調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 産業製造業

「産業製造業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業月次景況観測 2015年6月

FAX 送信票中 小 企 業 月 次 景 況 観 測[ 2015年6月調査 ]商工中金 調査部【概 要】 景況判断指数、一進一退        、(1) 景況判断 6月の景況判断指数は46.9と、前月(48.1)から1.2ポイント低下。2ヵ月ぶりに低下した。 製造業は45.8(前月45.2)と0.6ポイント上昇。3ヵ月ぶりに上昇した。 非製造業は47.7(前月50.4)と2.7ポイント低下。2ヵ月ぶりに低下した。 7月は全産業で49.6と上昇を見込む。製造業は49.

2015年4月21日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報(東海):回復基調を維持する見通し

平成 27 年(2015 年)4 月 21 日NO.2015-3東海経済の現状と見通し~回復基調を維持する見通し~【要旨】(現状) 東海地域の景気は、緩やかな回復基調。 輸出は、足元は減少したが、昨年春以降は概ね増加基調で推移。生産もほぼ同様の傾向。 個人消費は、耐久消費財の回復が鈍いものの、全体としては緩やかな回復を維持。住宅投資は、2013 年末以降、減少を続けていたが、漸く下げ止まりの兆し。 雇用者所得をみると、雇用者数の増加に続いて、高めの賃上げと賞与の積み増しが実現。物価上昇率

2015年4月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:日銀短観(2015年3月調査)の結果について

平成 27 年(2015 年)4 月 1 日NO.2015-2企業の景況感は回復に拡がりがみられ、安定感が増す結果に(2015 年 3 月調査の日銀短観について)【要旨】 業況判断 DI は、大企業・製造業で 12%ポイント(前回調査比+0%ポイント)と横ばいになった一方、大企業・非製造業では 19%ポイント(同+2%ポイント)と、2 四半期連続の改善となった。業況判断 DI がマイナスの業種は、製造業・非製造業合わせた全 28 業種中、前回調査の 7 業種から 3 業種に減少するなど、企業の

経団連の調査です。

2014年 夏季・冬季 賞与・一時金調査

「2014 年 夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」2015 年3月 27 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会Ⅰ.調査の基本事項調査目的:企業における賞与・一時金の支給実態を把握し、今後の対策の参考とするため、1953 年から毎年実施(東京経営者協会との共同調査)調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,910 社対象時期:夏季賞与 2014 年6月、7月支給分冬季賞与 2014 年 11 月、12 月支給分回答状況:集計企業数 290 社(有効回答率 15.2%)(製造業

埼玉県内企業への円安と原油価格下落の影響調査

・・・・・・・・・・・・・・ ぶぎん地域経済研究所 ・・・・・・・・・・・・・・●調査レポート埼玉県内企業への円安と原油価格下落の影響調査調査対象:県内企業 573 社調査方法:アンケート方式 (1月下旬回答企業:183 社(回答率 31.9%)業種別内訳:製造業 103 社郵送回収)非製造業 80 社要旨○円安が、埼玉県内企業の経営に与えている影響を見ると、企業経営に何らかの影響を受けている企業が7割強に上る。「マイナスの影響を多く受けている」が 38%と最も多く、「プラスの影響を多く受けてい

2015年1月28日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業月次景況観測 2015年1月調査

FAX 送信票中 小 企 業 月 次 景 況 観 測[ 2015年1月調査 ]商工中金 調査部【概 要】             中小企業の景況感、改善にもたつき(1) 景況判断 1月の景況判断指数は46.3と、前月(46.7)から0.4ポイント低下。2ヵ月連続して低下した。 製造業は45.6(前月46.1)と0.5ポイント、非製造業は46.9(前月47.2)と0.3ポイント、ともに低下した。 2月は全産業で47.8と上昇を見込む。製造業は47.6、非製造業は48.

2015年1月22日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業の動向(2015年新春号)

情報メモ No.26-124中小企業の動向(2015 年新春号)~『中小企業月次景況観測』 Quarterly Overview ~2015 年 1 月 16 日[内調査部[担当:高島 Tel:03-3246-9370]容 ]1 景況感 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.1 全般1.2 業種別1.3 回答別企業数、他機関調査2 売上高 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 販売価格・仕入価格・・・・・・

2014年12月25日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報(東海):緩慢なペースながら、回復基調を維持

平成 26 年(2014 年)12 月 25 日NO.2014-19東海経済の現状と見通し~緩慢なペースながら、回復基調を維持~【要旨】(現状) 東海地域の景気は、消費増税直後の落ち込みに加えて、足元でももたつき継続。 輸出は、2013 年末以降減少してきたが、春以降は緩やかに増加。生産も 2 月をピークに減少してきたが、7 月以降は持ち直し基調。 個人消費は、夏場の天候不順もあり、消費増税後の落ち込みからの回復が緩慢。住宅投資は、昨年末以降、減少を続けている。 雇用者所得をみると、雇用

2014年9月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

主要日本企業の2014年4~6月期決算動向

みずほインサイトマーケット2014 年 9 月 22 日主要日本企業の 2014 年 4~6 月期決算動向市場調査部大塚理恵子03-3591-1420rieko.otsuka@mizuho-ri.co.jp○ 2014年4~6月期の決算は製造業を中心に増益基調を維持し、総じて底堅い内容。但し、小売業やサービス業など消費増税による個人消費の反動減の影響を受けやすい業種は苦戦○ 収益性については製造業と非製造業との間で差が拡大。非製造業は原価率の上昇基調が継続しており、収益を圧迫している○ 2015

2014年7月30日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業月次景況観測 2014年7月調査

FAX 送信票中 小 企 業 月 次 景 況 観 測[ 2014年7月調査 ]商工中金 調査部【概 要】          中小企業の景況感は、持ち直しの動きが続く(1) 景況判断 7月の景況判断指数は48.7と、前月(47.3)から1.4ポイント上昇。3ヵ月連続して上昇した。 製造業は47.8(前月46.7)と1.1ポイント、非製造業は49.4(前月47.7)と1.7ポイント、ともに上昇した。 8月は全産業で48.7と横ばいを見込む。製造業は46.7と低下し、非製

2014年7月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

関東甲信越地域業況判断DI(2014年7月)

関東甲信越地域業況判断DI (「良い」-「悪い」・%ポイント)全産業製造業非製造業61312004/0681622004/0961412004/1238▲12005/0361032005/0661032005/0991382005/12121492006/031214112006/061316102006/091317102006/12(旧)1517122006/12(新)1315112007/031314122007/0691182007/0981162007/121312008/03▲3▲2

2014年2月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2014年1月) ~消費増税後、中小企業もポジティブ?~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:中小企業の業況(2014年1月)~消費増税後、中小企業もポジティブ?~発表日:2014年2月5日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526○改善続く中小企業の景況感商工中金公表の「中小企業月次景況観測」(調査時点:1月上旬)によると、1月の景況判断指数は 51.3(前月差:+0.2pt)と上昇した。業種ごとにみると、製造業は 51.0(前月差:+0.1pt)、非製造業は51.

2014年1月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

関東甲信越地域業況判断DI(2014年1月)

関東甲信越地域業況判断DI (「良い」-「悪い」・%ポイント)全産業製造業非製造業61312004/0681622004/0961412004/1238▲12005/0361032005/0661032005/0991382005/12121492006/031214112006/061316102006/091317102006/12(旧)1517122006/12(新)1315112007/031314122007/0691182007/0981162007/121312008/03▲3▲2

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業景気予測調査(2013年10-12月期) ~景況感は良好。問題は消費増税後~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:法人企業景気予測調査(2013年10-12月期)発表日2013年12月10日(火)~景況感は良好。問題は消費増税後~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(%ポイント)貴社の景況判断BSI:総括表大 企 業全産業製造業非製造業中 堅 企 業25年7~9月10~12月1~3月(12.0) (9.8) (8.5)8.311.8(15.2) (13.5) (9.0)9.711.4(1

2013年10月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

関東甲信越地域業況判断DI(2013年10月)

関東甲信越地域業況判断DI (「良い」-「悪い」・%ポイント)全産業製造業非製造業61312004/0681622004/0961412004/1238▲12005/0361032005/0661032005/0991382005/12121492006/031214112006/061316102006/091317102006/12(旧)1517122006/12(新)1315112007/031314122007/0691182007/0981162007/121312008/03▲3▲2

2013年10月20日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業の動向(2013年秋号)

情報メモ No.25-91クォータリー・オーバービュー2013 年 10 月 15 日中小企業の動向(2013 年秋号)[内容]1 景況感 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.1全般1.2業種別1.3回答別企業数、他機関調査2 売上高 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3 販売価格・仕入価格 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4 採算 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月10日商工中金★フィードバック数:0ビジネス

消費税増税や為替相場などのトピックについての企業対象の調査です。

調査レポート~最近のトピックスに対する中小企業の見方

FAX 送信票調査レポート情報メモ No.25-2013 年 10 月 9 日商工中金 調査部最近のトピックスに対する中小企業の見方 [2013 年 7 月調査]【 調査要旨 】1 消費税率の引上げについて 2013 年 7 月現在の駆け込み需要については、「ある」の割合は 11.4%にとどまった。 2014 年 1-3 月期については、「駆け込み需要がある」が 27.3%で、「駆け込み需要はみられない」の 44.2%を下回った。 消費税率引上げ後については、需要の「反動減が見込まれる」と

2013年9月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2013-4】4~6月期法人企業統計の評価と2次QE予測

No.2013-0152013年9月2日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2013-4≫4~6月期法人企業統計の評価と2次QE予測(1)4~6月期の法人企業統計季報によると、売上高(全産業、以下同じ)は、前期比+0.6%と増   勢加速(図表1)。製造業は減収となったものの、非製造業は政策効果などを受けて堅調に推   移。経常利益は、同+10.5%と4四半期連続で増加。製造業は2012年10~12月期に増益に転じ   て以降2ケタの伸びが続くほか、非製造業でも増益

2013年8月28日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

「全国中小企業動向調査(中小企業編)」結果概要

日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究グループ中小企業動向 トピックス平成2 5 年8月 5日NO. 6 4 中小企業の景況は、持ち直しの動きがみられる「全国中小企業動向調査(中小企業編)」結果概要〔2013 年4-6月期実績、7-9月期および 10-12 月期見通し〕 当公庫ではお取引先のご協力を得て、2013 年6月に全国中小企業動向調査(中小企業編)を実施しました(調査対象 13,450 社、有効回答企業数 7,678 社、回答率 57.1%)。 低下が続いていた中小企業の業況判断 D

2013年7月17日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

管内主要企業の「夏季賞与に関するアンケート」集計結果(釧路支店)

2013 年 7 月 16 日日本銀行釧路支店管内主要企業の「夏季賞与に関するアンケート」集計結果調査期間2013 年 6 月 3 日から 2013 年 6 月 28 日調査対象先数123 社(製造業 39 社、非製造業 84 社)有効回答先数72 社(製造業 26 社、非製造業 46 社)有効回答率58.5%(アンケートからみられる主な特徴点)○ 2013 年度の夏季賞与平均支給金額(1 人当たり)は、製造業で 317 千円(前年比+1.4%)、非製造業で 254 千円(同+5.2%)となり、

埼玉県内企業の2013年雇用動向調査

・・・・・・・・・・・・・・ ぶぎん地域経済研究所 ・・・・・・・・・・・・・・●調査レポート埼玉県内企業の 2013 年雇用動向調査調査対象:県内企業 574 社調査方法:アンケート方式 (5月上旬回答企業:267 社(回答率 46.5%)業種別内訳:製造業 152 社郵送回収)非製造業 115 社要旨本調査は、埼玉県内企業の雇用情勢の現状と今後の見通しを把握するために実施した。現在の雇用情勢は、前年に比べ雇用者数の不足感が強まり、2010 年以降の緩やかな改善傾向は持続している。全産業で「適

2013年3月14日商工中金フィードバック数:1社会/政治

中小企業設備投資動向調査 [2013年1月調査]

FAX 送信票情報メモ No.24-2013 年 3 月 13 日商工中金 調査部中小企業設備投資動向調査 [2013 年 1 月調査]【 調査要旨 】1 設備投資の有無…2013 年度計画は設備投資「有」の企業割合が製造業で2年ぶりに上昇 2012 年度実績見込(以下、「12 見込」) 設備投資「有」の企業割合は全体が 45.7%と 3 年連続して前年を上回った(製造業 55.3%、非製造業 40.2%)。 2013 年度当初計画(以下、「13 当初」) 設備投資「有」の企業割合は 27.

2012年4月13日日本銀行フィードバック数:38社会/政治

東海地域業況判断DI(4月)

東海地域業況判断DI (「良い」-「悪い」・%ポイント)全産業製造業非製造業71312004/06142142004/09132052004/1281152005/03111652005/06111752005/09111752005/12121852006/03131882006/06131582006/091418112006/12(旧)1619112006/12(新)1518132007/031418102007/0691162007/0971132007/123512008/03▲5▲6

2012年4月13日日本銀行フィードバック数:36社会/政治

関東甲信越地域業況判断DI(4月)

関東甲信越地域業況判断DI (「良い」-「悪い」・%ポイント)全産業製造業非製造業61312004/0681622004/0961412004/1238▲12005/0361032005/0661032005/0991382005/12121492006/031214112006/061316102006/091317102006/12(旧)1517122006/12(新)1315112007/031314122007/0691182007/0981162007/121312008/03▲3▲2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ