「現代社会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年10月29日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

50~60代の75.9%は、最近、物忘れが増えたことを実感 物忘れの原因は、“年のせい”だと思っている人が9割以上!

50~60代の75.9%は、最近、物忘れが増えたことを実感 ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 50~60代の75.9%は、最近、物忘れが増えたことを実感物忘れの原因は、“年のせい”だと思っている人が9割以上!何らかの対策を講じている人は多く、その内容は多岐に渡っている「オレンジページくらし予報」では、全国の50~60代の男女を対象に、「物忘れ」について調査をしました。加齢に伴い物忘れが増えることは自然な現象といわれているので、50代以上の4人に3人が“物忘れが

賃貸住宅における新たな価値提案

2015/01/30コンサルティング・国際事業本部 マーケティング戦略部(東京) チーフコンサルタント 高橋 千枝子コンサルタント 石浦 大毅黒柳 美帆 はじめに2011年に発生した東日本大震災を機に、日本では“絆”の重要性が叫ばれて久しい。“絆”は日本人に新たな価値観・ライフスタイルを根付かせるきっかけとなっており、住生活においては、他人と住まいをシェアし、コミュニケーションの深耕を図る文化(=シェアハウス)が根付きつつある。また、シェアハウスは現代社会が内包する問題を解決する一端を担っており

「幸福」と「健康」と「お金」の話 - OECD「より良い暮らし指標」で読み解く現代社会

「幸福」と「健康」と「お金」の話 - OECD「より良い暮らし指標」で読み解く現代社会 | ニッセイ基礎研究所 「幸福」と「健康」と「お金」の話 - OECD「より良い暮らし指標」で読み解く現代社会 社会研究部 主任研究員 土堤内 昭雄基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 毎年5月に経済協力開発機構(OECD)が、国民生活の幸福度を評価した「より良い暮らし指標」(B

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ