調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 環境省地球環境局

「環境省地球環境局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月2日環境省★★フィードバック数:0社会/政治

2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について環境省と国立環境研究所は、今般、2014年度の我が国の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。2014年度の温室効果ガスの総排出量は13億6,500万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比3.0%減(2005年度比2.2%減、1990年度比7.5%増)でした。  2014年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億6,500万トン(CO2換算。以下同じ。)でした。 前年度の総排出量(14億800万トン)と比べると、

2015年4月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について(お知らせ) 環境省と国立環境研究所は、今般、2013年度の我が国の温室効果ガス排出量(確報値(注1))をとりまとめました。2013年度の温室効果ガスの総排出量(注2)は14億800万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.2%増(2005年度比0.8%増、1990年度比10.8%増)でした。  気候変動に関する国際連合枠組条約(以下「条約」という。)第4条及び第12条並びに関連する締約国会議の決定に基づき、我が国を含む附

2014年12月14日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本国内における気候変動予測の不確実性を考慮した結果について

日本国内における気候変動予測の不確実性を考慮した結果について(お知らせ) 環境省と気象庁は、平成27年夏頃に予定している政府全体の「適応計画」策定に向けた取組みとして、日本国内における気候変動による影響の評価のための気候変動予測を行っています。このたび、不確実性を考慮した年平均気温と年降水量の予測結果の取りまとめや新たに最深積雪や降雪量の算出等を行いましたのでお知らせします。 図表を含めた本文については、下記の添付資料をご参照ください。添付資料連絡先 環境省地球環境局総務課研究調査室(代表:03

2014年12月4日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

昨年分の速報です。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について環境省と国立環境研究所は、今般、2013年度の我が国の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。2013年度の温室効果ガスの総排出量は13億9,500万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.6%増(2005年度比1.3%増、1990年度比10.6%増)でした。なお、今回の算定から、新たに三ふっ化窒素(NF3)を温室効果ガスとして追加しました。  2013年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億9,500万トン

2014年11月5日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動についてのレポートです。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書の公表について(お知らせ) 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第40回総会(平成26年10月27日~31日、於 デンマーク・コペンハーゲン)において、IPCC第5次評価報告書統合報告書の政策決定者向け要約(SPM)が承認・公表されるとともに、統合報告書本体が採択されました。 図表を含めた本文については、下記の添付資料をご参照ください。 添付資料連絡先 環境省地球環境局総務課研究調査室(代表:03-3581-3351)(直

2014年6月8日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

予測です。

日本国内における気候変動による影響の評価のための気候変動予測

日本国内における気候変動による影響の評価のための気候変動予測について(お知らせ)環境省では、平成27年度夏頃に予定している「適応計画」策定に向けた取り組みとして、日本国内における気候変動による影響の評価のための気候変動予測を行いましたので、その概要についてお知らせいたします。  図表を含めた本文については、下記の添付資料をご参照ください。添付資料連絡先 環境省地球環境局総務課研究調査室(代表:03-3581-3351)(直通:03-5521-8247)室長:辻原 浩 (内:6730)室長補佐:野

2014年1月20日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

住宅エコポイントの状況です。

エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の実施状況について(平成25年12月末時点)

ホーム報道・広報報道発表資料エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の 実施状況について(平成25年12月末時点)(お知らせ) エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業(住宅エコポイント事業)の 実施状況について(平成25年12月末時点)(お知らせ) 平成25年10月〜12月の同事業(住宅エコポイント及び復興支援・住宅エコポイント)の実施状況についてとりまとめましたので公表します。1.平成25年10月〜12月の住宅エコポイント発行状況(ポイント数)2.申請

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ