「理財商品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの

中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの | ニッセイ基礎研究所 中国保険市場の最新動向(10)理財関連商品への投資増加・・・の裏にあるもの 保険研究部 准主任研究員 片山 ゆき基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の保険会社による理財関連商品へ投資が短期間で大幅に増加している。保監会の調査結果によると、2014年6月末において

2014年3月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

理財商品等と増加する中国企業の外貨資金調達

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 理財商品等と増加する中国企業の外貨資金調達外国子会社等の外貨建て債券の発行増加がもたらす可能性 ◆アジア新興国企業が外国子会社等を通じて外貨建て債券の発行を大幅に増加させている。2013年は2009年に比べ、8.7倍に増加した。特に、親会社を中国とする企業が、香港等のオフショアで米ドル建てで発行するケースが多い。◆最も懸念されることは、調達した資金が中国の理財商品等の高金利商品に投資されている可能性で

2014年3月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年3月号 デフォルトリスクに直面する理財商品

中 国 経 済 展 望2014年3月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年2月26日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)デフォルトリスクに直面する理財商品中国景気は弱含み。これまで、外需が一進一退で推移するなか、内需が堅調に拡大してきたものの、当局の抑

中国経済見通し~理財商品に揺れる中国経済の行方

中国経済見通し~理財商品に揺れる中国経済の行方 | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~理財商品に揺れる中国経済の行方 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年の経済成長率は前年比7.7%増と成長目標(7.5%前後)を上回った。需要別の寄与度は、総資本形成(投資)が4.2ポイント、最終消費が3.9ポイント、純輸出が▲0.3

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:理財・信託商品は元本割れがない!?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:理財・信託商品は元本割れがない!?損失補てんによる重大なモラルハザードの発生 ◆中国でシャドーバンキングが膨張している。そのなかで圧倒的な存在感を持つのが、銀行が仲介する理財商品と信託会社の信託商品である。両者には様々な問題が指摘されているが、大和総研が最大の問題と捉えるのは、経営不振企業や不採算プロジェクトの元本を地方政府や信託会社が負担する「損失補てん」が行われているため、よりハイリスク・ハ

中国保険市場の最新動向(4)中国生保大手、減益目立つも販売チャネル、商品の転換が奏効 -晒される理財商品との競争、資本市場の低迷-

中国保険市場の最新動向(4)中国生保大手、減益目立つも販売チャネル、商品の転換が奏効 -晒される理財商品との競争、資本市場の低迷- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 中国・アジア保険事情 > 中国保険市場の最新動向(4)中国生保大手、減益目立つも販売チャネル、商品の転換が奏効 -晒される理財商品との競争、資本市場の低迷-中国保険市場の最新動向(4)中国生保大手、減益目立つも販売チャネル、商品の転換が奏効 -晒される理財商品との競争、資本市場の低迷- 保険

2013年8月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は急減速を避けられるか?~「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権~

みずほインサイトアジア2013 年 8 月 8 日中国は急減速を避けられるか?みずほ総合研究所調査本部「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権アジア調査部中国室03-3591-1385○ 景気に勢いがなく、6月には銀行間取引市場での金利高騰による混乱も生じたことから、中国経済の先行き不透明感が強く意識されるようになっている○ ただし、景気減速や金利上昇は、投資依存型成長からの脱却という中国政府の改革姿勢の現れという面を持つうえ、国債発行余地等からみて、景気の腰折れを当面防げるだけの余力を中国

2013年4月23日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:理財商品の拡大と規制

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:理財商品の拡大と規制非標準化信用資産を大幅に圧縮する必要性は低い ◆理財商品(資産運用商品)は、より高い利回りを求める投資家や収益拡大を狙う銀行、資金調達難の不動産開発等の投資プロジェクトや中小企業の資金需要もあり、近年急速に拡大してきたが、一方で投資対象が曖昧であることなどの問題も抱えている。このようななか、2013年3月27日に、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は「商業銀行の理財業務におけ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ