調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 状況平成24年

「状況平成24年」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年1月31日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

採用昇任等基本方針に基づく任用の状況(平成24年度)

報道資料採用昇任等基本方針に基づく任用の状況(平成24年度)I 公表の趣旨国家公務員法(昭和22年法律第120号)第54条第1項の規定に基づき、職員の採用、昇任、降任及び転任に関する制度の適切かつ効果的な運用を確保するための基本的な方針として、採用昇任等基本方針(以下「基本方針」という。)が平成21年3月3日に閣議決定されました。基本方針においては、能力・実績に基づく人事管理の徹底を図るため、職員の採用年次及び合格した採用試験の種類にとらわれた運用を行ってはならないこと等が定められているところで

2013年10月1日人事院フィードバック数:0キャリアとスキル

仕事と家庭の両立支援関係制度の利用状況調査(平成24年度)の結果

報 道 資 料平成25年9月30日仕事と家庭の両立支援関係制度の利用状況調査(平成24年度)の結果について人事院は、仕事と家庭の両立支援のための制度等の検討に資するため、平成24年度における一般職の国家公務員の育児休業の取得実態等について調査を実施しました。調査結果の概要は、次のとおりです。結 果 概 要Ⅰ育児休業等実態調査1 育児休業○ 平成24年度に新たに育児休業をした常勤職員は、3,894人(男性286人、女性3,608人)で、前年度に比べ、男性は4人増加、女性は112人減少。また、平成2

最近の統計調査結果から -2013年5月分-

統計調査報告労働力調査詳細集計 ―1~3月期平均―平成25年1~3月期平均の雇用者(役員を除く)のうち、正規の職員・従業員は3281万人で、前年同期に比べ53万人の減少となった。非正規の職員・従業員は1870万人で、前年同期に比べ65万人の増加となった。非正規の職員・従業員がその雇用形態についた主な理由は、男性では「正規の職員・従業員の仕事がないから」が31.1%、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が21.9%、女性では「家計の補助・学費等を得たいから」が27.0%、「自分の都合のよい時間

2013年5月27日厚生労働省★フィードバック数:15キャリアとスキル

平成24年のとりまとめです。

平成24年の労働災害発生状況を公表~死亡災害、死傷災害、重大災害が、いずれも増加~

平成25年5月24日労働基準局安全衛生部安全課課長 半田 有通主任中央産業安全専門官 野澤 英児課長補佐 丹羽啓達(代表電話) 03(5253)1111 内線(5481,5513)(直通番号) 03(3595)3225 報道関係者各位〜死亡災害、死傷災害、重大災害が、いずれも増加〜 厚生労働省では、このほど平成24年の労働災害の発生状況を取りまとめましたので、公表します。平成24年は、死亡災害、死傷災害、重大災害いずれも増加し、特に、死傷災害と重大災害は、3年連続の増加という極めて憂慮すべ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ