「生活行動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年6月1日インテージ★フィードバック数:0モバイル

スマホを触るのは一日何回? 行動ログデータで見たスマホ利用実態

ホーム生活者を知るスマホの利用率はどのくらいまで伸びた?2016年度のスマホ利用実態 スマホの利用率はどのくらいまで伸びた?2016年度のスマホ利用実態 スマホの機能やサービスは年々拡張されて多くの人にとって生活に密着したものとなり、生活行動に影響しています。最近では毎日のように情報番組で“インスタ映え”するモノや場所の情報が流れ、インスタグラムに載せるために食事や遊びの計画を立てるといった行動も珍しくありません。これもスマホのサービスが人の行動を変えた例。一日にスマホを触る回数が増えた人も多

2015年10月15日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

各種行事に対するアジア人の意識/行動調査

NEWS博報堂行動デザイン研究所、 東京+アセアン5都市の生活行動比較調査を実施 Vol.2「各種行事に対するアジア人の意識/行動調査」 2015年10月15日欧米由来の行事(クリスマス、ハロウィン)の参加率が高い日本。 20代女性が行事を牽引。ハロウィンの参加率は約4割(20代女性/日本)博報堂行動デザイン研究所(所長:國田圭作)は博報堂生活総研アセアン(所長:帆刈吾郎)の協力の元、東京とアセアン5都市の生活行動比較調査を実施いたしました。本調査は日本(東京)の生活者とアセアン5ヶ国の主要都市

2015年9月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

若者はホントにスマホ依存?テレビ好きは健在?多様化する情報行動

若者はホントにスマホ依存? テレビ好きは健在?多様化する情報行動インサイトメモ №462015/08/26若者はホントにスマホ依存? テレビ好きは健在?多様化する情報行動◆若者たちがテレビやパソコンやスマホをどう使い分けているのか知りたい「今の若者がスマホで何をしているのかよく分からない」「若者はテレビを見ないでずっとゲームをやっているの?」最近、そんなことがよく騒がれて、ニュースに取り上げられたりしています。ソーシャルメディアや動画共有サービス、ソーシャルゲーム、キュレーションメディアなどの新

2013年9月5日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

テレビ×ビデオリサーチ テレビ視聴を“ライフステージ”で紐解く

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート Video Research Digest 2013.3「テレビメディアの新しい価値を開発する」という取り組みにおける、“ライフステージ”を切り口にした分析についてご紹介します。目次 1. 誰がその番組を見ているのか? テレビ番組の見られ方を探る際、「この番組って誰が見ているのだろう?」と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そして、「誰」は多くの場合、「性別・年齢」で表現されます

2013年8月8日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

60代の生活実態調査

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2013年8月8日夜更かしシニア増加中。消費の機会は夜にあり!~60代の生活実態調査~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山創一)は、生活者と社会をより広く深く洞察していくための取り組みをはじめています。今回は、現代のシニア層の生活実態の一端をご紹介します。シニア層の就寝時間は、10年前に比べ遅めにシフトしており、睡眠時間も減っている。当社のMCRのデータ(関東地区)で10年前

2013年5月1日NHK★フィードバック数:11マーケティング

特にネットを長時間利用する人にフォーカスしています。

20・30代はインターネットをどのように長時間利用しているのか

20・30代はインターネットをどのように長時間利用しているのか~「メディア利用の生活時間調査」から~インターネットを長時間使っている人は、生活の中でどのようにインターネットを利用しているのか。本レポートでは、2012年3月に実施した「メディア利用の生活時間調査」より、インターネット利用時間の長い20・30代のインターネットやマスメディア利用などの生活行動データを分析し、若年層がインターネットをどのように長時間利用しているのか特徴を明らかにする。20・30代のインターネット長時間利用者は、ある程度

2011年4月18日ドゥ・ハウスフィードバック数:2社会/政治

首都圏と近畿圏で比較した、「震災後に変化した生活行動」に関する調査結果

首都圏と近畿圏で比較した、「震災後に変化した生活行動」に関する調査結果 →震災後、首都圏では4割で外出が減る。自宅での時間を積極的に工夫し、巣ごもりの傾向にある→首都圏で6割、近畿圏で7割が「自粛はやめるべき」と回答  株式会社ドゥ・ハウス(港区: 代表:稲垣佳伸)は自社の運営するネットリサーチ『myアンケート』にて2011年4月に「震災後に変化した生活行動」についてアンケート調査を実施しました。3月11日の東日本大震災は多くの点で消費者の生活に変化をもたらし、今までの生活を見直す機会となって

2010年12月14日NTTアドフィードバック数:2ライフスタイル

第2回朝型生活に関する調査

報道関係者各位2010年12月13日(株)NTTアドNEWS RELEASE「朝活」ブーム、依然続く。女性30代の朝型生活者が約8割に急増し、ブームを牽引。投資家やイクメンを支援する、時差解消型サービスにもニーズの兆し。~NTTアド「第2回朝型生活に関する調査」実施~(株)NTTアド(東京都品川区、代表取締役社長:軸屋真司)は「朝型生活に関する調査」を実施いたしました。これは、2009年11月11日~12日に実施した第1回調査(2009年12月10日発表)に続く第2回として、2010年11月5日

2009年12月14日NTTアドフィードバック数:0ライフスタイル

朝型生活に関する調査

報道関係者各位2009年12月10日株式会社エヌ・ティ・ティ・アドNEWS RELEASE「朝活」がブームです。約6割が「最近、朝型生活に変わった」。朝型サービス市場は、女性主導で、飲食・健康維持・自己研鑽の分野が有望。女性20代の朝型コミュニティへの参加意向にも注目。~NTTアド「朝型生活に関する調査」実施~株式会社エヌ・ティ・ティ・アド(以下「NTTアド」 東京都品川区、代表取締役社長:中山哲夫)は、「朝型生活に関する調査」を実施しました。以前から、サマータイム導入や英会話の早朝レッスンなど

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ