調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 生鮮食料品

「生鮮食料品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年4月20日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

本調査は、進化するデジタル購入経路に影響を与える根本的要因を把握する目的で実施しました。生鮮食料品とその他の消費財のオンライン購入に関連する問題点や障害を考察し、それらの障害の克服を助けるアクティベーション戦略を特定。さらに消費者が現在店舗で利用しているデジタルテクノロジーと将来的に期待できるデジタルテクノロジーについても見解を示しています。また、今後のコネクテッドコマースの発展を促進する、最大の変革をもたらす傾向についても概要を示します。主なファインディングスオンラインとオフラインを行き来する

2013年12月15日アサヒビール★フィードバック数:0ライフスタイル

贅沢についての調査です。

どんな時に『プチ贅沢』をしますか?

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2013年10月7日流通経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

スーパーマーケットの将来顧客の育成

高齢化社会の進展に伴い、スーパーマーケットを利用する客層も高齢化が進んでいる。このため、シニアに対応した品揃えや売場づくりに工夫を凝らす店舗も増えている。マーケティング視点で考えれば、現在の顧客のニーズをターゲットとした施策を展開していくことは戦略としては王道である。一方で、少し先の将来を考えたとき、スーパーマーケットの成長戦略としては十分と言えないだろう。客層が高齢化するということは、若年層の割合が低くなるということである。日本全体でみると若年人口は少子化の影響で減少しているのだから当然ではあ

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:1ライフスタイル

あったらいいなぁ、スーパーマーケットの新サービスとは?(2009/02)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査スーパーマーケットでは生鮮食料品のほか、日用雑貨、衣類や雑誌、医薬品に至るまで、私たちが日常生活を送るのに必要なものがほぼ揃います。さらに最近では、ご年配、妊婦さん向けに宅配サービスの導入や、エコロジーを意識した新サービスの展開など、地域社会や住民との関わりに積極的なスーパーも増えています。

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

生鮮食料品はどこで買う?(2010/03)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査買い物は「価格」「家からの近さ」「鮮度・品質」「無農薬」の何を優先しますか?最近は「経済不況」「食の安全」「インターネット」などの影響から、皆さんの日々の暮らしに欠かせない「生鮮食料品」の購入先や購入方法にも何らかの変化が生じているのではないでしょうか。そこで今回は、私たちの食生活を支える「

2013年7月11日NTTレゾナントフィードバック数:0ライフスタイル

せっかくいただいたけど…正直困ってしまったお中元ランキング

2013年07月11日 00:00 せっかくいただいたけど…正直困ってしまったお中元ランキング 日頃お世話になっている人に季節のご挨拶として贈るお中元。日本らしい習慣と言われますが、実は起源は古代の中国に遡るそうです。さて今回は、いただけるのはありがたいけれど、正直困ってしまったお中元は何か、聞いてみました。1位は《旅行や帰省などで長期不在中に、「賞味期限の短い生鮮食料品」》となりました。普段めったにお目にかかれない和牛や高級な生菓子をせっかくいただいたのに、旅行から帰って受け取ったと

2010年4月12日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

百貨店の利用

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ百貨店を半年に1回程度以上利用している人は66.6%。主な利用目的は「ファッション関係の商品の購入」、「生鮮食料品、惣菜、和洋菓子、飲料などの購入」、「ギフト・贈答品の購入」など 百貨店ではなく、別の方法で購入するようになった商品の上位は、「婦人服」、「紳士服」 百貨店の魅力は「高級感がある」、「商品の品質が良い」。不満を感じる点は「価格が高い」、「店員がわずらわしい」 最も利用してみたい百貨店は「伊勢丹」(19.9%)、「タカシマヤ」(1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ