「環境基準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月25日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成27年度東京都内における航空機騒音の調査

ここから本文です。平成27年度東京都内における航空機騒音の調査結果について平成27年度の東京国際空港(羽田空港)、横田飛行場、立川飛行場及び調布飛行場の周辺地域並びに厚木飛行場(神奈川県)に近接する町田市の一部地域における航空機騒音の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。調査結果において、環境基準に適合していない地点があるので、都は、国や米軍に対して、航空機騒音防止対策の推進を図るよう引き続き要請を行っていきます。平成27年度調査結果の概要基準適合地点が2地点増えました。環境基準に適合しな

2016年4月11日環境省フィードバック数:0社会/政治

平成26年度ダイオキシン類に係る環境調査

平成26年度ダイオキシン類に係る環境調査結果について(お知らせ)環境省では、ダイオキシン類対策特別措置法に基づき平成26年度に国及び地方公共団体が実施した、全国の大気、水質、水底の底質及び土壌のダイオキシン類環境調査結果を取りまとめました。 1.調査の概要(1)大気: 645地点(1,983検体)(2)公共用水域水質:1,480地点(1,956検体)(3)公共用水域底質:1,197地点(1,272検体)(4)地下水: 530地点( 531検体)(5)土壌: 872地点( 872検体)2.調査結果

2016年1月26日茅ヶ崎市フィードバック数:0社会/政治

環境騒音調査

環境騒音調査結果について平成27年度環境騒音調査結果について茅ヶ崎市では、市内の一般地域(道路に面する地域を除く地域)における騒音レベルを測定し、騒音に係る環境基準の適合状況を把握しています。騒音に係る環境基準とは騒音に係る環境上の条件について、生活環境を保全し、人の健康の保護に資する上で維持されることが望ましい基準。ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配

2015年12月22日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成26年度東京都内における航空機騒音の調査

平成26年度東京都内における航空機騒音の調査結果について平成27年12月16日環境局 平成26年度の東京国際空港(羽田空港)、横田飛行場、立川飛行場及び調布飛行場の周辺地域並びに厚木飛行場(神奈川県)に近接する町田市の一部地域における航空機騒音の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。調査結果において、環境基準に適合していない地点があるので、都は、国や米軍に対して、航空機騒音防止対策の推進を図るよう引き続き要請を行っていきます。平成26年度調査結果の概要環境基準に適合しない5地点はいずれも滑

2015年4月1日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大気汚染の調査です。

平成25年度 大気汚染状況について(有害大気汚染物質モニタリング調査結果報告)

平成25年度 大気汚染状況について(有害大気汚染物質モニタリング調査結果報告)(お知らせ)大気汚染防止法第22条に基づき、地方公共団体は有害大気汚染物質の大気環境モニタリングを行っています。今般、平成25年度の調査結果について、環境省が行った大気環境モニタリングの調査結果と併せて取りまとめましたのでお知らせいたします。 1.調査の概要 有害大気汚染物質(低濃度ではあるが長期曝露によって人の健康を損なうおそれのある物質)のうち、有害性の程度や大気環境の状況等に鑑み健康リスク等を考慮し、調査していま

2015年3月23日千葉県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度羽田空港再拡張後の航空機騒音実態調査

ここから本文です。平成26年度羽田空港再拡張後の航空機騒音実態調査結果について発表日:平成27年3月20日千葉県環境生活部大気保全課電話:043-223-3855  羽田空港D滑走路の供用開始(平成22年10月)後の航空機騒音の実態を把握するため、県では、平成22年度から騒音実態調査を実施しています。平成26年度は、千葉市、四街道市及び市川市の6地点で、夏季、冬季各2週間の実態調査を実施しました。この結果、南風運用時に影響を受けるこれらの調査地点では、夏季調査期間中に南風の日が少なかったことか

2014年12月10日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

25年度東京都内における航空機騒音の調査

平成25年度東京都内における航空機騒音の調査結果について平成26年12月8日環境局 平成25年度の東京国際空港(羽田空港)及び横田飛行場の周辺地域並びに厚木飛行場(神奈川県)に近接する町田市の一部地域における航空機騒音の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。今回の調査では、平成25年4月1日から航空機騒音の評価指標となった時間帯補正等価騒音レベル(Lden)を用いました。調査結果において、環境基準に適合していない地点があるので、都は、国や米軍に対して、航空機騒音防止対策の推進を図るよう引き

2014年7月18日鹿児島県フィードバック数:0社会/政治

九州新幹線に関する騒音・振動の状況

ここから本文です。九州新幹線に関する騒音・振動の状況について県では,九州新幹線沿線地域の「新幹線鉄道騒音に係る環境基準」及び新幹線鉄道振動に係る「指針値」の達成状況の把握を目的とした,騒音及び振動の調査を実施しています。平成27年度調査結果について平成27年度に九州新幹線に関する騒音及び振動について測定した結果,騒音については15地点中9地点で環境基準を達成しました。また,振動の測定を行った3地点については,いずれも環境省が定めた指針値以下でした。県は,騒音を測定した6地点で環境基準を達成しなか

2014年7月9日愛媛県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度ダイオキシン類環境調査

ここから本文です。更新日:2014年7月9日平成25年度ダイオキシン類環境調査結果平成25年度ダイオキシン類環境調査結果について平成25年度ダイオキシン類環境基準監視調査の結果、大気、水質、底質、及び土壌について、全ての調査地点において環境基準を達成しました。なお、詳しい調査結果につきましては、以下のPDFファイルをご覧下さい。メニューPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロード

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その1)

トップ >> 第93号> 中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その1)中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その1)2014年 6月20日堀井 伸浩(ほりい のぶひろ):九州大学経済学研究院准教授略歴1994年3月 慶應義塾大学法学部政治学科卒業 1996年3月 慶應義塾大学法学研究科前期博士課程(修士課程)修了1996年4月 アジア経済研究所研究員 2006年4月 

2014年4月4日千葉県フィードバック数:0社会/政治

平成25年度羽田空港再拡張後の航空機騒音実態調査

ここから本文です。平成25年度羽田空港再拡張後の航空機騒音実態調査結果について発表日:平成26年3月28日千葉県環境生活部大気保全課電話:043-223-3855  羽田空港D滑走路の供用開始(平成22年10月)による航空機騒音の実態を把握するため、県では、平成22年度から騒音実態調査を実施しています。平成25年度は、これまでの調査で騒音の顕著な増加がみられた千葉市、四街道市及び市川市の5地点で実態調査を実施しました。調査の結果、千葉市内においては、前年度と比べ夏季の騒音値レベルが低下した地点

2014年4月1日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地下水質測定結果

平成24年度地下水質測定結果について(お知らせ) 水質汚濁防止法(以下「水濁法」という。)第15条及び第16条に基づき、国、都道府県及び水濁法の事務を実施する市では、毎年度、地下水質の測定を実施しています。この度、環境省では、平成24年度におけるこれらの測定結果及び全国の地下水汚染事例における汚染原因・対策等の状況を把握するための調査の結果を取りまとめました。概要 全国的な地下水質の状況についてみると、VOC(揮発性有機化合物)が過去5年間に環境基準を超過した井戸がある市区町村は361で、全市区

2014年3月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大気汚染データです。

平成24年度 大気汚染状況について(有害大気汚染物質モニタリング調査結果報告)

平成24年度 大気汚染状況について(有害大気汚染物質モニタリング調査結果報告) 大気汚染防止法第22条に基づき、地方公共団体では有害大気汚染物質の大気環境モニタリングを実施しています。今般、平成24年度の調査結果について、環境省が行った大気環境モニタリングの調査結果と併せて取りまとめました。1.調査結果の概要 調査は21物質を対象としています。(1)環境基準が設定されている物質(4物質)※[ ]内は平成23年度実績 環境基準が設定されている4物質すべてがすべての地点で環境基準を達成していました。

2013年11月21日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成24年度東京都内における航空機騒音の調査

平成24年度東京都内における航空機騒音の調査結果について平成25年11月19日環境局 平成24年度の東京国際空港、横田飛行場の周辺地域及び厚木飛行場(神奈川県)に近接する町田市の一部地域における航空機騒音の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。今回の調査結果において、環境基準に適合していない地点があるので、都は、国や米軍に対して、航空機騒音防止対策の推進を図るよう引き続き要請を行っていきます。調査結果の概要すべての測定地点で環境基準に適合しました。 環境基準に適合しない測定地点はいずれも滑

2013年10月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

砂町運河の汚泥しゅんせつ工事における底質調査の結果と今後の対応について

砂町運河の汚泥しゅんせつ工事における底質調査の結果と今後の対応について平成25年10月21日港湾局 東京都が施工する砂町運河の汚泥しゅんせつ工事に先立ち、しゅんせつ土処分のための事前の底質調査を行ったところ、環境基準を上回る濃度のダイオキシン類が検出されましたので、その調査結果等をお知らせします。1 調査結果 平成25年6月から8月まで、工事のしゅんせつに先立ち4地点9箇所で底質(注1)の調査を行いました。その結果、1箇所で環境基準※を超える底質ダイオキシン類が検出されました。※環境基準150p

2013年5月17日環境省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

平成23年度 大気汚染状況について(有害大気汚染物質モニタリング調査結果報告)

平成23年度 大気汚染状況について(有害大気汚染物質モニタリング調査結果報告)(お知らせ) 大気汚染防止法第22条に基づき、地方公共団体では有害大気汚染物質の大気環境モニタリングを実施しています。今般、平成23年度の調査結果について、環境省が行った大気環境モニタリングの調査結果と併せて取りまとめました。1.調査結果の概要 調査は21物質を対象としています。(1)環境基準が設定されている物質(4物質)※[ ]内は平成22年度実績  ベンゼンは2地点で環境基準を超過しましたが、その他の3物質はすべて

2013年2月8日東京都フィードバック数:83ライフスタイル

最近の東京における大気環境の状況について

最近の東京における大気環境の状況について平成25年2月6日環境局 最近、北京をはじめとする中国各地での深刻な大気汚染について報道がなされています。東京における大気環境への影響は、今のところ特に見られませんのでお知らせします。 都では平成21年に微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準が設定されて以来、平成22年度から3年計画で全ての測定局にPM2.5の測定機を設置しモニタリングを行うこととしました。現在、56測定局(内2局は八王子市が設置)で測定を実施しており、今年度末までには全81測定局(内3局

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ