調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 環境ビジネス

「環境ビジネス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

指定管理工場担当者 省エネに関するアンケート

環境ビジネスでは、全国の指定管理工場担当者に省エネや新電力切替に関するアンケートを緊急実施。アンケート結果から、指定管理工場が直面している課題や悩みなどが見えてきた。

2016年9月6日中部地方環境事務所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年6月環境経済観測調査(中部版)

平成28年6月環境経済観測調査(中部版)について(お知らせ) 環境省中部地方環境事務所では、環境ビジネスに焦点を当てた経済動向調査として平成22年12月から全国的に実施されている「環境経済観測調査」の平成28年6月調査の結果を活用し、中部地方(富山、石川、福井、長野、岐阜、愛知、三重)に本社を置く企業について調査結果を取りまとめましたので、お知らせいたします。調査結果によると、中部地方の企業が現在発展していると考える環境ビジネスは、全国調査と同様に、「省エネルギー自動車」を挙げる割合が最も高く、

2015年5月25日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

環境ビジネスの市場規模と業況の動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境ビジネスの市場規模と業況の動向経済と環境の両立に向けて ◆2014年5月に公開された環境産業市場規模検討会「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」によると、環境ビジネス全体の付加価値額は2012年で37.1兆円と推計され、2012年の名目GDPの7.8%に相当する規模となっている。環境ビジネスは付加価値額が増加するだけでなく、名目GDPに対する比率も上昇しており、環境ビジネスの動向が経済に

2015年3月16日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【特集 「新常態」への移行を進める中国-改革の現状分析とリスク展望】中国の環境問題と環境ビジネス

【特集 「新常態」への移行を進める中国-改革の現状分析とリスク展望】中国の環境問題と環境ビジネス

2015年3月3日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年12月環境経済観測調査(環境短観)

平成26年12月環境経済観測調査(環境短観)について(お知らせ)環境省では、国内企業約12,000社を対象として平成22年12月から半年ごとに実施している「環境経済観測調査」(環境短観)について、平成26年12月調査の結果をとりまとめました。調査結果によれば、環境ビジネスの企業の業況DI(「良い」と回答した%値から「悪い」と回答した%値を引いた、ポイント。以下「DI」)は「22」と、前回の平成26年6月調査のDI「22」と同じで、現在の全企業のDI「11」と比べて高く、引き続き環境ビジネスの業況

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ビジネスの業況と市場規模

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2012年6月に開催された「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」で、持続的成長には経済成長と環境保護を両立させる「グリーン経済」が重要な手段として位置付けられた。「グリーン経済」は2011年11月の国連環境計画(UNEP)“Towards a Green Economy”で、環境問題に伴うリスクと生態系の損失を軽減しながら、人の厚生や社会的公正を改善するための経済のありかたとされており、環境ビジネス

2014年11月6日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ビジネス動向です。

環境短観で見る環境ビジネスの動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆環境省の「環境経済観測調査(環境短観)」によると、平成26年6月時点の環境ビジネスの業況DIは27、半年先予測は29、10年先予測は46であった。全ビジネスの業況DIはそれぞれ12、15、8であり、環境ビジネスの好調さがわかる。また、環境ビジネスを実施している企業のみに限ると、環境ビジネスの業況DIはそれぞれ22、24、27となっている。◆業況DIが高い環境ビジネスは、現在は「省エネルギー自動車」、

2014年8月31日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年6月環境経済観測調査(環境短観)

平成26年6月環境経済観測調査(環境短観)について(お知らせ) 環境省では、平成22年12月から半年ごとに実施している「環境経済観測調査」(環境短観)について、平成26年6月調査の結果をとりまとめました。調査結果によれば、環境ビジネスの業況DIは「22」と、前回の平成25年12月調査(以下、前回調査)の「17」よりも増加し、全ビジネスのDI「12」と比べても高く、引き続き業況は好調さを維持しています。また、先行きについては、半年先、10年先ともに引き続き業況は良くなるとの見通しを維持しており(半

2014年7月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)報告書

平成25年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)報告書

2014年6月8日環境省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

環境産業の市場規模や事業活動等に関する報告書

環境産業の市場規模や事業活動等に関する報告書の公表について(お知らせ)環境省は、環境産業の市場規模・雇用規模等の推計結果をまとめた「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」、環境産業の先進的事例や振興方策等をまとめた「環境への取組をエンジンとした経済成長に向けて」を公表いたします。 1.「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」の概要について環境産業の市場規模・雇用規模の推計や環境産業の付加価値額、輸出入額及び経済波及効果について、「環境産業市場規模検討会」(座長:早見均 慶應義塾大

2014年5月2日JETROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ビジネス関連中小企業のグローバル展開に関する調査 III

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 環境ビジネス関連中

2014年3月2日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年12月環境経済観測調査(環境短観)

平成25年12月環境経済観測調査(環境短観)について(お知らせ) 環境省では、平成22年12月から半年ごとに実施している「環境経済観測調査」(環境短観)について、平成25年12月調査の結果をとりまとめました。調査結果によれば、環境ビジネスの業況DIは17と、前回の平成25年6月調査(以下、前回調査)の15よりも増加し、全ビジネスのDI(9)と比べても高く、引き続き業況は好調さを維持しています。また、先行きについては、半年先、10年先ともに引き続き業況は良くなるとの見通しを維持しており(半年先DI

2013年10月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)調査報告書

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)調査報告書

2013年10月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)報告書

平成24年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(日中省エネルギー等・環境ビジネス推進事業)報告書

2013年9月5日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年6月環境経済観測調査(環境短観)

平成25年6月環境経済観測調査(環境短観)について(お知らせ) 環境省では、平成22年12月から半年ごとに実施している「環境経済観測調査」(環境短観)について、平成25年6月調査の結果をとりまとめました。 調査結果によれば、環境ビジネスの業況DIは15と、前回の平成24年12月調査の9よりも増加し、全ビジネスのDI(1)との比較からもしています。また、前回調査同様、先行きについては、半年先、10年先ともに引き続き業況は改善するとの見通しを維持しており(半年先DI:19、10 年先DI:26)、環

2013年4月17日環境省★★★フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

市場データです。

環境産業市場規模推計

環境産業市場規模推計、環境成長エンジン報告書等の公表について(お知らせ)環境省では、環境産業の市場規模※等について従前より推計を行っているところですが、2011年版の推計についてまとまりましたので公表致します。環境産業の2011年の市場規模は約82兆円(前年比2.3%増)と2年連続の増加となりました。雇用規模についても、約227万人となり2010年(約225万人)から増加しています。また、昨年度に続きとりまとめた「環境成長エンジン報告書」においては、特徴的な12の環境産業を分析、また、環境ビジネ

2013年2月25日環境省★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

エネルギー関連に期待が集まっているようです。

平成24年12月環境経済観測調査

平成24年12月環境経済観測調査について(お知らせ)環境省では、平成22年12月から半年ごとに実施している「環境経済観測調査」について、平成24年12月調査の結果をとりまとめました。調査結果によれば、前回の平成24年6月調査と比べほぼ横ばいですが、(環境ビジネス:今回9・前回10、全ビジネス:今回-9)また、前回調査同様、先行きについては、半年先、10年先ともに引き続き改善するとの見通しを維持しており、環境ビジネスの4大項目の中では、「地球温暖化対策」分野の業況DIが、全体を牽引、特にエネルギー

2011年9月4日環境省★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

エネルギー・環境ビジネスについての調査結果です。

平成23年6月環境経済観測調査

平成23年6月環境経済観測調査について(お知らせ)環境省では、環境ビジネスに焦点を当てた経済動向調査として、昨年12月に続き平成23年6月の「環境経済観測調査」を実施しました。調査結果によれば、我が国の環境ビジネスは総じて発展が見込まれており、10年先にかけて再生可能エネルギーやスマートグリッド、蓄電池等のエネルギー関連産業が有望とみられていました。また、環境ビジネスの業況DIは+3と前回の昨年12月調査から横ばいにとどまりましたが、引き続き全産業を上回る景況感を示したほか、10年先にかけてはほ

2011年3月10日環境省★フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

環境省が環境ビジネスに関する指標を発表しました。

平成22年12月環境経済観測調査

平成22年12月環境経済観測調査について(お知らせ)環境省では、環境ビジネスに焦点を当てた経済動向調査として、昨年12月に「環境経済観測調査」を実施し、環境ビジネスの業況が全産業を上回る等の調査結果を取りまとめました。本調査は昨年2月に試行的に実施しましたが、今回が統計法に基づく正式な調査として初めてのものであり、今後は半年おきに実施、公表していく予定です。1.調査の概要(1)調査期間 平成22年12月1日(水)〜平成23年1月13日(木) (2)調査対象 全国の公務を除くすべての産業の資本金2

2010年1月19日環境省フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

環境にやさしい企業行動調査

「環境にやさしい企業行動調査」の結果について(お知らせ)環境省が、平成3年度から継続して実施している「環境にやさしい企業行動調査」について、平成20年度における取組状況の調査結果を取りまとめました。調査結果によると、環境報告書を作成している企業の割合が再び増加しているとともに、環境ビジネスに取り組んでいる企業や地球温暖化対策について方針を定め取組を行っている企業の割合が増加しているなど、企業の自主的な環境への取組の進展がみられます。地球温暖化対策のための環境税の導入については、昨年に引き続き「賛

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ