「生徒調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年5月7日中央調査社フィードバック数:1ライフスタイル

学齢児童を対象とした縦断的研究の意義と課題

トップページ > 中央調査報 > 学齢児童を対象とした縦断的研究の意義と課題 ―青少年期から成人期への移行についての追跡的研究 (Japan Education Longitudinal Study: JELS)から― ■「中央調査報(No.666)」より ■ 学齢児童を対象とした縦断的研究の意義と課題―青少年期から成人期への移行についての追跡的研究(Japan Education Longitudinal Study: JELS)から―中西 啓喜(お茶の水女子大学)耳塚 寛明(お茶の水女子大学

特定の課題に関する調査(論理的な思考)

報 道 発 表国立教育政策研究所National Institute for Educational Policy Research平成25年3月27日「特定の課題に関する調査(論理的な思考)調査結果報告書」について国立教育政策研究所では,グローバル化の進展等を踏まえ,現在の我が国の高校生の論理的に思考する力の育成状況を把握,分析するための調査を初めて実施し,このたび,調査結果報告書を作成しました。1.調査の概要「特定の課題に関する調査(論理的な思考)」として,下記のとおり実施しました。○調査実

2009年8月24日デジタルアーツフィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

青少年のインターネット・携帯電話利用に関するアンケート

2009年08月19日 慶應義塾大学 デジタルアーツ株式会社デジタルアーツ、慶應義塾大学と共同で調査を実施 「青少年のインターネット・携帯電話利用に関するアンケート」調査結果を発表 ~慶應義塾高等学校生を対象に、大学院メディアデザイン研究科がインターネットを安全に利用するための授業を実施後、 ブログの危険性の認識が約40%増加~ 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(横浜市港北区)と、情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫)は、慶應義塾

第1回 中学校英語に関する基本調査(生徒調査) 速報

中学生の6割は「英語が苦手」 英語の必要性は強く実感 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)のシンクタンク「Benesse教育研究開発センター」では、2009年1月〜2月に、全国の中学2年生2,967名を対象にして、中学生の英語学習の実態と、英語や外国に対する意識に関する調査を実施しました。主な調査結果は以下のとおりです。1.6割が英語に対して苦手意識を持っている。英語を「苦手」と感じている中学生は61.8%。そのうち、約1割は「中学校に入学する前」に、6割以上は中学1年生のうちに「苦

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ