「産業人材」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ものづくり分野の人材についてのレポートです。

「平成26年度 地域中小企業の人材確保・定着支援事業(素形材)ものづくり中小企業におけるシニア人材等活用促進事業」成果報告書

「平成26年度 地域中小企業の人材確保・定着支援事業(素形材)ものづくり中小企業におけるシニア人材等活用促進事業」成果報告書の公表について このたび、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、全国中小企業団体中央会からの委託を受け、「平成26年度 地域中小企業の人材確保・定着支援事業(素形材)ものづくり中小企業におけるシニア人材等活用促進事業」を実施し、その成果を取りまとめましたので公表いたします。本調査の成果報告書は、7つのパートから構成されています。【事業名】平成26年度 地域中小企業

ドイツにみる中小企業の海外展開支援

関連論文アジアの知日産業人材との戦略的ネットワーク構築 [ 2016年度/アジア太平洋地域の経済的ダイナミズムと今後の行方 ] Abstract/Keywordsアジア,産業開発協力,知日産業人材ネットワークリサーチリーダー 上席研究員 大野 泉 政策研究大学院大学教授 研究目的日本が今までアジア諸国への産業開発協力(政府開発援助(ODA)、官民連携など)を通じて形成してきた知日産業人材のネットワークを強化し、効果的に活用する戦略を検討し、提言をとりまとめることを目的とする。加えて、今後も知日産

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題

特集 ASEANの構造変化と日本企業の現地マネジメントのあり方ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題岩垂好彦C ONT E NT SⅠ ASEANの経済統合と事業環境の変化Ⅱ 環境変化を踏まえたASEAN各国の長期展望Ⅲ ASEANの変化に対応した事業体制のあり方Ⅳ 経済統合後を見据えた事業再編へ要 約1 ASEAN(東南アジア諸国連合)は、2015年末をもって「ASEAN経済共同体(AEC)」を完成させるとしている。これを機に、国境を越えた経済活動が活発になり、世界の多国籍企業から

2014年7月1日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度「地域をフィールドとした産業人材受入のための環境整備のあり方に関する調査」

平成25年度「地域をフィールドとした産業人材受入のための環境整備のあり方に関する調査」

2014年6月22日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度経済連携促進のための産業高度化推進事業(日ミャンマー経済関係強化に向けた産業人材育成に関する調査研究)調査報告書

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDFポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード!

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査

経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査  九州経済産業局では、経営危機の打開策として、将来が見込める新事業分野へ進出した企業における労働力確保の方法を調査・整理することで、成長分野への進出を行う企業における労働力の確保に資すると共に、新事業分野への進出を断念した事例の収集により、その理由(支障)を浮き彫りにし、規制改革や支援施策等へ繋げていくことを目的に、経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査を行いました。 今般、その調査報告書を取りまとめましたので、公表します。 調査概要(

2013年7月21日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

「就業構造の転換に係る実態調査」報告書

経済産業省委託事業平成 24 年度総合調査研究等委託事業「就業構造の転換に係る実態調査」シンポジウム成長分野を拓く人材のキャリアチェンジと多様な人材の活躍による事業展開の新たな可能性~スキルと経験を有する人材の成長産業での新たな活躍に向けて~実施報告書平成 25 年 3 月目次開催実績 ..........................................................................................................

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成23年度アジア産業基盤強化等事業「グローバル人材育成に向けた研修プログラムに関する調査」報告書

経済産業省委託平成 23 年度アジア産業基盤強化等事業グローバル人材育成に向けた研修プログラムに関する調査報告書平成 24 年 2 月委託先公益財団法人 日本生産性本部第1章はじめに ................................................................................................ 5第2章本調査の概要...................................................

2013年5月9日大和総研フィードバック数:3社会/政治海外

ミャンマー経済発展に重要度を増すビジネス人材の育成

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ミャンマー経済発展に重要度を増すビジネス人材の育成 2011年に民政政府が誕生し、数十年続いた閉ざされた国から開国解放路線へと転じたミャンマー(ビルマの方が馴染み深い読者もあろう)を国際社会は大きく歓迎した。欧米諸国による経済制裁も条件付きではあるものの解除され、国際機関や援助国は同国が抱える延滞債務を解消。日本もODA再開を公表し、早々に発電所、港湾や工業団地などのインフラ開発を中心とした事業に融資

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ