「産業分類」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月28日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

企業研究費における我が国の動向と主要国の特徴

ここから本文です。平成28年4月18日総務省統計トピックスNo.93企業研究費における我が国の動向と主要国の特徴-科学技術週間(4月18日〜4月24日)にちなんで- (科学技術研究調査の結果から) 科学技術研究調査は、我が国における科学技術に関する研究活動の状態を把握することを目的として、毎年実施しています。今回は、調査の結果から、我が国の企業の研究費の動向について御紹介するとともに、主要国において、どのような産業が研究開発に貢献しているか見ていきます。〔要 約〕◆ 平成26年度の企業の研究費は

2015年2月27日北海道フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査結果(平成26年平均)

最終更新日:2015年2月27日(金)▲労働力調査のトップページ労働力調査結果(平成26年平均)1 労働力人口北海道の労働力人口(就業者と完全失業者の合計)は265万人で、前年に比べ2万人減少した。 男女別にみると、男性は151万人、女性は114万人で、前年に比べ男女とも1万人減少した。 また、非労働力人口は213万人で、前年に比べ増減なしとなった。2 就業者就業者数は254万人で、前年に比べ1万人減少した。 男女別にみると、男性は146万人、女性は109万人で、前年に比べ男性は増減なし、女性は

2014年9月2日財務省フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計調査(平成26年4-6月期)

連 絡 問 合 先財務総合政策研究所調査統計部調査統計課TEL 03-3581-4111(内線) 54995325直通 03-3581-4187財務省ホームページアドレスhttp://www.mof.go.jp/報道発平成26年9月1日財務省表法人企業統計調査結果(平成26年4~6月期)「四半期別法人企業統計調査」は、我が国の資本金、出資金又は基金(以下、資本金という。) 1,000万円以上の営利法人等の仮決算計数をとりまとめたものである。当調査結果から平成26年4~6月期の企業動向(金融業、保

2014年7月29日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用情勢の改善と産業別雇用の動向

労働市場分析レポート第 38 号平成 26 年 7 月 29 日雇用情勢の改善と産業別雇用の動向季節調整値でみた有効求人倍率は、平成 21 年 8 月の 0.42 倍を底として上昇に転じ、平成 26 年 5 月には 1.09 倍にまで上昇した。また、同じく完全失業率も平成 21 年 7 月の 5.5%をピークに低下し、平成 26 年 5 月には 3.5%となった。このレポートでは、この雇用情勢の改善の局面を産業別雇用の動向という観点から取り上げ、前回の雇用改善局面と比較する。1.平成 14 年か

2014年3月27日中小企業庁★フィードバック数:0ビジネス

中小企業の実態です。

平成25年中小企業実態基本調査(平成24年度決算実績)の結果(速報)

平成29年度中小企業実態基本調査を実施します。お知らせ【調査の目的】中小企業基本法第10条の規定に基づき、中小企業を巡る経営環境の変化を踏まえ、中小企業全般に共通する財務情報、経営情報及び設備投資動向等を把握するため、中小企業全般の経営等の実態を明らかにし、中小企業施策の企画・立案のための基礎資料を提供するとともに、中小企業関連統計の基本情報を提供するためのデータ収集を行うことを目的としています。 【調査の沿革】 中小企業基本法の規定に基づいて、中小企業全般に共通する財務情報、経営情報及び

2013年10月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成25年10月号

総務省統計局総務省統計局統計調査ニュース323No.平成 25 年(2013)10 月「統計の日(10月18日)」∼統計データは社会の重要な基盤∼総務省政策統括官(統計基準担当)  平山国民の皆様が統計の重要性に対する関心と理解を深め,統計調査へより一層協力いただくことを目的に毎年10月18日を「統計の日」(昭和48年7月3日閣議了解)と定めています。10月18日が「統計の日」となったのは,我が国の最初の近代的統計である「府県物産表」の作成を命じる太政官布告が出された太陰暦明治3年9月24日が,

2013年6月20日中小企業庁★★フィードバック数:17社会/政治

中小企業についてのまとまった調査です。

平成24年中小企業実態基本調査(平成23年度決算実績)の結果(確報)

平成29年度中小企業実態基本調査を実施します。お知らせ【調査の目的】中小企業基本法第10条の規定に基づき、中小企業を巡る経営環境の変化を踏まえ、中小企業全般に共通する財務情報、経営情報及び設備投資動向等を把握するため、中小企業全般の経営等の実態を明らかにし、中小企業施策の企画・立案のための基礎資料を提供するとともに、中小企業関連統計の基本情報を提供するためのデータ収集を行うことを目的としています。 【調査の沿革】 中小企業基本法の規定に基づいて、中小企業全般に共通する財務情報、経営情報及び

2011年8月1日財務省フィードバック数:1社会/政治

法人企業統計調査結果(平成23年1~3月期)(確報)

連 絡 問 合 先財務総合政策研究所調査統計部調査統計課TEL 03-3581-4111(内線) 54995325直通 03-3581-4187財務省ホームページアドレスhttp://www.mof.go.jp/報道発平成23年7月29日財務省表法人企業統計調査結果(平成23年1~3月期)(確報)平成 23 年 1~3 月期調査については、東日本大震災を受けて、岩手、宮城、福島県などの一部の地域の調査対象法人等の調査票提出期限を延期。このため、本結果は、6月2日に公表した速報時の回答に震災により

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ