「生産計画」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

鉱工業生産15年5月~内外需の不振から生産は足踏み状態に

鉱工業生産15年5月~内外需の不振から生産は足踏み状態に | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年5月~内外需の不振から生産は足踏み状態に 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5月の生産は前月比▲2.2%の大幅低下・内外需の不振から生産は足踏み状態に経済産業省が6月29日に公表した鉱工業指数によると、15年5月の鉱工業生産指数

2015年3月12日JDA Softwareフィードバック数:0企業情報システム

JDA Vision 2015 Supply Chain Market Study

企業のサプライチェーンの最優先課題は「S&OP実現による最適な需給調整」 JDAの最新調査「JDA Vision」で現在のサプライチェーンへの取り組み動向が明らかに* 本プレスリリースは、2015年2月24日発表の米国発プレスリリースを再編しました。JDAがグローバルに実施した最新の調査結果によると、メーカーや小売企業は自社のグローバルサプライチェーンが非常に複雑化していると認識しているにもかかわらず、多くは依然として旧式のツールや効果がないプロセスでその複雑なバリューチェーン全体を管理してい

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年1月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年2月27日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。ヘッドラインが市場コンセンサス(同+2.7%)を上回る高い伸びとなったことに加えて、内訳を見ても幅広い業種で生産が増加するポジティブな内容であった。生産指数の3ヶ月移動平均値は前月比+1.4%と5ヶ月連続の上昇、上昇幅は前月から拡大しており、20

鉱工業生産15年1月~輸出の持ち直しを反映し幅広い業種で回復

鉱工業生産15年1月~輸出の持ち直しを反映し幅広い業種で回復 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年1月~輸出の持ち直しを反映し幅広い業種で回復 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・1月の生産は前月比4.0%の高い伸び・1-3月期は増産ペースが高まる公算経済産業省が2月27日に公表した鉱工業指数によると、15年1月の鉱工業生産指数は前月比4.0%と2ヵ月連続で上昇した。先月時点の予測指数の伸び(前月比6.3%)は下回ったものの、事前の市場予想(QUICK集計:前月比3.0%、当社予想は同3

鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存

鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・10-12月期は3四半期ぶりの増産・在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる公算経済産業省が1月30日に公表した鉱工業指数によると、14年12月の鉱工業生産指数は前月比1.0%と2ヵ月ぶりに上昇したが、先月時点の予測指数の伸び(前月比3.2%)、事前の市場予想(QUICK集計:前月比1.3%、

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年12月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月鉱工業生産持ち直しの動き続く、生産計画も底堅い 2015年1月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年12月の生産指数は、前月比+1.0%と2ヶ月ぶりの上昇となり、市場コンセンサス(同+1.2%)をわずかに下回った。ただし、生産指数の3ヶ月移動平均値は4ヶ月連続の上昇となっており、生産は持ち直しの動きが続いている。また、製造工業生産予測調査では、前月に引

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年11月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月鉱工業生産コンセンサス比下振れも、生産計画は強気 2014年12月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年11月の生産指数は、前月比▲0.6%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.8%)を下回った。市場コンセンサスや前月の製造工業生産予測調査の結果に反して低下となったことはネガティブだが、減少幅は小幅であり、均してみれば生産は持ち直し基調と

鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み

鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・在庫指数が3ヵ月ぶりの上昇・3四半期ぶりの増産だが、力強い回復は期待できず経済産業省が12月26日に公表した鉱工業指数によると、14年11月の鉱工業生産指数は前月比▲0.6%と3ヵ月ぶりに低下した。先月時点の予測指数の伸び(前月比2.3%)、事前の市場予想(QUICK集計:前月比0.8%、当社予想は同0.9%)をともに大きく下回る結果となった。出荷指

2014年12月14日東京大学フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

トヨタのグローバル・サプライチェーンマネジメント

MMRC DISCUSSION PAPER SERIESNo. 463トヨタのグローバル・サプライチェーンマネジメント明治大学商学部 富野 貴弘東京大学大学院経済学研究科 新宅 純二郎東京大学大学院経済学研究科博士課程 小林 美月2014 年 11 月東京大学ものづくり経営研究センター Manufacturing Management Research Center (MMRC)ディスカッション・ペーパー・シリーズは未定稿を議論を目的として公開しているものである。 引用・複写の際には著者の了解を

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月鉱工業生産実績、見通しとも良好、生産は持ち直し 2014年11月28日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年10月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月連続の上昇となった。前月からの低下を見込んでいた市場コンセンサス(同▲0.6%)から上振れした形であり、ポジティブな結果であった。製造工業生産予測調査による11月、12月の生産計画についても、いずれも増加を見

鉱工業生産14年10月~鉱工業生産は持ち直し

鉱工業生産14年10月~鉱工業生産は持ち直し | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年10月~鉱工業生産は持ち直し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・10月の生産は2ヵ月連続の上昇・10-12月期は3四半期ぶりの増産へ経済産業省が11月28日に公表した鉱工業指数によると、14年10月の鉱工業生産指数は前月比0.2%と2ヵ月連続の上昇となった。先月時点の予測指数の伸び(前月比▲0.1%)、事前の市場予想(QUICK集計:▲0.6%、当社予想は同▲0.8%)をともに上回る結果となった。出荷指数

鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し

鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・9月の生産は8ヵ月ぶりに市場予想を上回る・在庫の積み上がりに歯止めがかかる・10-12月期は3四半期ぶりの増産へ経済産業省が10月29日に公表した鉱工業指数によると、14年9月の鉱工業生産指数は前月比2.7%と2ヵ月ぶりの上昇となった。先月時点の予測指数の伸び(前月比6.0%)は下回ったが、14年1月以来、8ヵ月ぶりに事前の市

2014年10月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月鉱工業生産コンセンサスを上回る良好な結果、持ち直しへの期待高まる 2014年10月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年9月の生産指数は、前月比+2.7%と2ヶ月ぶりの上昇となり、市場コンセンサス(同+2.2%)を上回る良好な結果であった。今回の結果だけで生産の底打ちを判断するのはやや早計だが、製造工業生産予測調査による10月、11月の生産計画も底堅く、

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 8月鉱工業生産コンセンサスから下振れ、生産の減少傾向続く 2014年9月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年8月の生産指数は、前月比▲1.5%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.2%)からも大きく下振れする結果となった。前月時点の製造工業生産予測調査では、8月、9月と強めの生産を見込んでいたことから生産の底打ちが期待されていたが、今回の結果

鉱工業生産14年8月~在庫調整圧力が一段と高まる

鉱工業生産14年8月~在庫調整圧力が一段と高まる | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年8月~在庫調整圧力が一段と高まる 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・8月の生産は市場予想を大きく下振れ、2ヵ月の減少・生産計画が大幅に下方修正・2四半期連続の減産は確実、景気後退の可能性も経済産業省が9月30日に公表した鉱工業指数によると、14年8月の鉱工業生産指数は前月比▲1.5%と2ヵ月ぶりの低下となり、先月時点の予測指数の伸び(前月比1.3%)、事前の市場予想(QUICK集計:前月比0.3%、当

鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も

鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・7月の生産は市場予想から下振れ、横這いにとどまる・生産計画の下方修正が続く・在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続の減産も経済産業省が8月29日に公表した鉱工業指数によると、14年7月の鉱工業生産指数は前月比0.2%と2ヵ月ぶりの上昇となったが、先月時点

鉱工業生産14年6月~4-6月期は6四半期ぶりの減産、7-9月期の増産も微妙

鉱工業生産14年6月~4-6月期は6四半期ぶりの減産、7-9月期の増産も微妙 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年6月~4-6月期は6四半期ぶりの減産、7-9月期の増産も微妙 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・6月の生産は市場予想から下振れ、大幅な低下・輸送機械は減産が続く・在庫積の積み上がりが懸念材料経済産業省が7月30日に公表した鉱工業指数によると、14年6月の鉱工業生産指数は前月比▲3.3%と2ヵ月ぶりの低下となり、先月時点の予測指数の伸び(前月比▲0.7%)、事前の市場予想(Q

2014年7月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月鉱工業生産コンセンサスを下回るネガティブな結果 2014年7月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年6月の生産指数は、前月比▲3.3%と2ヶ月ぶりの低下となった。市場コンセンサス(同▲1.2%)から大きく下振れしており、ネガティブな結果である。鉱工業生産は2014年1月をピークに減速していたが、さらに減速傾向を強めている。出荷指数は同▲1.9%と5ヶ月連

2014年6月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月鉱工業生産2ヶ月ぶりの増加も、生産は減速傾向 ◆2014年5月の生産指数は、前月比+0.5%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+0.9%)を下回った。4月の落ち込みに照らすと、5月の上昇幅は限定なものに留まっており、生産はこのところ減速している。なお、出荷指数は同▲1.2%と4ヶ月連続で低下し、在庫指数は同+2.9%と2ヶ月ぶりに上昇したことから、在庫率指数は同+3.5%と2ヶ

2014年3月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年2月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月鉱工業生産大雪の影響もあり生産は下振れ ◆2014年2月の生産指数は、前月比▲2.3%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を下回った。消費税増税前の駆け込み需要に向けた生産の増加が見込まれるなか、予想に反して生産が減少した点はネガティブである。ただし、2月の生産の減少は、大雪による流通網の混乱や操業停止による影響が相当程度あったとみられ、均せば生産の増加基調が続いているという

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月鉱工業生産幅広い業種で上昇、駆け込み需要に向け先行きも大幅な増産計画 ◆2013年12月の生産指数は、前月比+1.1%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.3%)をわずかに下回ったものの、生産の増加基調が続いていることを確認させる内容であった。出荷指数も同+0.6%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同▲0.4%と5ヶ月連続で低下となった。◆12月の生産を業種別に見ると、全15業

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月鉱工業生産増加基調が続く、生産計画も非常に強気 ◆2013年11月の生産指数は、前月比+0.1%と3ヶ月連続の上昇となった。市場コンセンサス(同+0.4%)からは下振れしたものの、生産の増加基調が続いていることを確認させる内容であった。出荷指数は同▲0.1%と3ヶ月ぶりの低下となったものの、在庫指数は同▲1.9%と4ヶ月連続で低下したことから、在庫率指数は同▲1.4%の低下となった。◆11月の生

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月鉱工業生産コンセンサスからは下振れしたが、増加基調継続 ◆2013年10月の生産指数は、前月比+0.5%と2ヶ月連続の上昇となった。市場コンセンサス(同+2.0%)からは下振れしたものの、生産は増加基調にあるという判断に変更はなく、先行きについても引き続き増加傾向が続く見込みであることから、過度に悲観視すべき内容ではない。◆10月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種

鉱工業生産13年10月~生産計画の下方修正が続き、増産ペースは加速せず

鉱工業生産13年10月~生産計画の下方修正が続き、増産ペースは加速せず | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年10月~生産計画の下方修正が続き、増産ペースは加速せず 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・生産の回復ペースは引き続き緩やか・年度末にかけて生産の伸びは高まる公算経済産業省が11月29日に公表した鉱工業指数によると、13年10月の鉱工業生産指数は前月比0.5%と2ヵ月連続の上昇となったが、先月時点の予測指数の伸び(前月比4.7%)、事前の市場予想(QUICK集計:前月比2.0%、当

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 8月鉱工業生産生産は増勢鈍化も、先行きの生産計画は強気 ◆2013年8月の生産指数は、前月比▲0.7%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲0.3%)を下回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの低下となり、生産の増勢は鈍化している。出荷指数は前月比+0.4%と2ヶ月連続の上昇となり、在庫指数は同▲0.1%と3ヶ月ぶりの低下となった。◆8月の生産を業種別に見ると、前月から上昇した業種が7

鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算

鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年8月 ~生産の回復ペースは依然緩やかだが、年度末にかけて伸びが高まる公算 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・生産の回復ペースは引き続き緩やか・年度末にかけて生産の伸びは高まる公算経済産業省が9月30日に公表した鉱工業指数によると、13年8月の鉱工業生産指数は前月比▲0.7%と2ヵ月ぶりの低下となり、先月時点の予測指数の伸び(前月比0.2%)、事前の市場予想(QU

鉱工業生産13年5月 ~市場予想を上回る高い伸びも、生産計画はやや慎重

鉱工業生産13年5月 ~市場予想を上回る高い伸びも、生産計画はやや慎重 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年5月 ~市場予想を上回る高い伸びも、生産計画はやや慎重 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・生産の伸びは市場予想を大きく上回る・生産計画はやや慎重経済産業省が6月28日に公表した鉱工業指数によると、13年5月の鉱工業生産指数は前月比2.0%と4ヵ月連続の上昇となり、事前の市場予想(QUICK集計:前月比0.2%、当社予想は同1.2%)を大きく上回った。出荷指数は前月比0.8%と3ヵ

鉱工業生産13年4月 ~市場予想を上回り、増産ペースが加速

鉱工業生産13年4月 ~市場予想を上回り、増産ペースが加速 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年4月 ~市場予想を上回り、増産ペースが加速 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・生産の伸びは市場予想を大きく上回る・生産計画が2ヵ月連続で上方修正経済産業省が5月31日に公表した鉱工業指数によると、13年4月の鉱工業生産指数は前月比1.7%と5ヵ月連続の上昇となり、事前の市場予想(QUICK集計:前月比0.5%、当社予想は同1.0%)を大きく上回った。出荷指数は前月比1.1%と3ヵ月連続の上昇

鉱工業生産13年3月~緩やかな持ち直しが続く

鉱工業生産13年3月~緩やかな持ち直しが続く | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年3月~緩やかな持ち直しが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・生産は4ヵ月連続の上昇・在庫調整が進展・生産計画は慎重だが、上方修正の可能性も経済産業省が4月30日に公表した鉱工業指数によると、13年3月の鉱工業生産指数は前月比0.2%と4ヵ月連続の上昇となり、ほぼ事前の市場予想(QUICK集計:前月比0.4%、当社予想は同0.3%)通りの結果となった。3月の生産を業種別に見ると、好調が続いていた輸送機械

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月鉱工業生産生産指数は予想外の低下も、基調は持ち直し ◆2013年2月の生産指数は、前月比▲0.1%となり、上昇を見込んでいた市場コンセンサス(同+2.5%)に反して3ヶ月ぶりの低下となった。今回の結果に関しては想定外の弱い内容であったものの、3ヶ月移動平均で見ると3ヶ月連続で増加となっており、先行きに関しても緩やかながら増産を見込んでいることから、生産の持ち直し基調は続いている。◆2月の生産を業種

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ