「生産比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月29日みずほ総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業についてのレポートです。

製造業の国内回帰シリーズ(1)~円安によって国内回帰は進むか?~

みずほインサイト日本経済2015 年 6 月 29 日製造業の国内回帰シリーズ①みずほ総合研究所調査本部円安によって国内回帰は進むか?経済調査部03-3591-1298○ 2015年入り後から国内回帰の事例が増加している。家電や自動車、電子部品などの分野で、国内への生産移管や国産部品の調達増などの動きが出ている○ 生産コストを国際比較すると、人件費は依然新興国との間に大きな開きがある。一方、中間投入コストまで含めると、新興国とのコスト差は円安によってある程度縮小した模様である○ ただし、立地拠点

2015年2月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

円安でも日本の自動車の輸出が回復しにくいのはなぜ

リサーチリTTODAY2015 年 2 月 19 日円安ででも日本本の自自動車のの輸出出が回復復しにくくいのははなぜぜ常務執行行役員 チーフエコチコノミスト 高田 創足元の日日本は円安のの環境下、漸漸く輸出が上 向きつつあるるが、自動車車の輸出は低低調な推移がが続いているる。過去の円安安局面と比べべると、景気がが悪化するロロシア向けと、メキシコへへの生産移転転が進んだ米米国向けが、大幅な減少少になったこととが原因だ。みずほ総合合研究所は、日本の自動車輸出が円 安でも進まなないことに関関外生産シフ

シェールガスもそのひとつです。

非在来型ガス開発の現況とエネルギー分野に及ぼす影響

JOGMECK Y M C一般財団法人 エネルギー総合工学研究所坂本 茂樹アナリシス非在来型ガス開発の現況とエネルギー分野に及ぼす影響はじめに 非在来ガスの開発が今後の世界のガス供給に大きな影響を及ぼすと考えられる。思い起こせば、2 0 0 8 年の LNG 輸入量が半減していたことを契機に、米国社会はシェールガス生産急増の実態に気づき、それは世界に大きな衝撃を与えた。その後、米国市場の天然ガス価格が低く原油価格が高いことから、採算性のよい原油・液分の生産に注目が集まり、シェール層からの炭化水素

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ