調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 生乳クオータ制

「生乳クオータ制」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月9日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

欧州の穀物作、牧草は順調な生育と予測(EU)

欧州委員会が5月26日に公表した作物の生育状況調査(MARS:Crop monitoring in Europe)によると、2015年の穀物の生育状況は概ね好調であり、特段の懸念事項は見当たらないとしている。同年の穀物全体の収穫見通しとしては、2014年が豊作であったため、前年比4.8%減とされているものの、過去5カ年平均との比較では2.7%増と予測している(表)。この要因として、ヨーロッパ全域で冬期の気温が平年よりも高かったことに加え、十分な降水量があったためとしている。家畜飼料としても利用さ

2015年4月3日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

EUの牛総飼養頭数、前年からわずかに増加

欧州委員会が公表したEUの2014年12月現在の牛総飼養頭数は、前年同月比0.8%増(69.1万頭増)の8832万頭となった。欧州委員会の統計では肉用牛と乳用牛の区別はないが、この増頭は、2015年4月の生乳クオータ制度廃止を見込んだ酪農部門がけん引したとみられている。国別の牛飼養頭数の動向を見ると、EU最大の牛肉生産国であり、また、同2番目の生乳生産国であるフランスが、同0.6%増(12.4万頭増)の1925万頭と最大の牛飼養頭数国となり、EU飼養頭数全体の21.8%を占めた。次いで、同2番目

2014年9月23日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル海外

国ごとの農業についてのレポートです。

平成25年度 カントリーレポート:EU,ブラジル,メキシコ,インドネシア (2014.3)

プロジェクト研究[主要国農業戦略]研究資料 第2号平成25年度 カントリーレポート:EU,ブラジル,メキシコ,インドネシアはじめに 新CAPの予算 所得支持のための直接支払(第一の柱)の改革 市場措置(第一の柱)の改革 農村振興政策(第二の柱)の改革 おわりに はじめに 生乳クオータ制度の沿革と現状 生乳クオータ制度廃止の決定 欧州の乳業の動向 生乳クオータ制度廃止の影響に関する議論 おわりに ブラジル農牧業の主要指標 ブラジルの農業政策 メキシコ農業・農村の歴史的背景 メキシコの地域区分、気

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ