「生産年齢」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月2日NTTデータ経営研究所フィードバック数:0社会/政治

急低下する生産年齢人口比率をどうみるか~~3~4年後には戦後すぐと同じ水準に

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域経済の持続可能性について考える(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地域経済の持続可能性について考える①人口減少がもたらす地域経済の諸課題 ◆直近の総務省の人口推計によると、日本の生産年齢人口の減少は3年連続で110万人を超え、特に地方の減少率が大きい。◆今後も各地で生産年齢人口の減少が継続するとともに、生産年齢人口の平均年齢の上昇も見込まれることから、地方経済は供給サイドから厳しい状況にあるとみられる。◆急速な少子高齢化は、地域住民への行政サービスを行う自治体の財政

2015年5月8日NTTデータ経営研究所フィードバック数:0社会/政治

なぜ人口は首都圏に集まるのか~~東京一極集中論の虚実

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2015年5月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方創生の成否を左右する2020年までの5年間

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方創生の成否を左右する2020年までの5年間 昨年11月の地方創生関連2法の成立(同年12月2日施行)以降、「まち・ひと・しごと創生本部」が中心となって、政府による地方創生の政策が着実に実行に移されている。さらに、今年度に入って、国の長期ビジョン、総合戦略に基づき、政府の支援の下、各地方公共団体の地方人口ビジョンおよび地方版総合戦略の策定への取り組みが本格化している。さらに、政府の支援の目玉でもある

2015年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ経済、2020年までは楽観できない

リサーチ TODAY2015 年 1 月 28 日タイ経済、2020年までは楽観できない常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創タイは、2000年代以降強固な基盤をもつタクシン政権によって急速な成長を遂げたが、2006年にタクシン氏が失脚したあと、政治的混乱が続いている。みずほ総合研究所は、タイ経済の中期展望に関するリポートを発表している1。タイは日本企業にとってASEAN最大の進出先であり、最重要地域であるが、2020年までを展望すると、成長率の鈍化と政権の不安定さが続くと考えられる。200

2014年6月6日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治

生産年齢人口と金融政策

黒田総裁が指摘する経済の需給ギャップ縮小は、需要拡大の他に供給側の制約が強まることでも起きうる。日本では現在、団塊の世代が65歳前後に達しており、そうした人口要因が労働市場に影響を与えている可能性がある。需給ギャップがほぼ均衡した要因は何か 日銀の追加緩和を巡って、市場の思惑が錯綜している。そうしたなか、黒田日銀総裁は4月8日の記者会見で「追加緩和については、現時点では考えていません」と述べたことから追加緩和への市場の期待が後退し、一時大きく円高・株安が進んだ。 会見の内容を見ると、黒田総裁が追

2014年5月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

人口減でも雇用者が減らない理由 ~年金と雇用の悪循環をどう断ち切るか~

Economic Trends経済関連レポート人口減でも雇用者が減らない理由発表日:2014年5月27日(火)~ 年金と雇用の悪循環をどう断ち切るか~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)生産年齢人口が 1995 年にピークアウトして減少しているのに、雇用者数はまだ増加基調を維持している。背景には、①生産年齢人口の範囲外の 65 歳以上の雇用者数の増加と、②55~64 歳の雇用者数の増加がある。年金支給開始年齢の引き上げとともに、シニア層は昔よりも長く働き続

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ