調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 理想子ども

「理想子ども」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)

第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27(2015)年に実施した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」の結果概要をとりまとめ、平成28年9月15日に公表しました。調査の概要 出生動向基本調査は、わが国の結婚と夫婦出生力の動向ならびにその背景を定期的に調査・計量し、 関連諸施策ならびに人口動向把握等に必要な基礎データを得ることを目的とした調査で、独身者調査と 夫婦調査から構成されています。 調査対象は、独身者調査では「平成

少子化についてのレポートです。

少子化問題と少子化対策に関する調査研究

少子化問題と少子化対策に関する調査研究平成 26 年度 研究報告書平成 27(2015)年 3 月公益財団法人 年金シニアプラン総合研究機構〒108-0074 東京都港区高輪 1 丁目 3 番 13 号 NBF 高輪ビルTEL:03-5793-9411FAX:03-5793-9413URL:http://www.nensoken.or.jp目次第1章はじめに .....................................................................

2014年11月27日静岡県★フィードバック数:0社会/政治

静岡県の調査です。

少子化対策に関する県民意識調査

ここから本文です。少子化対策に関する県民意識調査平成26年8月に少子化対策に関する県民意識調査を実施しました。調査結果について、「調査結果のポイント」及び「調査報告書」を公開します。調査結果のポイントの掲載項目調査の概要 少子化の進行に対する問題意識 少子化が社会に与える影響に関する意識 理想子ども数・予定子ども数 予定子ども数が理想を下回る理由 諦める子ども数別の予定子ども数が理想を下回る理由 子どもをほしいと思う理由 子育てに関する不安感・負担感 子育てに関する不安感・負担感の理由 子育ての

地域分析の観点から見た出生動向基本調査の精度評価

Working Paper Series (J)No.12地域分析の観点から見た出生動向基本調査の精度評価Evaluation of the Sampling Error for the National FertilitySurvey in Terms of Analysis by Region石井 太・岩澤 美帆Futoshi ISHII・Miho IWASAWA2014 年 9 月http://www.ipss.go.jp/publication/j/WP/IPSS WPJ12.pdf〒1

出生動向基本調査と国民生活基礎調査とのデータ マッチングを用いた子ども数の分析

人口問題研究(J.ofPopulationProblems)69-2(2013.6)pp.53~73特集:日本の結婚と出生―第14回出生動向基本調査の結果から―(その2)出生動向基本調査と国民生活基礎調査とのデータマッチングを用いた子ども数の分析石井太本研究は,出生動向基本調査の夫婦調査の客体と国民生活基礎調査の対応する客体をデータマッチングし,出生動向基本調査における現存子ども数,予定子ども数,理想子ども数と,国民生活基礎調査の健康票における自覚症状(症状名),通院状況(傷病名),日常生活への

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ