調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 独立行政法人情報処理推進機構

「独立行政法人情報処理推進機構」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月31日経済産業省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

IT関連産業の給与等に関する実態調査

IT関連産業の給与等に関する実態調査結果を取りまとめました 経済産業省及び独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、今後我が国産業の成長にとって重要な役割を担うことが期待されるIT人材の給与等の実態について、IT関連企業とIT人材の双方に対してアンケート調査実施し、その内容について分析を行いました。本日、その内容を調査報告書として取りまとめました。背景・問題意識 第四次産業革命と呼ばれる技術革新の進展の中、IT人材は、IT関連業界のみならず、あらゆる産業において必要とされてきており、人口減少

2017年2月16日IPAフィードバック数:0マーケティング

2016年度SEC成果物の利用状況に関するアンケート

2016年度SEC成果物の利用状況に関するアンケート 2017年3月23日更新2017年2月7日公開独立行政法人情報処理推進機構技術本部 ソフトウェア高信頼化センターアンケートは終了しました。 ご協力いただきありがとうございました。 本アンケートについて 平素よりIPA/SECの活動にご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。本アンケートは、IPA/SECが公開している成果物(報告書、書籍、セミナー等)について、皆さまのご意見とその利用状況を把握し、今後の活動やより良い成果物を提供するた

2017年2月11日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

プレス発表 「情報セキュリティ10大脅威 2017」を決定~個人と組織でIoT機器の脅威が初めてランクイン~2017年1月31日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、情報セキュリティにおける脅威のうち、2016年に社会的影響が大きかったトピックなどを「10大脅威選考会」の投票によりトップ10を選出し、「情報セキュリティ10大脅威2017」として順位を決定し、公表しました。  「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会

2016年5月6日IPAフィードバック数:0キャリアとスキル

IT人材白書2016

プレス発表 「IT人材白書2016」を発行~ 日本と欧州におけるIT人材の動向比較。フリーランスとして働くIT技術者の実態を調査 ~2016年4月22日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は4月22日(金)、IT関連産業の人材動向、産学におけるIT教育の状況、IT人材個人の意識などについて、最新の動向や実態を把握することを目的とした調査を実施し、「IT人材白書2016 多様な文化へ踏み出す覚悟」として取りまとめ、4月27日(水)に発行することを

2016年3月12日IPAフィードバック数:0ビジネス

「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」報告書

「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」報告書を公開 2016年3月9日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部概要 オープンソースソフトウェア等の脆弱性が公表された際、各事業者においては、これらのソフトウェアが自社の製品やシステムで使用されているかどうかをいち早く把握して対処を図るとともに、顧客等への注意喚起を行う必要がありますが、製品内部で使用されているソフトウェアの把握は容易ではなく、ソフトウェアの管理の重要性が課題となっています。この課題に対応するためには、自社で使用しているシステム

2015年7月6日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ白書2015

情報セキュリティ白書2015最終更新日:2015年9月30日 掲載日 2015年7月1日 独立行政法人情報処理推進機構概要 IPAでは、情報セキュリティ全般に関する状況をまとめた書籍「情報セキュリティ白書」を2008年から毎年発行しています。本白書は、企業・組織のシステム開発者や運用者を対象に、情報セキュリティインシデントや攻撃の手口に関する現状、及び対策に役立つ情報を提供すること、また、パソコンやスマートフォンを使用する一般の利用者に対しても、身近にある情報セキュリティ上の脅威への認識を促すこ

2014年12月29日IPAフィードバック数:0企業情報システム要登録

ソフトウェア開発データ白書2014-2015

「ソフトウェア開発データ白書2014-2015」がより便利に使い易く ~PDF版とグラフデータを公開~ 2014年12月26日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター概要 IPA/SECでは、ソフトウェア開発における定量的プロジェクト管理の普及促進を目的に、開発プロセスの標準化や見える化手法、定量的品質管理手法などの調査・検討を行っています。これらの活動の一環として、IPA/SECは、多様で幅広い業種・業務から収集した多数のソフトウェア開発に関するプロジェクトデ

2014年1月30日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

標的型攻撃メールの傾向と事例分析 <2013年>

標的型攻撃メールの傾向と事例分析 <2013年> 最終更新日:2014年1月30日 独立行政法人情報処理推進機構 2012年10月から2013年12月までにIPAに情報提供のあった124種類の“特定の企業や組織、個人に特化した攻撃に使われる標的型攻撃メール”を分析した技術レポート「標的型攻撃メールの傾向と事例分析 <2013年>」を公開しました。本ページでは下記「標的型攻撃メールの傾向と事例分析<2013年>」についてのレポートPDF版をダウンロードしてご利用いただけます。本レポートの目次1.標

2013年9月1日IPAフィードバック数:0マーケティング海外

米国オープンデータの動向調査

「米国オープンデータの動向調査」報告書の公開最終更新日 2013年8月30日独立行政法人情報処理推進機構2012年度に調査しました「米国オープンデータの動向調査」報告書を公開します。  本調査は、2012年3月に公開した「くらしと経済の基盤としてのITを考える研究会」報告書の中で、ビッグデータの解放と融合の促進にあたり、政府・地方自治体が保有する情報を二次利用な形で公開するオープンデータの可能性について、ビッグデータのビジネス活用とともにオープンガバメントについて言及したことを受け、米国における

2013年7月1日IPA★フィードバック数:0企業情報システム

IPAによるレポートです。

第6回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査

「第6回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査」を公開しました 最終更新日:2013年6月27日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 国際標準推進センター

2013年3月29日IPA★★★フィードバック数:3キャリアとスキル

IPAによるまとまった調査です。

IT人材白書2013

プレス発表 「IT人材白書2013」のポイントを紹介 ITベンダーからユーザー企業へIT人材の流動が明らかに中途採用でユーザー企業のIT部門に配属された人のうち40.5%は直前の職場がITベンダー2013年3月28日独立行政法人情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、IT人材育成事業の一環として、IT関連産業の人材動向、グローバル化に対する人材動向、産学におけるIT教育等の状況およびIT人材個人の意識を把握すること等を目的とした調査を2012年8月から1

2012年9月28日IPA★フィードバック数:4企業情報システム

社会インフラとしてのネット/クラウドについてのレポートです。

クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果

クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果について更新日 2012年10月9日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、日本においてクラウドコンピューティング(*1)(以下「クラウド」)が各方面で広く使われるようになりつつある現状を踏まえ、社会インフラとして平時の生活や経済活動を支えている点や、緊急時の情報インフラとしての機能を期待できることに対応して、クラウドが停止したときの影響の評価や、クラウドの機能を緊急時や災害

2012年9月13日IPA★フィードバック数:36セキュリティ/ネットワーク

個人の属性とセキュリティ被害の関連性を調査しています。

情報セキュリティに関する被害と個人属性

IPAテクニカルウォッチ 『情報セキュリティに関する被害と個人属性』のレポート~自信過剰な人は被害に遭いやすい傾向にあることが明らかに~2012年9月13日独立行政法人情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、一般のインターネット利用者が情報セキュリティ被害を防ぐために有効な対策を探るため、被害に遭った利用者がどのような属性を有しているのか明らかにするための分析を行い、傾向を取りまとめた技術レポート(IPA テクニカルウォッチ 第10回)を公開しました。

2011年10月3日IPAフィードバック数:50セキュリティ/ネットワーク

『標的型攻撃メールの分析』に関するレポート

IPAテクニカルウォッチ 『標的型攻撃メールの分析』に関するレポート2011年10月3日独立行政法人情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、近年増加傾向にある、情報窃取を目的として特定の組織や個人に送られる「標的型攻撃メール」について、メール受信者をだますテクニックとIPAに届けられた標的型攻撃メールの分析結果を紹介するとともに、標的型攻撃の被害に遭わないための対策をまとめ、技術レポート(IPA テクニカルウォッチ 第4回)として公開しました。概要 近年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ