調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 生命保険会社

「生命保険会社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月6日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

生命保険領域における国内InsurTech市場に関する調査を実施(2017年)

2017年05月29日 生命保険領域における国内InsurTech市場に関する調査を実施(2017年) ~AIなどによる業務の効率化・高度化の範囲拡大、APIの公開など支援環境の整備がカギ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のInsurTech(インシュアテック)市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~5月2.調査対象:国内の生命保険会社、少額短期保険事業者、SIer、InsurTechベンチャー企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによ

2017年4月13日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

来店型保険ショップ市場に関する調査を実施(2017年)

2017年04月05日 来店型保険ショップ市場に関する調査を実施(2017年) ~厳しい環境下、来店型保険ショップの市場規模、新規契約件数は拡大基調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における来店型保険ショップ市場の調査を実施した。1. 調査期間:2017年1月~2月2. 調査対象:来店型保険ショップ経営の乗合代理店、生命保険会社等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<来店型保険ショップとは>本調査における来店型保険ショ

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険会社のイメージ(12)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険加入率は8割弱。「現在の会社との契約を継続したい」が7割。契約したい生命保険会社は「アメリカンファミリー生命」「県民共済」「かんぽ生命」「日本生命」などが上位 『信頼性・安心感がある』と思う生命保険会社は「日本生命」「かんぽ生命」「県民共済」「第一生命」「全労済」が上位 『商品開発力・企画力』があると思う生保は「いずれもない」が5割弱。「アメリカンファミリー生命」がトップで、「日本生命」「ソニー生命」「第一生命」「メットライフ生命」

2015年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険の加入実態(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険会社の認知率上位は「アメリカンファミリー生命」「かんぽ生命」「第一生命」「日本生命」「住友生命」など 生命保険申込み方法は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」が最も多く、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」「勤務先を通じて」が続く。オリックス生命主加入者では「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」「インターネットで資料請求し、申込書を郵送」が上位2位 生保関連の情報入手経路は「テレビ

保険に関する調査

プレスリリース「保険に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 保険に関する調査 報道関係各位平成27年5月27日株式会社クロス・マーケティング 加入経路は「生命保険会社の営業」がほとんどなお、解約防止のポイントは最適な保険内容と金額の提案<保険に関する調査> 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「保険に関する調査」を実施しました。 調査結果 月額の保険料は「5,001~10,000円」

2015年5月26日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年コールセンター満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX  金融4業界が上位を独占。4年連続の損害保険会社にその他金融3業界が迫る勢い 2015年コールセンター満足度調査<当資料の要約>金融4業界が上位を独占。4年連続の損害保険会社にその他金融3業界が迫る勢いコールセンターの接続状況「一回で繋がった」割合が前年比上昇総合満足度上位と下位企業では対応に明らかな差CS(顧客満足度)に関する調査

韓国の生保市場です。

韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方

韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方 | ニッセイ基礎研究所 韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国では少子・高齢化の急速な進展に伴い、社会保障に対する国の支出が継続的に増加している。そこで、社会的リスクに対する政府の公的制度と共に、自助努力としての民間保険の必要性に対する認

2015年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険会社のホームページ(10)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[20011]生命保険会社のホームページ利用(第10回) 生命保険会社のホームページを「見たことがある」のは4割弱。直近1年間のホームページ閲覧経験は「アメリカンファミリー生命」「日本生命」「第一生命」「ソニー生命」「県民共済」「全労済」などが上位 生命保険会社のホームページ利用のタイミングは「保険加入・見直しを検討するとき」「加入している保険について、情報収集や手続きをするとき」に続き「特に目的はなく、たまたまみた」が多い 直近1年間に生

医療保険についてのレポートです。

民間医療保険・がん保険の現状について

民間の医療保険・がん保険が普及している。生命保険会社が不当な利益を得ているという見方もあるが、民間保険は公的医療保険とは異なる点を理解してその経営実態を冷静に判断する必要がある。ただ、生命保険会社は、当然に営利を追求する。利益の一部は株主への配当に回され、外資系企業では利益の一部を本店に送金する。生命保険会社の保険料は広告宣伝費などにも使われる。将来の給付に備えた準備金は外国債の購入を通じて海外にも流出している。そして、民間第三分野の保険料(年換算)は、公的医療保険の被保険者のそれの半分近くの多

2014年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険会社のイメージ(11)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険加入率は8割弱。「現在の会社との契約を継続したい」が7割。契約したい生命保険会社は「アメリカンファミリー生命」「県民共済」「かんぽ生命」「日本生命」「ソニー生命」などが上位 『信頼性・安心感がある』と思う生命保険会社は「日本生命」「かんぽ生命」「県民共済」「第一生命」が上位 『商品開発力・企画力』があると思う生保は「いずれもない」が5割。「アメリカンファミリー生命」がトップで、「日本生命」「メットライフ生命」「ソニー生命」「第一生命

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

生保決算のまとめです。

生命保険会社の平成25年度決算について

生命保険会社の平成25年度決算について

2014年7月30日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険の加入実態(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険会社の認知率上位は「アメリカンファミリー生命」(アフラック)「かんぽ生命」「第一生命」「日本生命」「住友生命」などで、各6〜7割。 「NKSJひまわり生命」は過去調査より認知率が増加傾向 生命保険申込み方法は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」が最も多く、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」「勤務先を通じて」が続く。オリックス生命主加入者では「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」「

2014年5月13日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

市場の縮小・ニーズの多様化が進む生命保険大国日本

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 市場の縮小・ニーズの多様化が進む生命保険大国日本 日本は、米国に次ぎ、世界第2位の生命保険大国である。日本全体の生命保険の収入保険料は、世界全体の20%を占め、米国以外のその他の主要国を大きく引き離している(図表参照)。さらに、1人当たり収入保険料やGDP対比の収入保険料で見れば日本は米国をも上回っており、それぞれ米国の2.3倍および2.5倍と高い水準にある。国内生保市場が世界有数の市場となった背景と

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

みずほインサイトマーケット2014 年 4 月 30 日二極化が進む国債市場市場調査部シニアエコノミストデフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利03-3591-1249野口雄裕takehiro.noguchi@mizuho-ri.co.jp○ 10年国債利回りが0.6%台前半の狭いレンジで推移し膠着感を強めている。一方、超長期ゾーンの利回りは上昇し易い地合いが続いており、国債市場の二極化が見られる。○ 超長期ゾーン利回り上昇の要因としては、超長期ゾーンの投資家が、生命保険会社や年金基金等、利

2014年2月28日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

生保業界についてのレポートです。

日本の生命保険業界の現状(3)~リスクベースの国内生命保険の経営とその現状~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の生命保険業界の現状③~リスクベースの国内生命保険の経営とその現状~その③:生命保険会社の変化(リスク)への対応とリターンの追及 ◆日本の生命保険業界は、国内市場の構造的な変化により顕在化したリスクへの対応に迫られている。◆構造的な変化とは、需要側では、主に国内の人口の減少、人口構成の変化による生命保険ニーズの変化。供給側では、競争環境の変化として、新規参入の増加、販売チャネルの多様化、グローバル

2014年2月25日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

生保業界についてのレポートです。

日本の生命保険業界の現状 ~リスクベースの国内生命保険の経営とその現状~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の生命保険業界の現状 ~リスクベースの国内生命保険の経営とその現状~その①:事業環境の変化(リスクの顕在化) ◆日本の生命保険業界は、国内市場の構造的な変化により顕在化したリスクへの対応に迫られている。◆構造的な変化とは、需要側では、主に国内の人口の減少、人口構成の変化による生命保険ニーズの変化。供給側では、競争環境の変化として、新規参入の増加、販売チャネルの多様化、グローバルな規制環境の変化等が

2013年12月25日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険会社のイメージ(10)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険加入率は8割弱。「現在の会社との契約を継続したい」が7割を占める。加入している生命保険会社は「アメリカンファミリー生命」「かんぽ生命」「県民共済」「日本生命」などが上位 『信頼性・安心感がある』と思う生命保険会社は「日本生命」「かんぽ生命」「県民共済」が上位 『商品開発力・企画力』があると思う生保は「いずれもない」が5割強。「アメリカンファミリー生命」がトップで、「メットライフアリコ」「日本生命」「ソニー生命」「ライフネット生命」「

2013年10月14日アイティメディア★フィードバック数:0大型消費/投資

年齢、性別、世帯年収で比較しています。

生命保険市場を眺めてみた。 -消費者データから見るブランドポジション(13)-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。生命保険市場を眺めてみた。 -消費者データから見るブランドポジション(13)- 生命保険市場を眺めてみた。 -消費者データから見るブランドポジション(13)- 株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手がける。Mac大好き。

2013年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の生命保険会社の資産運用の現状と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の生命保険会社の資産運用の現状と課題国際的規制強化の潮流が米国生保の資産運用にもたらしつつある影響 ◆米国の生命保険会社(以下、米国生保)の総資産は、2011年末時点においては、約5.5兆ドル。このうち、定額年金の資産を取り扱う一般勘定は約3.6兆ドル、変額年金等を取り扱う分離勘定は約1.8兆ドル。なお、一般勘定では、長期債が総資産の約7割を占めており、一方で分離勘定では、株式が総資産の約8割を占

2013年8月22日JA共済総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

決算のまとめです。

生命保険会社の平成24年度決算について

生命保険会社の平成24年度決算について

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険の加入実態(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険会社の認知率上位は「アフラック」「かんぽ生命」「住友生命」「日本生命」「第一生命」などで、各7割前後。「ライフネット生命」は過去調査より認知率が増加傾向 生命保険申込み方法は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」が最も多く、続く「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」は、男性高年代層で多い。オリックス生命主加入者では「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」が1位 生保関連の情報入手経路は「

2013年7月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

生命保険会社の資産運用の現状と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 生命保険会社の資産運用の現状と課題国際的な規制強化の潮流と「量的・質的金融緩和」が生保の資産運用にもたらしつつある影響 ◆日本の生命保険会社(以下、生保)は巨大な金融資産を擁している機関投資家である。本稿では、生保の資産運用の現状と、それを取り巻く制度面や金融環境面についての課題を取り上げる。◆2013年3月末時点における主要生保の保有公社債のデュレーションは11.9年と推定される。2003年3月末に

2013年6月13日大和総研フィードバック数:1社会/政治

転機を迎えつつある制度共済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 転機を迎えつつある制度共済「量的・質的金融緩和政策」下の制度共済の資産運用の現状と課題 ◆本稿では、生命保険会社や損害保険会社と同じ保険商品を取り扱う「制度共済」の資産運用と、それを取り巻く現状と課題について整理する。◆「制度共済」とは、農協、漁協、全労済、都道府県民共済、生協等が運営する共済のことであり、生命保険会社と損害保険会社のそれぞれが提供する生命保険商品と損害保険商品に類似する共済商品を提供

2013年4月1日マイボイスコムフィードバック数:2大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険会社のホームページ(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[17609]生命保険会社のホームページ利用(第9回) 生命保険会社のホームページを「見たことがある」のは4割。直近1年間のホームページ閲覧経験は「アメリカンファミリー生命」が最も多く、「日本生命」「ソニー生命」「第一生命」が続く 生命保険会社のホームページ利用のタイミングは「保険加入・見直しを検討するとき」「加入している保険について、情報収集や手続きをするとき」に続き「特に目的はなく、たまたまみた」が多い 直近1年間に生命保険会社のホーム

2012年12月21日マイボイスコムフィードバック数:1大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険会社のイメージ(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険加入率は8割弱。「現在の会社との契約を継続したい」が7割を占める 『信頼性・安心感がある』と思う生命保険会社は「日本生命」「県民共済」「かんぽ生命」が上位2位 『商品開発力・企画力』は「いずれもない」が半数弱。1位「アメリカンファミリー生命」、「メットライフアリコ」「ソニー生命」「日本生命」「ライフネット生命」「アクサ生命」などが続く 『独自性』『革新的・先進的』は「いずれもない」が5〜6割にのぼる。「アメリカンファミリー生命」がト

2012年1月5日マイボイスコムフィードバック数:5大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険会社のイメージ(第8回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険加入率は8割弱。「現在の会社との契約を継続したい」が7割を占める 『信頼性・安心感がある』と思う生命保険会社は「共済」「日本生命」が上位2位 『商品開発力・企画力』は「いずれもない」が半数弱。1位「アメリカンファミリー生命」、2位「メットライフアリコ」 『独自性』『革新的・先進的』は「いずれもない」が5割前後と高い。「アメリカンファミリー生命」がトップで、「メットライフアリコ」「ライフネット生命」などが続く 【調査対象】 

2011年11月9日マイボイスコムフィードバック数:6大型消費/投資

生命保険の加入実態(第2回) 生保の情報源は「テレビ番組、CM」が最多、「パンフレット」続く

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ加入している生命保険の種類は「医療保険・入院保険」「死亡保険」が上位2位 生命保険加入経路は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」が最も多く、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」が続く 情報入手経路は「テレビ番組、CM」が最も多く、「保険商品のパンフレット、説明資料」「営業職員、保険外交員から」などが続く。日本生命や第一生命、住友生命加入者などでは「営業職員、保険外交員から」が最も多い 加入したい生命保

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ