「生産者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国の統計手法の課題と今後の銅の需給見通し

中国の統計手法の課題と今後の銅の需給見通し―2015年春季国際銅研究会(ICSG)統計委員会参加報告―  2015年4月23日と24 日の2日間にわたって、リスボンにて国際銅研究会(ICSG)*の春季定期会合が開催された。参加者は、ICSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約70名。会議開催時には、ドル高原油安等の影響で下落するコモディティ価格にもれなく、銅価格も下落を続けていたことから、23日の第88回環境経済委員会及び第43回統計委員会においては銅価格の今後の動向と中国需要の行方が議論され

2015年5月29日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

NZ最大手乳業フォンテラ、今年度の生産者乳価引き下げと新年度の生産者乳価を発表

ニュージーランド(NZ)最大手の酪農協系乳業メーカーであるフォンテラは5月28日、2014/15年度(6月〜翌5月)の生産者乳価の支払見込みについて、乳固形分1キログラム当たり4.5NZドル(410円:1NZドル=91円)から4.4NZドル(400円)に引き下げることを発表した(図1)。4月に続いて2ヶ月連続、今年度5度目の引き下げとなる。今回の引き下げについて、同社は「乳製品の国際価格が見込まれたほど上昇していないこと」を理由とし、「1年から1年半前の乳製品価格の上昇に合わせて、主要な輸出国を

2015年5月17日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

同じ野菜メニューでも種類や購入場所が違えば食卓での役割が異なってくる|事実新聞 (vol.60:特集面)

同じ野菜メニューでも種類や購入場所が違えば食卓での役割が異なってくる|事実新聞 (vol.60:特集面)同じ野菜メニューでも種類や購入場所が違えば食卓での役割が異なってくる|事実新聞 (vol.60:特集面) 事実新聞とは 生活者の購買現場をじっくりと観察、店頭で起きていることを「事実」データとしてクイックにお届けし、メーカーをはじめとする企業のマーケティング活動をサポートする情報誌です。当ブログでは誌面のコーナーごとに抜粋して紹介します。新聞紙面は以下より閲覧・ダウンロードができます。家庭の

2015年5月13日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2015年3月のフィードロット飼養頭数、引き続き高水準で推移(豪州)

豪州フィードロット協会(ALFA)は5月7日、豪州食肉家畜生産者事業団(MLA)と共同で、全国フィードロット飼養頭数調査の結果(2015年1〜3月期)を公表した。これによると、2015年3月のフィードロット飼養頭数は95万9141頭(前年同期比9.8%増、前回調査比0.6%減)となった。前回調査が行われた2014年12月時点と比べると減少しているものの、引き続き、高水準の飼養頭数となっている。また、フィードロット稼働率(収容能力に対する飼養頭数の割合)についても、前回調査と変わらず84%と、高水

2015年4月24日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

家庭の野菜事情

同じ野菜メニューでも種類や購入場所が違えば 食卓での役割が異なってくる ~事実新聞60号に「家庭の野菜事情」を掲載~ 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は全国の20歳以上の女性に「家庭の野菜事情」に関するWEBアンケートを実施し、1,243名から回答を得ました。一口に野菜といっても、カット野菜や冷凍野菜、産地や農法にこだわった野菜等、幅広い種類の野菜が販売されています。今回、「生産者が特定できる野菜」「オーガニック野菜」「カット野菜」「冷凍野菜」の4つの種類の野菜に注

2014年11月2日愛知県フィードバック数:0ライフスタイル

食と緑のレポート’14

「食と緑のレポート’14」 本県では、「食と緑が支える県民の豊かな暮らしづくり条例」(平成16年4月施行)に基づいて、平成23年5月に「食と緑の基本計画2015」を策定し、平成27年度(2015年度)を目標年度として様々な施策に取り組んでいます。  このたび、平成25年度の取組事例を中心に取りまとめた「食と緑のレポート’14」を作成しましたのでお知らせします。食と緑のレポート(2014年版)(A4カラー・P40表紙裏表紙含)1 レポートの主な内容(1)重点的取組について基本計画の施策体系のもとで

2014年7月30日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

NZ最大手乳業、生産者乳価の引き下げを発表

ニュージーランド最大手の酪農協系乳業メーカーであるフォンテラ社は7月29日、2014/15年度(6月〜翌5月)の生産者乳価の支払見込みを、乳固形分1キログラム当たり7NZドル(637円:1NZドル=91円)から6NZドル(546円)に引き下げることを発表した。2014/15年度の生産者乳価は、5月末に発表されたばかりであり、わずか2カ月で引き下げることとなった。同社は、生産者乳価引き下げについて、乳製品国際価格の下落を要因としている。その背景については、供給面として、2013/14年度の同社の集

野菜の購入と廃棄に関する意識調査

<8月31日(土)は“野菜の日”>【ベルグリーンワイズ調べ】...| TOP > プレスリリース一覧 > <8月31日(土)は“野菜の日”> 【ベルグリーンワイズ調べ】野菜の購入と廃棄に関す...<8月31日(土)は“野菜の日”> 【ベルグリーンワイズ調べ】野菜の購入と廃棄に関する意識調査今、青果売り場では「旬」より「価格」と「鮮度」優先が9割超!~業務用オーラパック「ブロッコリー用サンプルキット」 無料キャンペーン実施中~ 青果物を高レベルで鮮度維持する高鮮度保持袋「オーラパック」の生産

2013年5月29日大和総研フィードバック数:4ライフスタイル

農業所得向上を後押しする異業種連携への期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 経済・ビジネストピックス 農業所得向上を後押しする異業種連携への期待 2013年5月29日コンサルティング・ソリューション第一部 コンサルタント 渡邉 愛5月17日、安倍首相は成長戦略第二弾の柱として「攻めの農業」の実現を打ち出した。「今後10年間で農業・農村所得を倍増させる」「現在約4,500億円の農林水産物・食品の輸出額を2020年に1兆円規模にする」といった高い数値

2013年3月8日オイシックスフィードバック数:1ライフスタイル

優良生産者158人 日本の農業の競争力に関するアンケート

優良生産者158人 日本の農業の競争力に関するアンケート

2009年9月7日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

もったいない!規格外野菜「購入意向あり」9割半~野菜をまったく食べない人も半数以上が「流通に賛成」

規格外野菜に関する意識調査 もったいない!規格外野菜「購入意向あり」9割半~野菜をまったく食べない人も半数以上が「流通に賛成」現在、天候不良による不作のため野菜の高値が続いている。そんな中、品質や味に問題はないが、形がいびつ・不揃いなどの理由で通常は出荷されない「規格外野菜」に注目が集まっている。このような規格外野菜について消費者はどう考えているのだろうか。ネットユーザーに意識調査を行い、20代から40代の男女538名の回答を集計した。スーパーなどで野菜を購入する際、回答者が最も重視するもののト

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ