「現金給与」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2015年3月) ~2014年度の所定内給与は物足りない結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2015年3月)発表日:2015年5月1日(金)~2014年度の所定内給与は物足りない結果~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)現金給与総額前年比2014年2015年常用雇用者数所定内前年比総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比1月▲ 0.6▲ 0.51.20.62.71.30.87.32月3月▲ 0.50.3▲ 0

賃金動向についてのレポートです。

賃金低迷の原因を探る

賃金低迷の原因を探る | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 賃金(一人当たり現金給与総額)は、国内景気の悪化を背景に企業の人件費抑制姿勢が高まったことなどから1997年をピークに緩やかな減少傾向が続いている。2014年の現金給与総額は前年比0.8%と2010年以来4年ぶりに増加したものの、1997年のピーク時(36.0万円)注1と比較すると、

2015年3月6日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年の「埼玉県の賃金・労働時間及び雇用の動き」(速報)(毎月勤労統計調査結果・年平均値)

ここから本文です。平成26年の「埼玉県の賃金・労働時間及び雇用の動き」(速報)(毎月勤労統計調査結果・年平均値) 部局名:総務部課所名:統計課担当名:労働学事担当担当者名:大石、松本、岡安  現金給与総額が3年ぶりに増加 平成26年の年平均は、現金給与総額は3年ぶりに、総実労働時間は4年ぶりに増加に転じました。雇用は9年連続で増加となりました。1 賃金 現金給与総額は、一人平均月間280,876円(前年比1.0%増)となり3年ぶりに増加に転じました。 主な産業の前年比は、製造業2.8%増、卸売

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く | ニッセイ基礎研究所 家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・実質消費支出は減少幅が縮小・個人消費は緩やかな持ち直しが続く公算総務省が12月26日に公表した家計調査によると、14年11月の実質消費支出は前年比▲2.5%

関西経済月次分析(8-9月)

<要 旨>・7月の鉱工業生産指は2カ月ぶりの前月比上昇。生産は緩やかな回復軌道にある。・8月は輸出額の伸びは小幅プラス。一方、輸入は3カ月ぶりのマイナス。結果、貿易収支は6カ月ぶりの黒字。・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月ぶりに悪化。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりの悪化。これまで続いていた消費者心理改善の動きが停滞してきた。・6月の現金給与総額は関西2府4県、関西コアのいずれも4カ月連続のプラスとなった。7月の全国の現金給与総額(確報値)は所定外給与や特別給与の上昇により、5カ月連続

2014年9月3日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2014年7月) ~現金給与総額は高い伸びに。内容も良好~

Economic Indicators指標名:毎月勤労統計(2014年7月)定例経済指標レポート発表日:2014年9月2日(火)第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524(単位:%) 総労働時間 一般 前年比 0.9 0.9 1.0 1.0 1.2 1.1 1.2 1.2 1.2 1.4 1.4 1.5 1.6 0.0 0.0 0.1 0.2 0.2 0.2 0.6 0.6 0.9 0.6 0.7 1.0 1.6 パート 前年比 3.2 3.

2014年6月4日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2014年4月) ~現金給与総額の伸びは高めだが

毎月勤労統計(2014年4月) ~現金給与総額の伸びは高めだが

2012年度 福利厚生費調査結果(第57回)

「2012 年度 福利厚生費調査結果(第 57 回)」の概要2013 年 12 月 17 日一般社団法人 日本経済団体連合会1.2012 年度に企業が従業員1人1ヵ月当たりに負担した福利厚生費(法定福利費と法定外福利費の合計)は 104,243 円。前年度比 0.9%の増加となった。2.法定福利費は社会保険料の負担の増加等により、前年度比 1.5%増加し、78,948 円。3. 法定外福利費は抑制傾向が続き、前年度比 1.0%減少の 25,296 円となった。昨年度に引き続き、文化・体育・レクリ

2013年6月6日第一生命保険フィードバック数:2キャリアとスキル

毎月勤労統計“速報”のクセに注意 ~所定内給与は高い頻度で下方修正される傾向~

Economic Trends毎月勤労統計“速報”のクセに注意 ~所定内給与は高い頻度で下方修正される傾向~マクロ経済分析レポート発表日:2013年6月4日(火) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 星野 卓也 TEL:03-5221-4526(要旨) ○国内の主要賃金統計である「毎月勤労統計」において、確報における一人あたり現金給与総額の下方修 正が目立つ。 ○下方修正の主因は、所定内給与にある。賃金の大半を占める所定内給与が速報段階で高めに出る傾向に あることで、賃金全体が確

最近の統計調査結果から 2013年2月

統計調査報告平成24年毎月勤労統計調査特別調査事業所規模1~4人の事業所について、平成24年7月における1人平均きまって支給する現金給与額は188,928円(前年比0.5%増)となった。平成23年8月1日から平成24年7月31日までの1年間における1人平均特別に支払われた現金給与額は191,400円(前年比0.2%増)となった。被保護者調査(注) ― 11月分概数―11月の生活保護の被保護世帯数は1,567,797世帯、被保護実人員は2,147,303人となった。(注)生活保護法に基づく保護を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ