「産学連携」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

『第3回全国イノベーション調査 (2009-2011)』にみる経営成果に結びつく取組

トップ » その他 » 「『第3回全国イノベーション調査 (2009-2011)』にみる経営成果に結びつく取組」の公表について 「『第3回全国イノベーション調査 (2009-2011)』にみる経営成果に結びつく取組」の公表について当研究所では、民間企業によるイノベーションの実態や動向を調査するため、「全国イノベーション調査」を実施しています。この度、2013年1月に実施した「第3回全国イノベーション調査」の調査結果を用いて、産業別・企業別に経営成果と関連の強いイノベーションへの取組をまとめました

2015年6月1日東急不動産★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

HEMSの効果です。

マンションにおける省エネ行動・意識と電力消費量との関係を クラウド型HEMSを活用し産学連携で共同研究

マンションにおける省エネ行動・意識と電力消費量との関係を クラウド型HEMSを活用し産学連携で共同研究

2015年5月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度中小企業等産業公害防止対策調査「地域の強みを活かした産学連携による産業公害防止対策機器開発等事業化可能性調査及び海外展開調査」

平成26年度中小企業等産業公害防止対策調査「地域の強みを活かした産学連携による産業公害防止対策機器開発等事業化可能性調査及び海外展開調査」

2015年4月30日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

共育型インターンシップの普及に関する調査(平成26年度)

インターンシップの推進に当たっての基本的考え方 平成26年4月8日一部改正 平成27年12月10日一部改正 インターンシップ等の産学協働教育のための連携基盤構築に関する調査(平成27年度) 共育型インターンシップの普及に関する調査(平成26年度) 教育的効果の高いインターンシップの普及に関する調査(平成25年度) テンプレート(インターンシップ標準帳票)シート集※本シート集は、上記ガイドブック文中のテンプレート表示と連動しています。 産学連携によるインターンシップのあり方に関する調査(平成2

産学連携と大学発イノベーションの創出 ~NISTEPの研究成果から見えてきたこと~

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: 産学連携と大学発イノベーションの創出 ~NISTEPの研究成果から見えてきたこと~科学技術イノベーション政策や大学における産学連携戦略の検討に役立てるために、科学技術・学術政策研究所の研究成果を中心に、産学連携や大学発イノベーションについて簡潔にまとめました。 今回、Ver.2へと改訂するにあたり、近年のオープンイノベーションを意識して、企業における 外部組織(特に大学等)との連携の現状や効果に係るデータを重視しました。また、各グラフから

2014年8月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度産業技術調査事業(中小企業の産学連携の実態と促進に関する調査)

平成25年度産業技術調査事業(中小企業の産学連携の実態と促進に関する調査)

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大学等における産学官連携の実施状況調査(平成24年度実績)

お知らせ大学等における産学連携の実施状況調査(平成24年度実績)について 平成26年3月11日九州経済産業局九州経済産業局産学官連携推進室では、九州の産学連携が全国と比べてどのような状況にあるか考察することを目的とし、今後の九州管内の産学連携による新技術・新事業創出の基盤整備の一助とするため、九州管内の大学および工業高等専門学校を対象に、昨年度の共同研究・受託研究・知的財産の活用状況等の調査を毎年行っています。 この度、平成24年度実績をとりまとめましたので公表します。■調査結果1.共同研究・

2013年7月21日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

産学連携によるインターンシップのあり方に関する調査 報告書

平成24年度産業経済研究委託事業産学連携によるインターンシップのあり方に関する調査報告書平成25年3月経済産業省特定非営利活動法人エティック平成24年度産業経済研究委託事業 「産学連携によるインターンシップのあり方に関する調査」第1章:調査目的・実施概要p.3第2章:インターンシップの教育効果についてp.11第3章:日本における長期インターンシップの普及状況や課題の整理p.14(1)量的・質的な面から見た普及状況や課題(2)類型による整理と普及の方向性第4章:教育的効果の高い長期インターンシップ

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成23年度産業技術調査事業・研究人材流動化等促進のための制度等に関する調査

平成23年度産業技術調査事業研究人材流動化等促進のための制度等に関する調査調査報告書平成24年3月株式会社日本総合研究所目次概要 .................................................................................................................................................................... 1はじめに ..............

2011年12月7日文部科学省★フィードバック数:44製造業/エレクトロニクス

文科省による産学連携についての調査結果です。

平成22年度 大学等における産学連携等実施状況

現在位置トップ > 科学技術・学術 > 産学官連携、地域科学技術振興 > 大学等における産学官連携 > 産学官連携の実績 > 平成22年度 大学等における産学連携等実施状況について(機関別実績追加版) 平成22年度 大学等における産学連携等実施状況について(機関別実績追加版) 結果概要民間企業との「共同研究件数」は15,544件となり、前年度に比べて765件(5.2パーセント)増加し、また、「研究費受入額」は約314億円と、前年度に比べて約20億円(6.6パーセント)増加している。一方で、民間

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ