「産業構造」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月11日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成26年企業活動基本調査

平成26年企業活動基本調査について平成28年4月28日 経済産業省北海道経済産業局 経済産業省では平成26年企業活動基本調査確報(平成25年度実績)を公表しており、この度北海道経済産業局管内分の統計表をとりまとめましたのでお知らせします。  経済産業省が実施している企業活動基本調査は、企業の多角化、国際化、研究開発、情報化等の実態を把握することにより、企業の経営戦略や産業構造の変化の実態を明らかにするとともに、経済構造の改革、産業競争力の強化、企業活動の事業環境の整備等、経済産業施策の基礎資料と

2015年6月18日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

今後の労働力についてのレポートです。

経済成長に必要な労働力の増加とは

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済成長に必要な労働力の増加とは人口減少の中で求められる生産性向上 第1回 ◆少子高齢化が進展し、人口が減少する中で、労働力人口の減少と労働力不足は、依然、同じように議論されている傾向がみられる。◆日本の経済成長(あるいは潜在経済成長率)の低下は、主に労働投入量(就業者数×就業時間)が減少してきた(していく)からと考えられている。政府は更なる高齢者の活躍、女性の労働市場への参加等を促すことで、労働力人

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気底割れ回避に必死の下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2015年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.0%と、6年ぶりの低い伸びとなったが、これはあくまでも平均である。地方別には遼寧省同1.9%、山西省同2.5%など重工業依存度や資源・素材依存度の高い一部地方の景気は失速といえる状況に落ち込んでいる。◆その後も中国の景気は一段と減速している。2015年1月~4月の固定資産投資は前年同期比12.0%増と、1月~3月の同13.5%増からも減速。4月の

2015年5月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度製造基盤技術実態等調査(動静脈産業一体型の産業構造の構築に関する非鉄金属資源を対象とした調査)報告書

平成26年度製造基盤技術実態等調査(動静脈産業一体型の産業構造の構築に関する非鉄金属資源を対象とした調査)報告書

2015年1月15日経済産業省★フィードバック数:0ビジネス

経産省の調査です。

平成26年経済産業省企業活動基本調査速報

経済産業省企業活動基本調査平成26年経済産業省企業活動基本調査の速報公表のお知らせ<平成26年経済産業省企業活動基本調査速報を公表いたしました。>経済産業省では、我が国企業の事業活動の多角化、国際化、研究開発等の実態を把握することにより、企業の経営戦略や産業構造の変化の実態を明らかにするとともに、経済構造の改革、産業競争力の強化、企業活動の事業環境の整備等、経済産業施策の基礎資料とするため、平成26年3月31日現在で「平成26年経済産業省企業活動基本調査」を実施いたしました。 本調査の結果を取り

2015年1月4日財務省フィードバック数:0ビジネス

地域金融機関を取り巻く事業環境(各地域の産業構造)、企業の抱える経営課題及び地域金融機関の取組み

地域金融機関を取り巻く事業環境(各地域の産業構造)、企業の抱える経営課題及び地域金融機関の取組み

2014年11月18日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場分析です。

需給動向レポート(2014年11月)(7)エレクトロニクス -スマートフォンの成長に依存する産業構造が続く-

需給動向レポート(2014年11月)(7)エレクトロニクス -スマートフォンの成長に依存する産業構造が続く-

2014年10月3日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー問題についての論文です。

オイルショックの教訓を生かし、節電をわが国成長のバネに-産業構造の転換と民生部門の節電投資が鍵

オイルショックの教訓を生かし、節電をわが国成長のバネに-産業構造の転換と民生部門の節電投資が鍵

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度総合調査研究(国際分業下における日本の企業行動と産業構造に関する調査研究)

平成25年度総合調査研究(国際分業下における日本の企業行動と産業構造に関する調査研究)

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景況感改善もいつか来た道?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:景況感改善もいつか来た道?預金準備率一部引き下げの効果は小さく、財政支出急増は一時的か ◆5月のHSBCの製造業PMIは49.4と、5ヵ月連続して拡大と縮小の分岐点である50を下回ったとはいえ、4月の48.1からは大きく改善。5月の国家統計局の製造業PMIは50.8と、こちらは2月の50.2をボトムに改善傾向にある。これは4月以降、当局が矢継ぎ早に発表した景気下支え策によってセンチメントが改善し

2014年5月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍促進が人手不足解消の第一歩

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 現在、グローバル経済を見る上で、重要な視点の一つが労働市場である。FRBのイエレン議長は、米国の労働市場には大きなslack(余剰資源)が残っているため注視が必要であるとしており、米国経済、金融政策の先行きを見通す上で、労働市場のslackの動向を見極めることが重要となっている。EU諸国でも、景気は徐々に回復色を強めているものの、失業率は依然高止まりしている。一方で日本においては、2014年2月の失業

2014年4月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年延長産業連関表

可能な限り最新時点の産業構造を反映させた表を作成することで、直近の産業構造を踏まえた分析の用に供することを目的とし、その結果として、総務省をはじめとする10府省庁の共同作業による5年ごとの「産業連関表(基本表)」 を補完する役割をも果たしている。 平成29年(2017年)3月30日 平成26年 延長産業連関表(平成23年基準) を公表しました。平成28年(2016年)4月25日 平成25・24年 延長産業連関表(平成23年基準) を公表しました。平成27年(2015年)6月22日 平成23年産

2014年4月27日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

北海道の産業についてのまとめです。

目で見る北海道産業(平成25年度版)

平成26年4月25日 経済産業省北海道経済産業局 経済産業省北海道経済産業局では、この度「目で見る北海道産業(平成25年度版)」を取りまとめました。本資料は、北海道の経済・産業の現状を視覚的にわかりやすくとらえることを目的として、北海道の産業構造・動向、経済指標、エネルギー動向等に関する数値・データを図表化したものです。北海道の現状を把握・分析するための基礎資料としてお役立てください。なお、本資料については製本化しておりませんので、以下からダウンロードしてお使いください。 本資料の構成 こちらか

2014年3月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油産業体制等調査研究 (非在来型石油・天然ガスの生産拡大による需給構造や産業構造への影響に関する調査)

平成24年度石油産業体制等調査研究 (非在来型石油・天然ガスの生産拡大による需給構造や産業構造への影響に関する調査)

2014年1月23日三重銀行★フィードバック数:0社会/政治

三重銀総研のレポートです。

東海圏の経済成長要因と今後の成長に向けた一考察~三大経済圏と東海3県の分析を踏まえて~

Research r e p o r t調 査レポート東海圏の経済成長要因と今後の成長に向けた一考察∼三大経済圏と東海3県の分析を踏まえて∼調査レポートリニア中央新幹線の東京−名古屋間が2027年に開通、2045年にも大阪まで延伸する予定であることから、東京圏、東海圏、大阪圏のいわゆる三大経済圏の結び付きが将来的に一層強まることが予想されます。そして、東海圏は地理的に三大経済圏の真ん中に位置し、東京圏や大阪圏との相互依存が高まることが見込まれるなか、東海圏における経済成長の要因を他圏域と比較して

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」,報告書

平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」,報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度経済産業省内外価格動向等調査事業,日韓の産業構造が価格に充てる影響に関する調査分析

Acrobat 9 または Adobe Reader 9 以降でこの PDFポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード!

中国の産業についてのレポートです。

中国の産業構造高度化 ~“世界の工場”からの卒業とサービス産業の将来性

中国の産業構造高度化 ~“世界の工場”からの卒業とサービス産業の将来性 | ニッセイ基礎研究所 中国の産業構造高度化 ~“世界の工場”からの卒業とサービス産業の将来性 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の産業構造は、成長率の低い第一次産業のシェアが下がり、高い第二次・第三次産業のシェアが上がる形で高度化が進んできた。また、

2013年6月21日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:ネット市場が示唆する成長余力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:ネット市場が示唆する成長余力等身大の経済活動が導く消費市場の多様化 ◆2013年前半の中国の景気は回復の足取りが重い状態が続いている。しかしながら、これは等身大の成長へと調整したい習近平新政権の思惑も含まれており、一段と老朽化した設備の廃棄を指示したり、投資依存型の成長を反省し、投資を厳選したりするなど、成長の鈍化を容認する姿勢を見せている。消費では新政権の意向で倹約令が出され、地方政府の高級官

2013年5月19日経済産業省★フィードバック数:1社会/政治

北海道についてのまとめです。

目で見る北海道産業(平成24年度版)

「目で見る北海道産業(平成24年度版)」について平成25年5月17日 経済産業省北海道経済産業局 経済産業省北海道経済産業局では、この度「目で見る北海道産業(平成24年度版)」を取りまとめました。本資料は、北海道の経済・産業の現状を視覚的にわかりやすくとらえることを目的として、北海道の産業構造・動向、経済指標、エネルギー動向等に関する数値・データを図表化したものです。北海道の現状を把握・分析するための基礎資料としてお役立てください。なお、本資料については製本化しておりませんので、以下からダウンロ

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

産業構造の変化と雇用情勢-製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響

産業構造の変化と雇用情勢-製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響

2012年9月26日国土交通省★フィードバック数:9製造業/エレクトロニクス

建設業の企業についてのまとまった調査です。

平成23年度建設業構造実態調査の調査結果

平成23年度建設業構造実態調査の調査結果について 平成24年9月25日 建設業構造実態調査は、平成20年度まで3年に1回実施してきた建設業構造基本調査から名称を変更して実施したもので、建設業の基本的な産業構造及びその中長期的変化を的確に把握することにより、建設業の構造改善に向けた施策の企画・立案に当たっての基礎資料を得ることを目的としています。平成23年度調査については、建設業許可業者(約50万社)の中から、約1.2万社を抽出して調査を行いました。この度、調査結果をとりまとめましたので公表いた

2012年3月28日経済産業省フィードバック数:5社会/政治

延長産業連関表からみた我が国経済構造の概要

可能な限り最新時点の産業構造を反映させた表を作成することで、直近の産業構造を踏まえた分析の用に供することを目的とし、その結果として、総務省をはじめとする10府省庁の共同作業による5年ごとの「産業連関表(基本表)」 を補完する役割をも果たしている。 平成29年(2017年)3月30日 平成26年 延長産業連関表(平成23年基準) を公表しました。平成28年(2016年)4月25日 平成25・24年 延長産業連関表(平成23年基準) を公表しました。平成27年(2015年)6月22日 平成23年産

2011年7月28日総務省★フィードバック数:48モバイル

携帯向けコンテンツビジネスについての調査結果です。

モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果

報道資料モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果 総務省は、近年の携帯電話の広範な普及、端末の高速・高機能化、通信料金体系の変化等を背景に、急速に拡大するモバイルビジネス市場の動向に関する調査を 2003年から行っています。このたび、2010年の調査結果を取りまとめましたので、公表します。1 調査結果 ・2010年のモバイルビジネス市場は16,550億円。前年比1,344億円(8.8%)増加。 ・うち、モバイルコンテンツ市場は6,465億円で前年比940億円(17%)増加。モバイルコマー

2010年8月10日総務省フィードバック数:71モバイル

モバイルコンテンツの産業構造に関する調査結果

報道資料モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果 総務省は、近年の携帯電話の広範な普及、端末の高速・高機能化、通信料金体系の変化等を背景に、急速に拡大するモバイルビジネス市場の動向に関する調査を2003年から行っています。 このたび、2009年の調査結果を取りまとめましたので、公表します。1.調査結果 ・2009年のモバイルビジネス市場は15,206億円。前年比1,682億円(12%)増加。・うち、モバイ ルコンテンツ市場は5,525億円で前年比690億円(14%)増加。 モバイルコ マ

2010年2月1日IPAフィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ産業の構造分析

プレス発表 情報セキュリティ産業の構造分析結果の公開について2010年1月28日 独立行政法人 情報処理推進機構  IPA (独立行政法人 情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)は、日本の情報セキュリティ産業の構造について、海外事業者の存在が大きいことや、システムインテグレータの果たす役割が大きいことなど、産業構造の分析を行った結果を取りまとめ、2010年1月28日(木)から、IPAのウェブサイトで公開しました。URL: 1. 調査の狙い 情報セキュリティ対策の普及には、情報セキュリティツール(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ