調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 生活満足度

「生活満足度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月3日エイチームフィードバック数:0ライフスタイル

引越しをした人の「生活の満足度 」を徹底調査

口コミ件数21,155件 ・ 提携引越し業者数262社TV・ラジオCM放送中!引越し見積もりと料金の比較 引越し侍 10人中9人が現在の生活に満足している?!引越しをした人の「生活の満足度 」を徹底調査!2017/06/22公開 新年度が始まり約2ヶ月半が経過しました。進学・就職・転職・異動等により、環境の変化があった方も少しずつ慣れてきた頃ではないでしょうか。引越し侍では、この春に引越し一括見積もりサイトを利用して引越しをした2,297名を対象に、『現在の生活の満足度(以下、「生活の満足度」と

2016年2月8日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2015年の生活に満足できた人は全体の5割強。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱。男性20〜40代では他の年代より低い 昨年経費を節約した人は5割強で、2012年以降減少傾向。節約の理由は「将来の生活に備えて」「収入が少ない」が上位2位。過去調査と比べ「収入が少ない」「不況、景気後退」などが減少傾向 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目も、「食料品」「外食」「公共料金」「菓子・デザート類」など

2015年6月21日アジア成長研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジアへの視点2015年6月号(第26巻2号)

ISSN1GDP vs.112189-549X東アジアへの視点 2015 年 6 月号1 人当たり GDP vs.幸福度★-人々の生活の質をどう把握するべきか? -アジア成⻑研究所主任研究員新見陽子要旨国の豊かさや生活水準を測る尺度として,これまで主に 1 人当たり GDP などといった経済指標が使われてきた。しかし,近年,そのような指標のみでは人々の生活の質を把握するには不十分ではないかという問題意識を背景に,1 人当たり GDP に代わる指標の策定に取り組む動きが世界各国でみられる。本稿の目

2015年5月13日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

スキルと満足度の関係を見ています。

多様な正社員のスキルと生活満足度に関する実証分析

多様な正社員のスキルと生活満足度に関する実証分析 久米 功一(リクルートワークス研究所) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) /戸田 淳仁(リクルートワークス研究所) 概要業務内容や勤務地を限定された正社員(いわゆる限定正社員) の活用は、家庭生活との両立や非正社員から正社員への転換の足掛かりとして期待されている。本稿では、RIETIが行った「多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識に関する調査」(平成24年度)をもとに、正社員の多様な働き方、スキル、満足度の実態および関係を明らかに

2015年4月17日ユニ・チャーム★フィードバック数:0ライフスタイル

ユニ・チャームの調査です。

排泄トラブルに悩む方を対象に生活者実態調査

ニュースリリース2015年4月17日健康寿命延伸と排泄トラブルの密接な関係が実態調査で明らかにユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、一人ひとりの“生活者”の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、超高齢社会の重要テーマである「健康寿命延伸」を阻害する要因を調査するために、排泄トラブルに悩む方を対象に生活者実態調査を行いました。今回は、その調査結果の一部をご紹介いたします。※1 ユニ・チャーム調

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2014年の生活に満足したという人は全体の5割強で2013年とほぼ同程度。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱。男性20代が、他の年代より少ない 昨年経費を節約した人は6割弱で、2014年調査とほぼ同程度。節約の理由上位2位は「将来の生活に備えて」「収入が少ない」で、「税金などの負担」「不況、景気後退」「子供の教育費の確保」などが続く 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目も、「食料品」「外食」「

2014年6月8日日経BPフィードバック数:0ライフスタイル

夫婦分担、理想は夫43:妻57、現実27:73

生活・家事: 「互いに扶養に入らない共働き世帯」の妻に聞いた、夫との育児分担の理想は「夫43:妻57」。しかし、現実は「夫27:妻73」と大きくかけ離れているという結果に。 日経DUAL編集部はサイト創刊を記念し「子育て世代の意識調査」を行いました。 対象は「0~12歳の子どもがいる男女」と「第一子を妊娠中の女性とその夫」2000人。「生活満足度」「夫がやっている子育て」「収入」「貯蓄」などについて、インターネット調査会社マクロミルの協力を得て調査しました。 調査対象としたのは「互いに扶養に入ら

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2013年の生活に満足したという人は全体の6割弱で2013年調査より微増。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱。男性20代で、他の年代より少ない 昨年経費を節約した人は6割弱で、2012年調査、2013年調査より減少傾向。節約の理由上位2位は「収入が少ない」「将来の生活に備えて」。「不況、景気後退」は2013年調査から約7ポイント減少 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」「公共料金」など。今後節約を心がけたい項目も、「食料品

2013年11月28日マクロミルフィードバック数:0大型消費/投資

共働き子育て世帯の本音と実態

2013年11月28日生活満足度、入園前の子どもがいる共働き世帯※がもっとも高く ”保育園・幼稚園への送迎“をしている夫の割合、共働き世帯※では、専業主婦世帯の4.4倍 共働き※を続けていられる「支え」とは?1位は「パートナーの支え」で夫妻ともに65%、2位は「自分の頑張り」で夫妻の意識差が大きく、夫49%、妻60%株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、全国20~49歳の12歳以下のお子様をお持ちの既婚男女を対象に「共働き子育て世帯の本音と実態」意識調査を実施

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム ワーク・ライフ・バランス(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ現在の生活満足度は4割弱。7割弱の就労者のうち、仕事に意欲的な人は3割弱、プライベートに充実感を感じる人は4割。仕事に意欲的な人では、プライベートに充実感を感じている人が6〜7割を占める 『家事・育児・介護』『仕事』『プライベート』の優先度合いについて、現実は「プライベート優先」「仕事優先」「家事・育児・介護優先」が各1〜2割。理想は「プライベート優先」が2割強、「プライベートと、家事・育児・介護をどちらも優先」「プライベートと、仕事をどち

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2012年の生活に満足したという人は半数強で過去調査より高い比率。自分が幸せだと思う人は6割弱。東北居住者では幸せだと思わない人が他地域より多い 昨年経費を節約した人は6割弱で、2012年調査より減少し2011年とほぼ同水準。節約の理由上位2位は「収入が少ない」「将来の生活に備えて」。「不況、景気後退」「子供の教育費の確保」「生活環境の変化による支出増や収入減」なども多い 経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」「公共料金」な

2012年7月26日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム 就業意識(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ有職者のうち、現在の仕事に満足している人は半数強。正社員や経営者の方が、管理職以外の正社員、契約、派遣より満足度が高い。仕事に満足していない人は生活満足度も低い 働く上での重視点は「仕事の内容、種類」「通勤時間、勤務地」「給与水準」がトップ3。以下、「労働時間」「休暇日数、休みのとリやすさ」などが続く 仕事の満足点は「通勤時間、勤務地」「休暇日数、休みのとりやすさ」「労働時間」「仕事の内容、種類」の順。不満点は「給与水準」が最も多く、2位以

2012年1月31日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム くらしと節約(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2011年の生活に満足したという人は半数弱。過去調査より低い比率。自分が幸せだと思う人は6割弱で、2011年調査時にはない「まったくそう(幸せだと)思わない」が出現している 昨年経費を節約した人は7割弱で2011年調査時よりやや増加。節約の理由上位2位は「なんとなく経済的に不安」「将来の生活に備えて」で、「東日本大震災による、節約に対する意識の変化」が続く 経費を節約した/今後しようと思う項目の上位は「外食」「公共料金」「食料品」「衣料品」

労働時間に関するアンケート調査(妻調査)

「労働時間に関するアンケート調査(妻調査)」――妻からみた夫の労働時間――労働時間の問題を考え る際には、働く人自身や 雇用(使用)している企 業の視点がもとより重要であるが、それとと もに、長時間労働の問題 に対応するための「もう 一つ」の視点として、家庭生活の視点(ワーク ライフバランスの視点) も同様に重要である。こ のため JILPT では、夫の(長い)労働時間に ついてその健康面を含め 妻がどのように考えてい るのか、また、夫の労働時間の長さが妻自身 の就業面などの生活設計 や満足度に

2010年9月21日東北大学フィードバック数:3ライフスタイル

川島隆太教授が朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調査

川島隆太教授が朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調査  20代から60代のビジネスマン1000人(男性500人・女性500人)を対象に、朝ごはん習慣と幸せ度と生活満足度の関係を調べました。その結果、毎日しっかりとバランスの取れた朝ごはんを食べている人たちは、生活の充実度や自由時間の活用の満足度だけでなく、仕事や経済的な満足度も高いことが明らかになりました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ