「環境政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月17日国立環境研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本人の環境意識に関する世論調査

日本人の環境意識に関する世論調査結果について(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ配布) 平成28年10月6日(木)国立研究開発法人 国立環境研究所社会環境システム研究センター統合環境経済研究室 主席研究員青柳みどり 国立環境研究所では、平成28年6月に全国18歳以上の男女3000名を対象に、日本人の環境意識についての世論調査を実施いたしました。その結果、1,640名(54.7%)からの有効回答が得られましたので、結果の概要を報告いたします。この調査は、気候変動問題とエネルギー

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について

2013年度改訂版「総合エネルギー統計」の開発について概要経済産業省資源エネルギー庁が策定する「総合エネルギー統計」は、現在2005年度に筆者が開発したシステムを用いて算定されており、エネルギー・環境政策の基礎的統計として用いられているが、特に東日本大震災後のエネルギー需給環境の変化を受け部分的な精度低下が顕著化するなど改修が必要な状況となっている。一方、2005年度から開始されたエネルギー消費統計は、第三次産業などのエネルギー消費構造を精緻に把握すべく開始された大規模な一般統計調査であるものの

2014年10月20日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施結果

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施結果について 平成26年10月20日 国土交通省、環境省及び農林水産省は、平成26年3月1日より6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2014」への参加と協力を広く国内に呼び掛けました。その結果、367団体の参加、193団体の協力のもと、約98,000人の参加者の手により、約51,000本の植樹など様々なグリーンウェイブ活動が行われました。本キャンペーンの趣旨に御理解と御協力を頂き、ありがとうございました。 お問い合わせ先国土交通省総

2014年4月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:PM2.5問題に伴う中国の環境政策の強化と日本企業への示唆

経済レビュー:PM2.5問題に伴う中国の環境政策の強化と日本企業への示唆

2013年11月6日日本商工会議所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シェールガス輸出を難しくする米国の事情 日本の輸入価格下落は期待薄

シェールガス輸出を難しくする米国の事情 日本の輸入価格下落は期待薄(会議所ニュース2013/10/21号)(会議所ニュース10/21号掲載記事)アメリカからの安価なシェールガスの輸入がエネルギー問題解決の魔法の切り札のようにいわれている。だが、実態はどうなのか。常葉大学の山本隆三教授に解説してもらう。シェールガス輸出を難しくする米国の事情 日本の輸入価格下落は期待薄 常葉大学 経営学部教授 山本 隆三 氏 シェールガスの日本向け輸出が米エネルギー省に認可された。今後米国からの天然ガス輸出により輸

2013年9月16日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

CO2を中心とする温室効果ガスの排出量データです。

平成22年度温室効果ガス排出量の集計

平成22年度温室効果ガス排出量の集計結果を公表します 経済産業省及び環境省は、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。以下「温対法」という。)に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により事業者から報告のあった平成22年度の温室効果ガス排出量を集計 し、今般、取りまとめました。報告を行った事業者(事業所)数は、特定事業所排出者が11,034事業者(特定事業所:12,846事業所)、特定輸送排出者が 1,399事業者でした。また、報告された特定排出者の温室効果ガス排出量

2011年6月8日日経BP★フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

日経エコロジーによるエネルギーについての調査結果です。

全国アンケート 「これからのエネルギー利用」を聞く【1】

新着記事コマツ環境管理部長・出浦 淑枝氏「現場で実践が信条 ESGのEを担う」研究職の後、業界団体出向を経て規制や規格の実務を担当した。「現場で実践」が信条の行動派部長としてESGのEを担う。 【4/13開催】「キヤノンの環境経営に学ぶ」セミナーのお知らせ日経BP環境経営フォーラムは、4月13日(木)に環境マネジメント研究会「キヤノンの環境経営に学ぶ」を開催します。 【4/10開催】「トランプ政権で変わる米国の環境政策」開催のお知らせ日経BP環境経営フォーラムは、4月10日(月)に温暖化・エ

オバマ大統領に関する調査

万が一に備える がん病気ケガ備える がん病気ケガ備える 就業不能状態に備えるはじめての方はこちらまずはカンタン10秒見積り!迷ったときはおすすめプランから選ぶ お申し込みプランが決まっている方はこちらご契約の流れを確認するマイプラン番号から申し込む ここから本文ですニュースリリース 2010年2010年2月4日就任1年、日本でのオバマ人気は健在。支持率90.7%と前年同月比アップ。就任1年目の評価は「64.9点」。最大の実績は「環境政策への取り組み」「日本のオバマ」といえば「坂本龍馬」と「小泉

2009年10月19日日経BP★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ISOに関する調査結果が発表されました。

曲がり角の環境ISO―3000事業所実態調査

新着記事エネルギー戦略研究所所長・山家 公雄氏「再エネ普及の本番は2020年の発送電分離後」電力自由化と再生可能エネルギーの普及で先行する欧州や米国を精力的に調査。発送電分離が実施され、卸電力市場が整備される2020年以降、日本も本格的な普及期に入ると説く。 【4/13開催】「キヤノンの環境経営に学ぶ」セミナーのお知らせ日経BP環境経営フォーラムは、4月13日(木)に環境マネジメント研究会「キヤノンの環境経営に学ぶ」を開催します。 【4/10開催】「トランプ政権で変わる米国の環境政策」開催の

2009年8月24日日経BP★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境分野の企業ブランド調査です。

環境ブランド調査

新着記事大日本印刷 新しい価値生みSDGsに貢献事業を通じた環境・社会への配慮を実現しようと、CSR・環境部が積極的に動く。事業部との協力を密にして、「SDGs」への貢献も発信していく。 【4/13開催】「キヤノンの環境経営に学ぶ」セミナーのお知らせ日経BP環境経営フォーラムは、4月13日(木)に環境マネジメント研究会「キヤノンの環境経営に学ぶ」を開催します。 【4/10開催】「トランプ政権で変わる米国の環境政策」開催のお知らせ日経BP環境経営フォーラムは、4月10日(月)に温暖化・エネルギ

2009年7月21日日経BP★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

BPによる環境分野のブランド調査です。

環境ブランド調査2009

新着記事日本生命保険 執行役員(ダイバーシティ推進担当)CSR推進部長 山内 千鶴 氏社会課題を解決する活動を拡大 女性やシニア世代を応援 【4/13開催】「キヤノンの環境経営に学ぶ」セミナーのお知らせ日経BP環境経営フォーラムは、4月13日(木)に環境マネジメント研究会「キヤノンの環境経営に学ぶ」を開催します。 【4/10開催】「トランプ政権で変わる米国の環境政策」開催のお知らせ日経BP環境経営フォーラムは、4月10日(月)に温暖化・エネルギー政策研究会「トランプ政権で変わる米国の環境政策

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ