野の特許についてのレポートです。

注目技術分野における特許の出願動向調査

注目技術分野における特許の出願動向調査結果をとりまとめました~知財における日本の強み弱みを見据えた研究開発戦略構築へ~ 特許庁は、日本が目指すべき研究開発の方向性を示すため、人工知能技術、バイオミメティクス等の社会的に注目を集めている技術分野を中心に14の技術テーマ(以下、「通常型テーマ」という。)を選定し、特許の出願動向調査を実施しました。また、日本企業が中国市場へ進出することを支援するため、鉄道車両等の中国において出願が活発に行われている技術分野を中心に6の技術テーマ(以下、「中国特化型テ

2015年3月11日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

経産省の調査です。

2014年度 模倣被害調査報告書

「2014年度 模倣被害調査報告書」を取りまとめました 特許庁は、毎年度、我が国企業等の模倣被害の実態等について、アンケート調査を行っています。このたび、2013年度の結果を「2014年度 模倣被害調査報告書」として取りまとめました。2013年度の模倣被害率は、前年度被害率の21.8%から0.2ポイント増加して22.0%、インターネット上で被害※を受けた企業は模倣被害を受けた企業のうち60.5%(前年度比1.8ポイント減)であり、模倣被害は高止まりしています。※インターネット上の被害とは、イン

2014年10月8日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

知的財産を巡る近年の動向 -特許行政年次報告書2014年版及び特許出願技術動向調査から-

知的財産を巡る近年の動向 -特許行政年次報告書2014年版及び特許出願技術動向調査から-内山 隆史 (特許庁総務部企画調査課知的財産活用企画調整官) 後藤 晃 (RIETIファカルティフェロー/政策研究大学院大学教授) 山内 勇 (RIETI研究員/特定非営利活動法人イノベーション・政策研究所副理事長/文部科学省科学技術政策研究所客員研究官) 企業活動のグローバル化の進展など、世界全体における知的財産を取り巻く環境は大きく変化しつつある。本講演では、特許行政年次報告書2014年版に掲載された最新

2014年3月18日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許庁のまとめです。

2013年度模倣被害調査報告書

「2013年度模倣被害調査報告書」を取りまとめました 特許庁は、我が国企業等の国内外での模倣被害の実態や対策の実施状況に関する情報を収集・分析した「模倣被害調査報告書」の2013年度版を取りまとめました。2012年度の1社当たりの平均被害額は1.9億円、模倣被害総額は1,001億円で、 前年度比で減少となりました(※1)。模倣被害率は21.8%で、中国等アジア地域を中心に模倣被害は引き続き深刻な状況が続いています。なお、複数の権利での被害やインターネット上での被害は増加傾向にあり、被害内容は多

2013年6月26日経済産業省★フィードバック数:32製造業/エレクトロニクス

知的財産についてのまとまった資料です。

特許行政年次報告書2013年版

特許庁は、このたび特許行政年次報告書2013年版を公表いたします。政府の日本再興戦略には、「国内のみならず、海外においても、我が国産業や国民が円滑にイノベーションを起こし、権利を取得し、活用するイノベーションサイクルを実現すること」が掲げられており、特許庁では、グローバルイ ノベーションサイクルの促進を図るべく各種取組を展開しています。本報告書では、グローバルイノベーションサイクルに資する、主要なデータに加え、企業等が今後目指すべき知的財産戦略の方向性を示すと共に、知的財産戦略の高度化に資する国

2013年6月20日経済産業省フィードバック数:24製造業/エレクトロニクス

特許審査等の質についてのユーザーアンケート報告書

特許審査等の質についてのユーザーアンケート報告書を公表します 特許庁は、特許制度のユーザーの皆様からのニーズを把握するため、特許審査等の質についてのアンケート調査を平成24年度に行いました。今般、この結果を報告書としてとりまとめましたので公表します。 特許庁 特許審査第一部 調整課 品質監理室平成25年6月19日(水) 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

直近3年の無効審判回数、トップ3は日亜化学工業、三洋電機、ジェムスターTVガイド

直近3年の無効審判回数、トップ3は日亜化学工業、三洋電機、ジェムスターTVガイド弊社はこのほど、2010年1月から2012年12月までに無効審判を受けた回数を企業別に集計した「直近3年 無効審判回数ランキング」をまとめました(注1)。無効審判は、特許庁において登録されている特許に対し、その特許性が疑わしいと思われる場合に、無効を求めて特許庁に請求するための制度です。該当する発明が競合他社にとって事業の妨げとなる場合などに多く起こされます。このため、無効審判回数が多いということは、「競合他社から脅

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ