「生きがい」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

女性の働き方に関する意識調査

女性の働き方に関する意識調査 43.3%が家計のためだけではないと回答!あなたにとって「働く」とは? ~ 労働環境問題とワークスタイル変革の実態 ~~ 労働環境問題とワークスタイル変革の実態 ~フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、当社に登録している女性会員に「女性の働き方」についてのアンケートを日に実施しましたので、その結果を報告いたします。 アンケートの対象は、代の主婦を中心とする当社登録の女性会員で、

2017年2月20日日本財託フィードバック数:0キャリアとスキル

副業に関する意識調査

2017 年 2 月 8 日News Releaseサラリーマンの72%が副業の必要性を感じている~副業に関する意識調査~東京 23 区投資用マンション販売、賃貸管理および保険代理業を行う株式会社日本財託(本社:新宿区 代表取締役社長:重吉 勉(しげよしつとむ))は、昨年から不動産投資を始めたサラリーマンオーナー315 名に対して副業に関する意識調査を実施しました。その結果、約 7 割の人が副業の必要性を感じていることが明らかとなりました。また、副業を推進すべきという声が挙がる一方、約 7 割の

2016年3月2日クラウドワークスフィードバック数:0キャリアとスキル

シニアのクラウドワーキング経験者の利用動向調査

プレスリリース:シニアのクラウドワーキング経験者の利用動向調査を実施プレスリリース:シニアのクラウドワーキング経験者の利用動向調査を実施 弊社が運営する日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」がプレスリリースを発表いたしました。報道関係者各位プレスリリース2016年2月29日証券コード:3900株式会社クラウドワークスシニアのクラウドワーキング経験者の利用動向調査を実施 ~生きがいや自分磨きのためにクラウドワーキングする今時のシニア像が鮮明に~株式会社クラウドワークス(本社:東

2015年8月16日電通★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「若者×働く」調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通総研、「若者×働く」調査を実施2015年8月13日電通総研、「若者×働く」調査を実施●働いている18~29歳の若者の4割が「働くのは当たり前」だと思っているが、「できれば働きたくない」と思っている若者も3割。 ●若者の4割は安定した会社で働きたいと思っているが、

2014年12月19日第一生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

第一生命の調査です。

『就労者が仕事以外にも生きがいをもつことの重要性』 ~全国の男女3,376名に聞いた40・50代の不安と備えに関する調査より~

『就労者が仕事以外にも生きがいをもつことの重要性』 ~全国の男女3,376名に聞いた40・50代の不安と備えに関する調査より~

2014年12月19日第一生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

第一生命の調査です。

『40・50代の健康をめぐる意識と行動』 ~全国の男女3,376名に聞いた40・50代の不安と備えに関する調査より~

2014年12月18 日『40・50 代の健康をめぐる意識と行動』~全国の男女3,376名に聞いた40・50代の不安と備えに関する調査より~第一生命保険株式会社(社長 渡邉 光一郎)のシンクタンク、株式会社第一生命経済研究所(社長 矢島 良司)では、全国の 40 代・50 代の男女 3,376 名を対象にマネー・ヘルス・タイムのそれぞれの分野でどのような不安を抱き、どのような備えをしているのかアンケート調査を行いました。この中から、健康をめぐる意識と行動についての調査結果を紹介します。本稿は、ホ

2014年12月3日山梨総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者労働力の活用方策を探る(1)

Vol.196-2【平成 26 年 11 月 28 日発行】テーマ2高齢者労働力の活用方策を探る(1)【山梨総合研究所 主任研究員佐藤 史章】1.はじめに~日韓研究交流のあらましと本稿の概要山梨総合研究所では、山梨県と姉妹協定を結んでいる韓国忠清北道のシンクタンクである「中北発展研究院」との間で、毎年研究交流を行っている。本年度は「高齢者労働力の活用方策を探る」をテーマとし、去る 11 月 20 日に 2007 年度から数えて7回目となる研究会を開催したところである。本テーマが選定された背景とし

2014年11月6日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

生きがいの調査です。

40・50代単身者の生きがいとネットワーク

40・50代単身者の生きがいとネットワーク

2014年11月3日マインドシェアフィードバック数:0大型消費/投資

癒される、頼られる...! 「産んでよかった!」その理由とは

夫婦ふたりのときと違って、素敵なレストランには行けなくなったし、 仕事や家事だって大変なのに子どものお世話は果てしないし、 なにより、泣いたり言うこときいてくれなかったりと、育児って本当に大変!!...と、口には出さなくても嘆きたくなるママはたくさんいるのではないでしょうか。 子どもが生まれてからというもの、なにかと我慢の多い生活を送るママたちに、 あえて聞いてみました。『ズバリ、ママになってよかった?』 1位「よかった」95% 2位「よくなかった」5%ほとんどのママたちが、ママになってよかった

2014年10月1日第一生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

生きがいについての調査です。

就労者が仕事以外にも生きがいをもつことの重要性

就労者が仕事以外にも生きがいをもつことの重要性

2014年9月8日サクメディアフィードバック数:0大型消費/投資

30歳独女を男性はどう思ってる?

アンケートで聞いてみた!30歳アラサー女子を男性はどう思ってる? 独身のまま30歳になってしまったアナタ。このまま私は結婚できるのか、少なからず不安に思うこともあるでしょう。実際に30歳の女子は男性からどのように見られているのでしょう。男性100人に聞いてみました。結婚していない30歳の女性はどう感じますか?【質問】結婚していない30歳の女性はどう感じますか?【回答数】仕事好き:41隙がなさそう:13女子力がなさそう:5お酒好きそう:6その他:35(※Sagoooワークス調べ)一番回答数が多かっ

2014年5月28日東京都★フィードバック数:0キャリアとスキル

がんと仕事についての調査です。

がん患者の就労等に関する実態調査

「がん患者の就労等に関する実態調査」の結果がまとまりました平成26年5月27日福祉保健局 東京都では、平成25年3月に策定した「東京都がん対策推進計画(第一次改定)」に基づき、がん患者及び家族並びに事業主におけるがん罹患後の就労に関するニーズや課題を把握するため、「がん患者の就労等に関する実態調査」を実施しました。このたび、調査結果がまとまりましたので、お知らせいたします。なお、調査結果の詳細については、別添「報告書(概要版)」(PDF形式:395KB)でご参照ください。調査結果のポイント都内事

第336回 ママの“お仕事”事情調査 2007.10.11~2007.10.17

ママの仕事のことならハッピー・ノート.com! ●分析今、ますます増えつつある「ワーキングマザー」。仕事と育児の両立は大変ですが、「家計を支えたい」「自分の生きがいを持ちたい」などの気持ちがあるのでしょう。もちろん、ママが働くことはパパをはじめまわりの人の理解、ご家庭の状況などによっても異なり、いろいろな考え、お悩みもあるはず。そこで、今回は「ママのお仕事」について調査。「子どもがある程度大きくなったら働きたい」「働くより子育てに専念したい」など、ママの思いを教えていただきました。 Q1.

2013年9月12日ピクスタフィードバック数:0デジタル家電

60歳以上の写真と撮影経験に関するアンケート

News & Press Release - ニュース & プレスリリース -刺激、喜び、目標、夢、挑戦の場、人生の友達…シニア会員の約8割の“生きがい”になる写真販売サイト年間300万円以上販売するシニアも~60歳以上の写真と撮影経験に関するアンケート」調査~ピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:古俣大介)が運営する写真・イラスト・動画の素材販売サイトPIXTA( https://pixta.jp/ )は、同サイトで写真を販売している60歳以上のクリエイター会員を対象に、写真と撮影経験に

5年ごとの調査の推移も見られます。

サラリーマンの生活と生きがいに関する研究

平成 25 年 9 月 11 日プレスリリース資料「サラリーマンの生活と生きがいに関する研究~過去 20 年の変化を追って~」公表公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構(http://www.nensoken.or.jp)年金に関する専門研究機関である公益財団法人 年金シニアプラン総合研究機構(東京都港区、理事長 堀勝洋)は、研究報告書「サラリーマンの生活と生きがいに関する研究~過去 20 年の変化を追って~」を公開しました。年金シニアプラン総合研究機構では、1991(平成 3)年から 5 年

2013年4月16日富士通フィードバック数:3ライフスタイル

医療サービス利用頻度と医療費の負担感について

医療サービス利用頻度と医療費の負担感について高年齢者の所得と医療需要、負担感に関するシミュレーション上級研究員 河野 敏鑑(兼)駒澤大学経済学部非常勤講師2013年4月要旨本研究は高齢者の健康に関する意識調査の個票データを用いて高齢者における医療費の負担感の決定要因を明らかにした上で、シミュレーションを行おうとするものである。本研究では医療サービス利用頻度と医療費の負担感との変数間での内生性に配慮した二段階最小二乗法を用いて、医療サービス利用頻度や所得階層、生きがい、主観的健康度との関係について

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ