「留学経験」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月4日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「英語教育」について

2008年度に小学5,6年生を対象に外国語活動が始まり、2011年度には「小学5年生から必修」となり小学校での英語教育は浸透しています。そして、2020年度からは小学3年生から必修となると、 ますます低年齢化していくことになります。そこで今回は、英語教育について聞いてみました。英語は話せるほうが良い! そう思っているママが95.9%とほぼ全員の方が考えています。既に英語を習わせている人が3割。習わせたいと考えている人は6割という結果でした。 やはり、英語教育に関して意識が高いことがわかります。

第23回Daijob Go Global Career Fair開催結果報告

Daijob Global Recruiting Co., Ltd. | 2014年10月10日グローバル人材キャリアフェア開催報告 ニュース&レポート2014/10/31第23回Daijob Go Global Career Fair開催結果報告留学経験者7割 約3割は社会人3年目以降に留学を経験ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:

2014年4月17日ダイヤモンド社フィードバック数:0キャリアとスキル

『内定を3つ以上獲得した100名』と『内定0個だった100名』アンケート

 以前、ある進学校の先生が、こんな言葉を言っていた。「就活に強い大学はないが、就活に強い学生は必ずいる――」 その言葉を聞いて、なるほど、と思った。就活はいわゆる個人戦であって、団体戦ではない。どんなに大学が就活に力を入れていても、面接会場にいけば、大学名は学歴を判断するためのシグナルのひとつでしかない。戦うのはあくまで学生個人なのである。 そう考えると、“就活に強い子”とはいったい何なのか?  その疑問を解決するべく、少し残酷なテーマで調査を行ってみることにした。『内定を3つ以上獲得した100

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ