「申告漏れ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月7日国税庁★フィードバック数:0社会/政治

平成27事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成28年10月 国税庁平成27事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について1 所得税(1) 調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています(以下、実地により行う調査を総称して「実地調査」といいます。)。このほか、文書、電話による連絡又は来署依頼による面接により、申告漏れ、計算誤り又は所得(税額

2014年11月7日財務省フィードバック数:0社会/政治

平成25事務年度の関税及び内国消費税の申告内容の輸入事後調査

報道発表平成26年11月7日財務省平成25事務年度の関税及び内国消費税の申告内容の輸入事後調査結果をまとめました● 納付不足税額が最も多かった品目は引き続き「肉類」財務省は、平成25事務年度(平成25年7月から平成26年6月までの1年間)に、全国の税関が輸入者の関税及び内国消費税(注 1)(以下「関税等」という。)の輸入申告に対する事後調査(注 2)を行った結果(【別添1】参照)をまとめましたのでお知らせします。平成25事務年度は、3,614者の輸入者に対して事後調査を行いました。事後調査の結果

2014年10月23日国税庁フィードバック数:0ビジネス

平成25事務年度における所得税及び消費税調査等の状況

平成26年10月 国税庁平成25事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について1 所得税(1) 調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています(以下、実地により行う調査を総称して「実地調査」といいます。)。このほか、文書、電話による連絡又は来署依頼による面接により、計算誤りや所得(税額)控除の適用

2012年10月29日国税庁フィードバック数:16社会/政治

平成23事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成24年10月 国税庁平成23事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成23事務年度(平成23年7月から平成24年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています(

2011年12月15日国税庁フィードバック数:4社会/政治

平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況

平成23年10月 国税庁平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成22事務年度(平成22年7月から平成23年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況 所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています

2011年10月24日国税庁フィードバック数:4社会/政治

平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について

平成23年10月 国税庁平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について 所得税及び個人事業者の消費税について、平成22事務年度(平成22年7月から平成23年6月までの間)に実施した調査等の状況をまとめましたのでお知らせします。1 所得税(1)調査等件数及び申告漏れ等の非違があった件数の状況 所得税の調査については、高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に深度ある調査(特別調査・一般調査)を優先して実施する一方、申告漏れ所得等の把握を実地により短期間で行う着眼調査を実施しています

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ