「生活意識」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」

【生活者調査】既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」 | 株式会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 調査レポート【生活者調査】既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」平成 29 年 3 月 13 日株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント既婚男女間での「意識のズレ」と「家事不均衡問題」 - 『R&D CORE(生活者総合ライフスタイル調査システム)』調査結果発表 - 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:五十嵐 幹)は、

2016年12月26日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

女性の生活意識アンケート調査(第10回)

ベルメゾン生活スタイル研究所が「女性の生活意識アンケート調査(第10回)」結果を発表ワークライフバランスがとれている女性は、前年より4.7ポイント減少。(33.4%)将来の資産や貯蓄に不安を持つ女性は大幅増加。(前年調査より8.5ポイント増加の77.6%)ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の幸せ感や、消費、節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたものです。2016年10月に実施した

2016年12月18日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

「ソロ活動系女子(ソロ女)」について意識調査

NEWS博報堂ソロ活動系男子プロジェクト、単身・独身女性の意識調査を実施 2016年12月13日「ソロ女」の実態は…■自己有能感はある。でも、自己肯定感が低い。  株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕⼀)は、2014年8月に「ソロ活動系男子(通称:ソロ男<だん>)研究プロジェクト」を設立し、自由で自立したライフスタイルを謳歌する単身・独身男性を研究しています。このたび、「ソロ活動系女子(ソロ女)」について意識調査を実施し、興味深い結果が得られましたのでお知らせいたします。10

2016年10月6日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

「生活定点」調査  2016年結果

NEWS四半世紀にわたり生活者の意識・価値観を定点観測してきた「生活定点」調査2016年結果発表 2016年10月03日 「常温」を楽しむ社会へ ~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~「日本の行方は、現状のまま特に変化はないと思う」2008年 32.3% → 2016年 54.1%(21.8ポイント増)身の周りに多いのは「いやなこと」より「楽しいこと」身の周りに多いこと(2016年)・・・「楽しいこと」43.3% >「いやなこと・腹のたつこと」36.7%生活態度の4つの特徴 

2016年9月6日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

平成27年 国民生活基礎調査の概況

平成27年 国民生活基礎調査の概況I 世帯数と世帯人員の状況 [196KB] 1世帯構造及び世帯類型の状況265歳以上の者のいる世帯の状況365歳以上の者の状況4児童のいる世帯の状況515歳以上の者の就業の状況 II 各種世帯の所得等の状況 [129KB] 1年次別の所得の状況2所得の分布状況3世帯主の年齢階級別の所得の状況4児童のいる世帯の所得の状況5所得の種類別の状況6生活意識の状況 印刷用のPDF用ファイルのダウンロードはこちらから PDFファイルを見るためには、Adobe Reade

2016年7月21日厚生労働省★★フィードバック数:0ライフスタイル

平成27年 国民生活基礎調査の概況

平成27年 国民生活基礎調査の概況I 世帯数と世帯人員の状況 [196KB] 1世帯構造及び世帯類型の状況265歳以上の者のいる世帯の状況365歳以上の者の状況4児童のいる世帯の状況515歳以上の者の就業の状況 II 各種世帯の所得等の状況 [129KB] 1年次別の所得の状況2所得の分布状況3世帯主の年齢階級別の所得の状況4児童のいる世帯の所得の状況5所得の種類別の状況6生活意識の状況 印刷用のPDF用ファイルのダウンロードはこちらから PDFファイルを見るためには、Adobe Reade

2016年4月1日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2016.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2016基本データ編~

2016.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2016基本データ編~

2015年9月28日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)

ここから本文です。平成27年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)―県民の生活意識は改善傾向を示す― 部局名:県民生活部課所名:広聴広報課担当名:広聴・知事への提言担当担当者名:清水、春田  県では、生活意識や県民の要望などを把握し、県政推進の資料とするため、「県政世論調査」を昭和43年(1968年)から毎年実施しています。このたび、今年度の定期調査項目のうち、「生活意識」及び「県政への要望」についての調査概要がまとまりましたので、中間報告として速報でお知らせします。今回の調査では、「生活全

2015年8月31日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

平成26年 国民生活基礎調査の概況

平成26年 国民生活基礎調査の概況I 世帯数と世帯人員数の状況 [199KB] 1世帯構造及び世帯類型の状況265歳以上の者のいる世帯の状況365歳以上の者の状況4児童のいる世帯の状況515歳以上の者の就業の状況 II 各種世帯の所得等の状況 [128KB] 1年次別の所得の状況2所得の分布状況3世帯主の年齢階級別の所得の状況4児童のいる世帯の所得の状況5所得の種類別の状況6生活意識の状況 印刷用のPDF用ファイルのダウンロードはこちらから 大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課世帯統計

2015年4月10日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢期の就労意向を決めるもの

2015.4.6高齢期の就労意向を決めるもの第一生命経済研究所 ライフデザイン研究本部 研究開発室的場 康子<老後準備の一つとしての就労>国民年金(老齢基礎年金)の支給開始年齢は65歳であるが、2000年の年金制度改正により、老齢厚生年金についても、男性は2025年度以降、女性は2030年度以降、支給開始年齢が65歳となる。これに合わせて2025年度以降、原則希望者全員を65歳まで雇用することが高年齢者雇用安定法の改正により企業に義務付けられた。現在現役で働く世代は、このような制度の変化に対応し

2015年1月9日南都経済研究所★フィードバック数:0社会/政治

奈良県民調査です。

奈良県民の生活意識・行動等に関する調査

奈良県民の生活意識・行動等に関する調査

2015年1月9日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第60回)

「生活意識に関するアンケート調査」(第60回)

2014年10月29日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

家庭の生活実態及び生活意識に関する調査【平成22年1回限り】

家庭の生活実態及び生活意識に関する調査【平成22年1回限り】 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

2014年10月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第59回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第59回)の結果

2014年8月14日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

博報堂の調査です。

「ソロ男」クラスター分析

NEWS博報堂、“ソロ活動系男子(通称:ソロ男(だん))”の研究活動及び マーケティング活動支援を開始 2014年08月14日「単身・独身20~50代男性」の消費力や自由で自立したライフスタイルに着目、「ソロ活動系男子研究プロジェクト」を発足2014年8月14日 株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、自由で自立したライフスタイルを謳歌する単身・独身男性「ソロ活動系男子(通称:ソロ男)」の研究活動及び企業のマーケティング活動の支援を開始いたしました。「ソロ男」とは、独身20代~

価値観別消費実態調査 2014

2014年8月12日アビームコンサルティング株式会社 消費者の26%の価値観は他者追随派アビーム、日本国民の価値観分布、それぞれの生活意識・実態を調査~「価値観別消費実態調査 2014」~ アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 岩澤 俊典、東京都千代田区、以下アビームコンサルティング)は、消費者の深層心理にある価値観に着目し、価値観ごとの消費の意識と実態に関する調査「価値観別消費実態調査 2014」を実施しました。本調査は、日本全国の約3,000人を対象に、心理学に基づいて設計され

都道府県を7グループに分けています。

全国47都道府県メディア接触分析

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区 所長:三神正樹)は、全国47都道府県に住む生活者の主要6メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・PCネット・携帯ネット)に対する接触状況を分析する「全国47都道府県メディア接触分析」を実施しました。メディア接触時間量やメディア評価などの視点から生活意識・関心などを分析した結果、全国47都道府県の生活者のメディア接触は、①アイランドマス、②テレビ・ラジエリアン、③

2014年7月4日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第58回)

「生活意識に関するアンケート調査」(第58回)

2014年5月9日全労済協会★フィードバック数:0キャリアとスキル

社会生活についての調査です。

勤労者の生活意識と協同組合に関する報告書

勤労者の生活意識と協同組合に関する報告書

2014年4月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第57回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第57回)の結果

2014年3月9日朝日大学★★フィードバック数:0マーケティング

メディア接触についてのまとまったデータです。

2014.02 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2014基本データ編~

2014.02 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2014基本データ編~

2013年10月3日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第55回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第55回)の結果

2013年8月1日日本銀行フィードバック数:7社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第55回)の実施について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 「生活意識に関するアンケート調査」(第69回)の実施について2017年1月26日日本銀行情報サービス局日本銀行では、2月8日から3月6日にかけて、下記の要領で「生活意識に関するアンケート調査」(第69回)を行い、その結果を4月上旬に公表する予定です。この調査にご協力をお願いする方々は、法令に定められた手続きを経て、住民基本台帳を閲覧し、無作為に選ばせていただいております。今回の調査は、日本銀行の委託を受けた「株式会社日

2013年7月5日厚生労働省★★フィードバック数:13ライフスタイル

世帯とその所得の状況です。

平成24年 国民生活基礎調査の概況

平成24年 国民生活基礎調査の概況I 世帯数と世帯人員数の状況 [340KB] 1世帯構造及び世帯類型の状況265歳以上の者のいる世帯の状況365歳以上の者の状況4児童のいる世帯の状況515歳以上の者の就業の状況 II 各種世帯の所得等の状況 [154KB] 1年次別の所得の状況2所得の分布状況3世帯主の年齢階級別の所得の状況4所得の種類別の状況515歳以上の役員以外の雇用者の所得の状況6生活意識の状況 印刷用のPDF用ファイルのダウンロードはこちらから 大臣官房統計情報部人口動態・保健社

70代のデジタル機器、メディア利用、消費についての調査です。

70代のメディア接触と生活意識・消費行動に関する調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年7月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区 所長:吉田弘)は、東京の70代のメディア接触と生活意識・消費行動に関する調査を行いました。メディア接触についてはメディア環境研究所が行っているメディア定点調査2013(2013年6月10日発表)と同じ項目で調査を実施。70代はメディア接触に積極的で、マスメディアの接触時間が長く、PC・携帯などデジタルメディアも活用していることがわかりました。周囲から実年齢より若

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2012.02 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2012基本データ編~

メディア接触行動と生活意識・消費行動に関するマーケティングデータ~基礎データ編 2012年2月~朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2012年2月2日(木)~2月15日(水)■調査対象東京を中心とする半径70km圏に在住の10歳~69歳男女■抽出条件平成22年度国勢調査に基づき、性年代別に割付■有効回答2,191名属性男性女性10代119名112名20代167名141名30代236名210名40代227名208名50代179名179名60代199名214名1,

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0マーケティング

2013.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2013基本データ編~

2013.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2013基本データ編~

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:2マーケティング

2011.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2011基本データ編~

2011.03 メディア接触行動と生活意識・消費行動~2011基本データ編~

2012年10月2日日本銀行★フィードバック数:29社会/政治

日銀の定期生活意識調査です。

「生活意識に関するアンケート調査」(第51回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第51回)の結果

2012年7月6日厚生労働省★★フィードバック数:52ライフスタイル

世帯数や所得の状況などが含まれます。

平成23年国民生活基礎調査の概況

平成23年 国民生活基礎調査の概況I 世帯数と世帯人員数の状況 [378KB] 1世帯構造及び世帯類型の状況265歳以上の者のいる世帯の状況365歳以上の者の状況4児童のいる世帯の状況515歳以上の者の就業の状況 II 各種世帯の所得等の状況 [259KB] 1年次別の所得の状況2所得の分布状況3世帯主の年齢階級別の所得の状況4所得の種類別の状況515歳以上の役員以外の雇用者の所得の状況6生活意識の状況 印刷用のPDF用ファイルのダウンロードはこちらから 大臣官房統計情報部人口動態・保健社

2012年7月5日日本銀行★フィードバック数:16社会/政治

日銀による定期調査です。

「生活意識に関するアンケート調査」(第50回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第50回)の結果

2012年4月5日電通★フィードバック数:9製造業/エレクトロニクス

消費者の環境についての意識です。

電通グリーンコンシューマー調査 2012

2012年4月5日「電通グリーンコンシューマー調査 2012」を実施―震災を経て「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」への関心が急増―株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井直)は、消費者の環境問題についての意識を 調べるため、 「グリーンコンシューマー調査 2012」を実施いたしました。この調査は、首都圏 1 都 3 県で 15 才から 64 才の男女 1,000 人を対象に行いました。 当社は 2008 年より毎年この調査を実施し、 環境問題に対する消費者の意識変化やトレンドを 観測して

2012年4月4日日本銀行★フィードバック数:29社会/政治

日銀の四半期生活意識調査です。

生活意識に関するアンケート調査(第49回)

生活意識に関するアンケート調査(第49回)

2011年8月4日NTTアドフィードバック数:19社会/政治

東日本大震災による生活意識の変化に関する調査

東日本大震災による生活意識の変化に関する調査

2011年5月26日マイボイスコム★フィードバック数:1社会/政治

マイボイスコムによる震災後の消費者調査1です。

震災後1ヶ月・東日本大震災後の暮らしと生活意識に関する調査(企業の取組みやコミュニケーション編)

2011 年 4 月 25 日報道関係各位My Voice NEWS RELEASEマイボイスコム株式会社震災後1ヶ月・東日本大震災後の暮らしと生活意識に関する調査(企業の取組みやコミュニケーション編)震災1ヶ月後の現在、企業・メディアに期待すること■ 企業、メディアに発信してほしい情報メディア①「安全基準の数値」64.9% ②「復興支援の呼びかけ」64.0%企業①「支援への取組み」49.1% ②「商品の供給状態」44.9%■ 協力したい企業のキャンペーン1位 売上の一部を寄付する商品・サービス

2011年5月26日マイボイスコム★フィードバック数:2社会/政治

マイボイスコムによる震災後の消費者調査2です。

震災後1ヶ月・東日本大震災後の暮らしと生活意識に関する調査(夏の備えと生活意識の変化編)

2011 年 5 月 11 日報道関係各位My Voice NEWS RELEASEマイボイスコム株式会社この夏の節電・暑さ対策、冷房なしで窓開放も5割が覚悟!■■■■震災後1ヶ月・東日本大震災後の暮らしと生活意識に関する調査(夏の備えと生活意識の変化編)幸福感は下落するも、将来の生活、社会への安心感は維持されている関東だけでなく関西でも、今夏の節電意識が高まっているワークスタイルの変化を生活者の7割が望んでいるが、オフピーク通勤、クールビズ推進は全体の2割未満夏休み取得は例年並みが5割強。「例

2011年5月17日養命酒製造フィードバック数:0ライフスタイル

節目年齢と生活意識

養命酒製造株式会社『節目年齢(女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢)と生活意識に関する調査』を発表養命酒製造株式会社は、節目年齢(女性は7の倍数の年齢、男性は8の倍数の年齢)と生活意識に関するインターネットリサーチを実施しました。調査は2011年2月19日〜2月21日の3日間で行い、合計2,000名の有効回答を回収しました。「節目の変化」について(女性は7年前、男性は8年前と比較)◆「忍耐力アップ」女性 7の倍数「35歳」で4割弱 「42歳」では3割に減少◆「闘争心減退」男性 8の倍数「48歳」

2011年1月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

生活意識に関するアンケート調査

生活意識に関するアンケート調査

2010年10月5日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第43回)

「生活意識に関するアンケート調査」(第43回)

2010年4月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

生活意識に関するアンケート調査

生活意識に関するアンケート調査

2008年9月8日野村総合研究所★フィードバック数:18キャリアとスキル

NRIによる若者の生活/仕事に対する意識調査です。

若者の生活意識に関するアンケート調査

若者の生活意識に関するアンケート調査

2008年4月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

生活意識に関するアンケート調査

生活意識に関するアンケート調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ