「環境配慮」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

エネルギー基本計画を巡る議論(前編)

今後20年を睨みつつ、2018-2020年頃を主要な改革期間とする「エネルギー基本計画」が、2014年4月に閣議決定された。原子力発電を巡る混乱が続く中、基本計画は必ずしも決着までの道のりを描ききってはいない。本稿はその前編として、エネルギー政策の変遷とエネルギー基本計画の位置づけ、主要課題と論点について整理する。1.エネルギー基本計画の位置づけ社会はエネルギー政策について、供給の安定性、経済性、環境配慮そして安全性と、相互に背反する要請を強めており、エネルギー行政には微妙なバランスが求められて

海外の荷主に関する省エネルギー及び効率的な物流を実現している事例、並びに環境配慮及び高度なロジスティクスを実現する物流人材育成に関する調査報告書

海外の荷主に関する省エネルギー及び効率的な物流を実現している事例、並びに環境配慮及び高度なロジスティクスを実現する物流人材育成に関する調査報告書

2014年5月28日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

郊外・環境配慮型データセンターの取組み

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆情報通信産業は我が国の大きな産業であり、ICTを活用した情報システムは社会にとって必要不可欠なものとなっている。情報システムの中心を成す基盤となるデータセンターに、近年、取り巻く環境の変化が見られている。◆これまでデータセンターは東京圏に一極集中して設置されていたが、東日本大震災以降、データセンターは重要な社会インフラであることが再認識され、BCPの観点から郊外への設置ニーズが強まっている。◆クラウ

第15回:企業・機関の事件・事故に対する消費者の意識調査(1)(2008)

ブランドなんでもランキング第15回:企業・機関の事件・事故に対する消費者の意識調査(1)食中毒、品質偽装、報道内容の捏造といった事件や事故が相次ぎ、企業や官庁への信頼が揺らいでいます。最近ではこうしたニュースが頻発しているため、「どうしてそんなことが起きたのか?」「信じられない」と思うより、「またか」と思う人も多いのではないでしょうか?では、消費者はこうした事件、事故に対してどのように思っているのでしょう。今回は20代以上の男女100人ずつ、計200人にアンケートを取りました。今回は第一弾として

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業の特定ものづくり基盤技術の高度化に関する指針の見直しに関する調査事業報告書

中小企業の特定ものづくり基盤技術の高度化に関する指針の見直しに関する調査事業報告書平成 24 年 2 月委託先中小企業庁みずほ情報総研株式会社目 次1. はじめに ............................................................................................................................ 12. 指針改正の分析等...............................

2011年2月18日MM総研フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

第3回 環境対策に関する消費者意識調査~環境対策注力イメージ企業ランキング~

第3回 環境対策に関する消費者意識調査~環境対策注力イメージ企業ランキング~ 2011年02月17日■環境注力イメージ企業は、トヨタ自動車がトップを堅持。本田技研工業も5位を維持したが、全企業の中で最も躍進したのはEVの日産自動車(前回11位⇒6位) ■パナソニックが2位に、東京電力が4位に順位アップ。3位はサントリー ■企業の選択理由は「環境配慮型の製品の開発に積極的だから」が67%、「広告宣伝等でアピールしている」が61%で突出  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2月17日、インタ

2010年11月24日アイシェアフィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

エコ疲れに関する意識調査

エコ疲れに関する意識調査 生活者の気分は「エコハデ」!?~エコを気にする暮らしのなかでも、刺激を求める意識が判明~ 環境に配慮する“エコロジー”と、節約を意味する“エコノミー”。どちらも生活に密接した“エコ”で日本人の暮らしに定着してきた習慣といえる。これらエコに対する生活者の意識や行動について、最新事情を株式会社アイシェアが調査。関東・関西中心部(今回は東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・京都・神戸に限定)に住む20代から50代の男女1,509名の回答を集計した。日々、“エコ(環境や節約)”を推奨

2009年3月30日電通★フィードバック数:0マーケティング

電通総研が消費意欲に関する調査を発表しました。

消費の意欲や気分が盛り上がるきっかけは1位「国産食材」、2位「高速道路料金値下げ」、3位「環境配慮型商品・サービス」

消費の意欲や気分が盛り上がるきっかけは1位「国産食材」、2位「高速道路料金値下げ」、3位「環境配慮型商品・サービス」

企業・機関の事件・事故に対する消費者の意識調査

ブランドなんでもランキング第15回:企業・機関の事件・事故に対する消費者の意識調査(1)食中毒、品質偽装、報道内容の捏造といった事件や事故が相次ぎ、企業や官庁への信頼が揺らいでいます。最近ではこうしたニュースが頻発しているため、「どうしてそんなことが起きたのか?」「信じられない」と思うより、「またか」と思う人も多いのではないでしょうか?では、消費者はこうした事件、事故に対してどのように思っているのでしょう。今回は20代以上の男女100人ずつ、計200人にアンケートを取りました。今回は第一弾として

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ