「生産地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第6回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は3月10日、2014/15年度(10月〜翌9月)第6回目となる主要穀物の生産状況等調査結果を発表した。当該調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作トウモロコシなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作トウモロコシ、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月発表するものである。これによると、2014/15年度の主要穀物の作付面積は、5739万ヘクタール(前年度比0.6%増)と見込まれている。このうち、大豆は、3133万4900ヘクタール(同3.9%増)と増加が予測さ

2014年11月23日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度主要穀物の生産状況等調査結果(第2回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は11月11日、2014/15年度(10月〜翌9月)第2回目となる主要穀物の生産状況等調査報告を発表した。当該調査は、春植えの夏期作物(大豆、第1期作トウモロコシなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作トウモロコシ、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月発表するものである。これによると、2014/15年度の主要穀物の作付面積は、5667万〜5816万ヘクタールの範囲(前年度比0.5%減〜2.1%増)での推移が見込まれている。このうち、大豆の作付面積は、3087

2014年10月30日楽天リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

11月20日解禁のボジョレ・ヌーボーについての調査です。

ボジョレ・ヌーボーに関する調査

インターネットリサーチ・市場調査の【楽天リサーチ】。ネットリサーチからリアルリサーチまで様々な調査が可能。楽天グループ関連 補助メニュー主なカテゴリー 現在地楽天リサーチ トップ > 自主調査レポート > ボジョレ・ヌーボーに関する調査 2014年10月30日『ボジョレ・ヌーボー、約5割が「生産地」、8割以上が今年の「解禁日」を知らず自宅で飲むのが人気。一人で自宅飲みを楽しむ人は、男性50代が多い』ボジョレ・ヌーボーに関する調査 楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学

2014年3月11日愛知県★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税もテーマになっています。

消費生活と消費者行政に関するアンケート調査

消費生活と消費者行政に関するアンケート調査を実施しました 消費生活と消費者行政に関するアンケート調査を実施しました 経済社会のグローバル化や高度情報化、高齢化の進展など、近年、消費者をとりまく環境が大きく変化しています。その中で、高齢者が巻き込まれる消費者トラブルの増加や、食の安全・安心に関わる問題の発生など、様々な問題も生じています。 こうした状況を踏まえ、消費生活と消費者行政に関する消費者の意識や意見等を把握し、今後の消費者行政推進の基礎資料とするため、アンケート調査を実施しましたので、その

2013年9月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2013/14年度の冬作物生産見通し、引き続き前年度比増(豪州)

冬作物生産量は西オーストラリア州などで前年度比増の見通し  豪州農業資源経済科学局(ABARES)は9月10日、2013/14年度(7月〜翌6月)の冬作物および夏作物の生産見通しを発表した。これによると、冬作物の主要作物である小麦が2446万7000トン(同10.8%増)、大麦が767万3000トン(同13.5%増)と、高温乾燥により減産となった前年度から、いずれも増加見通しとなっている(表1)。州別の冬作物生産量の見通しでは、最大の生産州である西オーストラリア州のほか、南オーストラリア(SA)

2012年10月16日ドリームエリア★フィードバック数:2ライフスタイル

保護者を対象とした調査です。

『食の安心安全について』のアンケート

無料モバイル緊急連絡網『まちcomiメール』が、小学生の保護者を中心に実施している、『まちcomiリサーチ』の結果をご報告いたします。 ドリームエリア株式会社は、無料モバイル緊急連絡網『まちcomiメール』を利用している保護者の方々を対象に、 『食の安心安全について』のアンケートを実施いたしました。モバイルサイト上のアンケートフォームにて回答 『まちcomiメール』に登録されている主に子どもの保護者 「まちcomiメール」を利用している保護者917,263名を対象に、「食の安心安全について」

2008年9月8日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

「牛乳好き」は8割以上、毎日摂取は3割~購入時の決め手は7割弱が「価格」

ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。「牛乳好き」は8割以上、毎日摂取は3割~購入時の決め手は7割弱が「価格」「牛乳が好きか」の問いに対して、「好き」と回答したのは全体の81.5%。性別・年代別に比較すると、「好き」が8割を超えたのは男性(84.6%)と30代(82.4%)、40代(80.2%)。女性と20代については「嫌い」が2割を超えたが、全体的には「牛乳好き」が圧倒的に多いと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ