「生産予測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年5月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年8月分】 (平成28年10月17日発表) 製造工業稼働率指数は、98.7で前月比2.6%の上昇であった。製造工業生産能力指数は、94.4で前月比0.0%の横ばいであった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 生産能力・稼働率指数(冊子)生産能力・稼働率指数の時系列表、業種別指数生産・出荷・在庫・在庫率指数確報(冊子)生産・出荷・在庫・在庫率指数の時系列表、業種別指数、財別指数鉱

2015年6月24日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

豪州の穀物生産、ソルガム、大麦は増加する一方、小麦は減少の見通し

豪州農業資源経済科学局(ABARES)は6月10日、最新の穀物生産見通しを発表した。 夏作物の2014/15年度の生産見込み、ソルガムは大幅に増加  ABARESは、夏作物(10月〜翌1月にかけては種、3〜4月にかけて収穫)について、2014/15年度(7月〜翌6月)の生産見込みを発表した(表1)。これによると、2014/15年度の夏作物全体の生産量は、375万3000トン(前年度比3.6%減)と、綿実や米の生産量の減少を反映し、前年をやや下回っている。しかしながら、夏作物生産量全体の4割以上を

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造工業生産能力・稼働率指数 (平成27年4月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年10月分速報】 (平成28年11月30日発表) 生産は緩やかな持ち直しの動き今月は、生産、出荷は上昇、在庫、在庫率は低下であった。製造工業生産予測調査によると、11月は上昇、12月は低下を予測している。総じてみれば、生産は緩やかな持ち直しの動きがみられる。 生産生産は、前月比0.1%の上昇。上昇業種電子部品・デバイス工業、金属製品工業、輸送機械工業等低下業種はん用・生産用・業務用機械工業、電気機械工業、化

2015年6月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年4月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年9月分】 (平成28年11月14日発表) 製造工業稼働率指数は、96.7で前月比-2.0%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.5で前月比0.1%の上昇であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

鉱工業生産15年4月~在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に

鉱工業生産15年4月~在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年4月~在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・4月の生産は3ヵ月ぶりの増加も、基調は弱い・在庫調整の遅れから生産の回復は足踏み状態に経済産業省が5月29日に公表した鉱工業指数によると、15年4月の鉱工業生産指数は前月比1.0%と3ヵ月ぶりに上昇したが、2月(前月比▲3.1%)、3月(同▲0.8%)の落ち込みを考えると戻りは弱く、均してみれば横這い圏

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造工業生産能力・稼働率指数 (平成27年3月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年7月分速報】 (平成28年8月31日発表) 生産は一進一退だが、一部に持ち直し今月は、生産は横ばい、出荷、在庫率は上昇、在庫は低下であった。製造工業生産予測調査によると、8月は上昇、9月は低下を予測している。総じてみれば、生産は一進一退で推移しているが、一部に持ち直しがみられる。 生産生産は、前月比0.0%の横ばい。上昇業種輸送機械工業、電子部品・デバイス工業、電気機械工業等低下業種化学工業(除.医薬品)

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年3月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年1月分】 (平成29年3月15日発表) 製造工業稼働率指数は、101.7で前月比0.1%の上昇であった。製造工業生産能力指数は、94.4で前月比-0.1%の低下であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、コーヒー・茶系飲料、航空機用機体部品(プロペラ・回転翼を含む)等による。生産能

2015年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成27年2月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年11月分】 (平成29年1月17日発表) 製造工業稼働率指数は、101.0で前月比3.0%の上昇であった。製造工業生産能力指数は、94.5で前月比0.0%の横ばいであった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産は変わらず、出荷は上方修正、在庫、在庫率は下方修正生産能力・稼働率指数(概要冊子) 生産能力・稼働率指数の時系列表、業種別指数生産・出荷・在庫・

2015年3月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年2月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年12月分】 (平成29年2月14日発表) 製造工業稼働率指数は、101.6で前月比0.6%の上昇であった。製造工業生産能力指数は、94.5で前月比0.0%の横ばいであった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、在庫、在庫率は上方修正、出荷は下方修正であった。生産の上方修正は、航空機用発動部品、コーヒー・茶系飲料等による。生産能力・稼働率指数(概要冊子

2015年3月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成27年1月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成27年12月分速報】(平成28年1月29日発表) - 生産は一進一退 -今月は、生産、出荷は低下、在庫、在庫率は上昇であった。製造工業生産予測調査によると、1月は上昇、2月は低下を予測している。総じてみれば、生産は一進一退で推移している。注:▲はマイナスを示す。生産生産は、前月比▲1.4%の低下。低下業種はん用・生産用・業務用機械工業、電子部品・デバイス工業、輸送機械工業等上昇業種窯業・土石製品工業、情報通信

2015年3月3日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (2015年1月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年4月分】 (平成28年6月14日発表) 製造工業稼働率指数は、96.5で前月比▲1.0%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.6で前月比▲0.2%の低下であった。製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 注:▲はマイナスを示す。 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2015年2月18日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成26年12月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年11月分速報】 (平成28年12月28日発表) 生産は持ち直しの動き今月は、生産、出荷は上昇、在庫、在庫率は低下であった。製造工業生産予測調査によると、12月、1月ともに上昇を予測している。総じてみれば、生産は持ち直しの動きがみられる。 生産生産は、前月比1.5%の上昇。上昇業種はん用・生産用・業務用機械工業、輸送機械工業、電気機械工業等低下業種窯業・土石製品工業、プラスチック製品工業、パルプ・紙・紙加工

2015年2月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成26年12月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年1月分】 (平成29年3月15日発表) 製造工業稼働率指数は、101.7で前月比0.1%の上昇であった。製造工業生産能力指数は、94.4で前月比-0.1%の低下であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、コーヒー・茶系飲料、航空機用機体部品(プロペラ・回転翼を含む)等による。生産能

2015年1月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成26年11月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年4月分】 (平成28年6月14日発表) 製造工業稼働率指数は、96.5で前月比▲1.0%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.6で前月比▲0.2%の低下であった。製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 注:▲はマイナスを示す。 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年12月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成26年11月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成27年12月分速報】(平成28年1月29日発表) - 生産は一進一退 -今月は、生産、出荷は低下、在庫、在庫率は上昇であった。製造工業生産予測調査によると、1月は上昇、2月は低下を予測している。総じてみれば、生産は一進一退で推移している。注:▲はマイナスを示す。生産生産は、前月比▲1.4%の低下。低下業種はん用・生産用・業務用機械工業、電子部品・デバイス工業、輸送機械工業等上昇業種窯業・土石製品工業、情報通信

2014年12月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成26年10月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年10月分速報】 (平成28年11月30日発表) 生産は緩やかな持ち直しの動き今月は、生産、出荷は上昇、在庫、在庫率は低下であった。製造工業生産予測調査によると、11月は上昇、12月は低下を予測している。総じてみれば、生産は緩やかな持ち直しの動きがみられる。 生産生産は、前月比0.1%の上昇。上昇業種電子部品・デバイス工業、金属製品工業、輸送機械工業等低下業種はん用・生産用・業務用機械工業、電気機械工業、化

鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向

鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年4月~4-6月期の減産は確実、注目は在庫動向 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・4月の生産は市場予想を上回る減産幅に・注目される在庫動向経済産業省が5月30日に公表した鉱工業指数によると、14年4月の鉱工業生産指数は前月比▲2.5%と2ヵ月ぶりの低下となり、事前の市場予想(QUICK集計:前月比▲2.0%、当社予想も同▲2.0%)を下回る結果となった。出荷指数は前月比▲5.0%と3ヵ月連続

2014年4月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第7回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は4月10日、2013/14年度(10月〜翌9月)第7回目となる主要穀物の作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7546万トン(前年度比7.4%減)、大豆は8608万トン(同5.6%増)となり、共に前回報告(3月)よりわずかに上方修正された。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比7.4%減の7546万トンの見込み  第1期作のトウモロコシの作付面積は、663万ヘクタール(前年同期比2.3%減)と推計されており、減少要因と

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月鉱工業生産駆け込み需要に備えた高い伸びだが、3月には減速見込み ◆2014年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。今回の結果は市場コンセンサス(同+2.8%)を上回る非常に高い伸びであり、生産の増加基調を確認させる内容であった。◆1月の生産を業種別に見ると、全15業種中、11業種が前月から上昇しており、幅広い業種で生産が増加した。なかでも、前月時点の製造工業生産予測調査で高

2013年12月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第3回)(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は12月10日、2013/14年度(10月〜翌9月)第3回目となる主要穀物作付状況調査報告を発表した。CONABによると、トウモロコシ生産量は7878万トン(前年度比2.7%減)、大豆は9003万トン(同10.5%増)と、それぞれ前回(11月)並みの生産予測となった。 トウモロコシ:第1期作の作付面積は前年度比5.9%減  第1期作トウモロコシの作付面積は、642万ヘクタール(同5.9%減)を見込んでおり、減少要因として、大豆の国際相場が堅調に推移する一方、

鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか

鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年6月 ~輸出の伸び悩みを背景に生産の回復ペースは依然緩やか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・市場予想を大きく下回る大幅な低下・輸出の下振れがリスク要因経済産業省が7月30日に公表した鉱工業指数によると、13年6月の鉱工業生産指数は前月比▲3.3%と5ヵ月ぶりの低下となり、事前の市場予想(QUICK集計:前月比▲1.5%、当社予想は同▲2.6%)を大きく下回った。6月が大きな

2013年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月鉱工業生産総じて堅調、生産の持ち直し続く ◆2013年5月の生産指数は、前月比+2.0%と4ヶ月連続の上昇となり、市場コンセンサス(同+0.2%)を大きく上回った。生産は持ち直しが続いている。出荷指数は前月比+0.8%と3ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同▲0.3%と2ヶ月ぶりに低下したことから、在庫率指数は同▲2.1%と2ヶ月連続の低下(改善)となった。◆製造工業生産予測調査によると、2013年

鉱工業生産13年1月~景気の底打ちを再確認

鉱工業生産13年1月~景気の底打ちを再確認 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年1月~景気の底打ちを再確認 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・生産は2ヵ月連続の上昇・1-3月期は4四半期ぶりの増産が確実に経済産業省が2月28日に公表した鉱工業指数によると、13年1月の鉱工業生産指数は前月比1.0%と2ヵ月連続の上昇となったが、先月時点の予測指数の伸び(前月比2.6%)、事前の市場予想(QUICK集計:前月比1.5%、当社予想は同0.9%)は下回った。出荷指数は前月比0.1%と2ヵ月連続

2012年6月14日経済産業省フィードバック数:93製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報(4月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成28年10月分速報】 (平成28年11月30日発表) 生産は緩やかな持ち直しの動き今月は、生産、出荷は上昇、在庫、在庫率は低下であった。製造工業生産予測調査によると、11月は上昇、12月は低下を予測している。総じてみれば、生産は緩やかな持ち直しの動きがみられる。 生産生産は、前月比0.1%の上昇。上昇業種電子部品・デバイス工業、金属製品工業、輸送機械工業等低下業種はん用・生産用・業務用機械工業、電気機械工業、化

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ