調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 生物多様性

「生物多様性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月18日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度トウモロコシ生育等実態調査

「平成26年度トウモロコシ生育等実態調査」の結果について農林水産省は、遺伝子組換えトウモロコシの生物多様性への影響評価に活用する情報の充実を図るため、平成25年度から、輸入された飼料用トウモロコシの管理実態や、搬送経路におけるこぼれ落ちの状況等を調査しています。平成26年度は、港湾部7港及び搬送経路3経路において、トウモロコシ子実のこぼれ落ち及び個体の生育の状況を調査しました。その結果、子実のこぼれ落ちは全ての地域において確認されましたが、生育した個体はいずれの地域においても確認されませんでした

国土交通省国土技術政策総合研究所 緑化生態研究室報告書 第29集

国土交通省国土技術政策総合研究所緑化生態研究室報告書 第29集 平成25 年度に緑化生態研究室が実施した、以下のテーマに基づく研究の成果報告である。・地球温暖化対策に関する研究・樹木の管理と更新に関する研究・生物多様性の確保に関する研究・良好な景観の形成に関する研究・公共空間の分析と計画に関する研究

2014年9月23日内閣府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

内閣府による世論調査です。

環境問題に関する世論調査

環境問題に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.自然に対する関心 2.エコツーリズム(1) エコツーリズムの言葉の認識度(2) エコツアーへの参加状況(3) 参加したいエコツアーの種類(4) 子どもに参加させたいエコツアーの種類(

2014年5月25日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

湿地や干潟の価値を算定しています。

湿地が有する経済的な価値の評価結果

湿地が有する経済的な価値の評価結果について 環境省では、平成25年度に国内の湿地のうち湿原及び干潟が有する経済的な価値を評価しましたので、その結果についてお知らせします。 ・2010年に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で、TEEB(生態系と生物多様性の経済学)の最終報告書が公表されるなど、生物多様性や生態系サービスの価値を経済的に評価することの重要性が注目されている。・様々な主体が生物多様性及び生態系サービスの価値を認識し、その保全や利用に際して適切な意思

2014年5月25日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アンケート調査による生物多様性の経済的価値の評価(CVM)の結果について

アンケート調査による生物多様性の経済的価値の評価(CVM)の結果について環境省では、過去に失われた干潟を再生することの経済的な価値、ツシマヤマネコの生息数を回復させることの経済的な価値について、アンケート調査による評価(CVM)を、平成25年度に実施しましたので、その結果についてお知らせします。 ・2010年に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で、TEEB(生態系と生物多様性の経済学)の最終報告書が公表されるなど、生物多様性や生態系サービスの価値を経済的に評

2013年6月30日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

図で見る環境・循環型社会・生物多様性白書

目次平成24年度 環境の状況平成24年度 循環型社会の形成の状況平成24年度 生物の多様性の状況第1部 総合的な施策等に関する報告 第1章 東日本大震災からの復興の先に目指す豊かな地域社会の実現に向けて 第1節 放射性物質に汚染された地域の復興に向けた取組1 東京電力福島第一原子力発電所事故による影響2 事故前の環境を取り戻し、前に進んでいくための取組3 放射線の中長期的な健康影響に対する不安と向き合う取組第2節 災害廃棄物を処理するための取組1 東日本大震災により生じた災害廃棄物の処理2 事故

2013年6月30日環境省★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

「環境白書」です。

平成25年版環境・循環型社会・生物多様性白書

目次刊行に当たってはしがき平成24年度 環境の状況平成24年度 循環型社会の形成の状況平成24年度 生物の多様性の状況第1部 総合的な施策等に関する報告 はじめに 第1章 東日本大震災からの復興の先に目指す豊かな地域社会の実現に向けて第1節 放射性物質に汚染された地域の復興に向けた取組1 東京電力福島第一原子力発電所事故による影響2 事故前の環境を取り戻し、前に進んでいくための取組3 放射線の中長期的な健康影響に対する不安と向き合う取組第2節 災害廃棄物を処理するための取組1 東日本大震災により

2013年6月25日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

川の生き物が語る水質

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 川の生き物が語る水質全国水生生物調査から 環境省と国土交通省では、一般市民の参加を得て、川にすむ生き物を採集し、その種類を調べることで、水質を判定する調査(全国水生生物調査)を昭和59年度から実施しており、先ごろ、平成24年度の調査結果が公表されたこの調査では、サワガニやアメリカザリガニなどの指標生物を定め、その生物の生息が確認された地点の水質を、水質指標Ⅰ(きれいな水)などの4段階で判定している。こ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ