調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 産業用ロボット

「産業用ロボット」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

本格化するサービス分野でのロボット開発~先行する介護ロボット開発からの示唆

本格化するサービス分野でのロボット開発~先行する介護ロボット開発からの示唆 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 本格化するサービス分野でのロボット開発~先行する介護ロボット開発からの示唆本格化するサービス分野でのロボット開発~先行する介護ロボット開発からの示唆 社会研究部 准主任研究員 青山 正治介護ロボットなど生活支援ロボットを内包するサービスロボットの開発が、以前にも増して活発化している。背景には、近年のICTや人工知能などの急速な技術革新や少子高齢化の進行によ

2014年12月28日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「FA」年間記事ランキング2014

MONOist「FA」フォーラムは、MONOistの新たなフォーラムとして2013年7月に産声を上げました。2013年のランキング記事では約半年間の集計となりましたが、Stuxnet(スタックスネット)以来、大きな注目を集めた「制御システムセキュリティ」に関する記事が大きな注目を集めました。 それでは、2014年はどのような記事が多く読まれたのでしょうか。今回は、FAフォーラムで公開された記事のデータを集計し、上位記事とそこから見えるFA業界のトピックについて紹介しようと思います。第1位:ドイツ

2014年10月8日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

R is for Robot、S is for Sensor

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 R is for Robot、S is for SensorIoT(Internet of Things)時代に求められるロボットサービス三原則 2014年になってロボットに関する話題が増えてきた印象がある。従来のロボットのイメージは、経済産業省のロボット政策研究会が発表した報告書での定義、「『センサ』、『知能・制御系』及び『駆動系』の3つの要素技術があるもの」であり、代表的なものは工場にある産業用ロ

2014年7月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年はロボットの年?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7月29日コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 中野 充弘10年後に振り返ってみれば、2014年はロボット産業が社会に広く認知された年と記憶されるかもしれない。最近の出来事をいくつか拾い上げてみる。第一に安倍政権の取組姿勢。6月24日に政府は『「日本再興戦略」改定2014』を閣議決定したが、その中で1年前と比べて取り上げ方が大きくなった項目の一つに、ロボット戦略がある。

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

次世代ロボットの研究開発動向

次世代ロボットの研究開発動向比留川 博久 (産業技術総合研究所 知能システム研究部門 研究部門長) 須藤 治 (経済産業省 製造産業局 産業機械課長) ロボット産業の現状、次世代ロボットを必要とする社会背景、次世代ロボットの研究開発動向、今後の展望についてご紹介する。 議事録ロボット産業の現状と社会背景1980年は「産業用ロボット元年」といわれていますが、当時の市場規模は760億円でした。塗装や溶接、組立てを中心に、会社によっては1事業部当たりの売上高が100億円を超え、産業用ロボットと

2013年7月19日経済産業省★★フィードバック数:33製造業/エレクトロニクス

ロボット産業の市場データです。

ロボット産業市場動向調査

ロボット産業市場動向調査結果を公表します 経済産業省は、ロボット産業に関する政策検討を行うため、ロボット産業の市場動向に関する調査を実施し、その結果をとりまとめましたので公表します。 産業用ロボットの主要国・地域における市場規模及び輸出入動向、サービスロボット等を含むロボット産業全体の足元国内市場規模に関する調査結果が記載されています。今回の調査の結果、産業用ロボットについて日本企業は世界シェアトップを維持していること、急速に拡大する中国市場での競争激化が見込まれることなどが明らかとなりました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ