調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 生活必需品

「生活必需品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「日用品・生活必需品のネットショッピング」についてのアンケート

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「既婚女性の9割がネットショッピングを利用! 約半数が21時〜24時の間に注文!〜2016主婦のネットショッピング事情(日用品・生活必需品編)〜」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「既婚女性の9割がネットショッピングを利用! 約半数が21時〜24時の間に注文!〜2016主婦のネットショッピン

主婦のEC利用です。

主婦のネットショッピング事情(日用品・生活必需品編)

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「〜主婦のネットショッピング事情(日用品・生活必需品編)〜9割以上の既婚女性がネットショッピングの経験有り!10人に1人は月1万円以上ネットで注文」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「〜主婦のネットショッピング事情(日用品・生活必需品編)〜9割以上の既婚女性がネットショッピングの経験有り!1

2014年6月9日プラスリードフィードバック数:0ライフスタイル

消費税率アップ前後の3月と5月時点での消費者の生活費の使用意向

[] マーケティングコンサルティング会社の(株)プラスリードでは、消費税率アップ前後の3月と5月時点での消費者の生活費の使用意向について調査しました。図1「増税前後における生活費の増減意向」 (1)女性 (2)男性 図1は、増税前と増税後における生活費の増減意向を調査した結果になります。図1を見ると、男女ともに増税前の意識と比較すると、実際に生活費を減らした割合は少なくなっていることがわかります。とは言え、男女ともに4割前後の方が実際に4月以降、生活費を減らしています。図2「増税後の各生活費にお

2014年6月5日インテージ★★★フィードバック数:0ライフスタイル

インテージのレポートです。

『消費税増税 影響分析プロジェクト』2014総括レポート

増税前のまとめ買いは1997年の増税時より拡大2014年消費税増税の主役は60代増税後の生活必需品への影響は限定的購買回復をけん引しているのも60代株式会社インテージは、『消費税増税 影響分析プロジェクト』(※1)2014総括レポートを発表いたします。 本レポートは、当社が保有する市場と消費者をとらえる調査データをもとに、今年4月の消費税増税前後の影響について食品、日用雑貨品などの生活必需品(※2)の分野を対象に、「増税前」と「増税後」の実態を消費者購買の視点と小売店動向の視点にフォーカスし分析

【インフォグラフィック】どんな差がある?世界の消費税(付加価値税)と軽減税率

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト 【インフォグラフィック】どんな差がある?世界の消費税(付加価値税)と軽減税率 2014年4月より、日本は1997年に3%から5%へ引き上げられて以来、17年ぶりに消費税が8%へ引き上げとなります。「消費税が上がる前にあれを買っておかなきゃ!」なんて考えている方もいますよね。ところで「増税する」とは言いますが、日本の消費税は世界でも高い方なのでしょうか?消費税率は、世界各国それぞれ違います。国によっては、ものによって税率が変わるものもあるとか

2014年3月12日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

駆け込み消費の内容です。

『消費税増税 影響分析プロジェクト』レポート第1弾

「消費税増税」が耐久消費財購入のきっかけになった人は53.6%増税前に意識して買ったモノの1位は「家電」生活必需品は「安売り」「セール」で衝動的にまとめ買い 株式会社インテージは、「消費税増税 影響分析プロジェクト」(※1)の一環として、『消費税増税を意識して買った商品』に関する調査を実施しました。本調査は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングが提供するスマートフォンアプリ「みんレポ」(※2)のユーザーのうち、2014年1月31日~2月28日に「消費税増税を意識して商品を買った」という書き込

高齢者のネットスーパー利用が多くなっています。

妻の買い物スタイル調査(生活必需品編)

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】『〜妻の買い物スタイル調査(生活必需品編)〜世代が上がるに連れて実店舗での買い物比率は減少、30代以降の世代では4人に1人がネットスーパーを普段の買い物に利用していることが判明』 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】『〜妻の買い物スタイル調査(生活必需品編)〜世代が上がるに連れて実店舗での買い物

2013年7月17日内閣府フィードバック数:2社会/政治

家計の所得と物価の動向

今週の指標 No.1073 家計の所得と物価の動向ポイント2013年7月17日 このところの輸入物価の上昇により、一部の品目で値上げが実施されている。そこで、2012年12月から2013年5月までの物価と所得の動きを確認し、実質可処分所得の動向を見てみよう。 家計が実際に消費や貯蓄にまわすことのできる名目可処分所得は、賃金に社会保障給付等を加え、税、社会保障負担等の非消費支出を除いて求めることができる。家計調査を用いて、2012年12月を100とした名目可処分所得を見ると、2012年12月から2

2013年7月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

景気ウォッチャー調査13年6月 ~現状判断DI、先行き判断DI共に低下が続く

景気ウォッチャー調査13年6月 ~現状判断DI、先行き判断DI共に低下が続く | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年6月 ~現状判断DI、先行き判断DI共に低下が続く 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは3ヶ月連続の低下・先行き判断DIは2ヶ月連続の低下7月8日に内閣府から発表された2013年6月の景気ウォッチャー調査による

2011年12月28日マイボイスコム★フィードバック数:3デジタル家電

PCが一番でした。

イマドキの生活必需品(第2回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生活必需品(モノ)については「パソコン」「冷凍冷蔵庫」「電子レンジ」など 生活必需品(モノ・サービス)については「インターネット」「テレビ」「携帯電話」「メール(携帯・パソコン)」などの順 生活必需品(サービス)については、「病院」「銀行」「郵便局」「コンビニエンスストア」などが上位 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2011月12月1日〜12月5日

2008年夏のボーナスと家計の実態調査

【報道資料】2008 年 7 月 3 日損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社サラリーマン世帯の主婦 500 名に聞く「2008 年夏のボーナスと家計の実態調査」「増えた」(37.0%)が「減った」(26.0%)の約 1.4 倍平均手取金額は 75.3 万円(昨夏より 2.6 万円減)主婦の へそくり (夫に内緒の資産)平均金額は 356.3 万円臨時ボーナスをあげたい人は、「エド・はるみ」「イチロー」「自分」家計に特にひびく生活必需品の値上がりトップは、ガソリン代!損保ジャパン・ディ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ