「異常気象」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月10日ジェーディーエスフィードバック数:0社会/政治

首都圏在住者が心配に思うこと 1位「地震や異常気象などの自然災害」86.2%

株式会社ジェーディーエスプレスリリース 調査レポート2017年6月28日首都圏在住者が心配に思うこと1位「地震や異常気象などの自然災害」86.2%~JNNデータバンク首都圏調査(13歳~74歳 2017年5月実査)より~JNNデータバンク販売代理店 株式会社ジェーディーエス(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 正光、以下「JDS」)は、2017年5月に実施されたJNNデータバンク首都圏調査(833名回答)より「心配に思っている話題」について分析を行いました。■調査結果昨今は晴れれば猛暑、

2015年12月29日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)の世界の天候(速報)~主な異常気象と気象災害~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2015年(平成27年)の世界の天候(速報)~主な異常気象と気象災害~報道発表日概要低緯度域を中心に、異常高温が頻繁に発生した。インドネシア西部や南米北部では、異常少雨の月が続いた。インド(5月)とパキスタン(6月)では熱波により、東アフリカ南部(1月)、アフガニスタン(2~4月)、インド(6~9月、11~12月)などで大雨や洪水により、大きな被害が発生した。本文2015年に発生した主な異常気象・気象災害は以下のとおりです。 中央シベリア南部の高

2015年6月7日気象庁フィードバック数:0社会/政治海外

2015年5月下旬のインドの熱波について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2015年5月下旬のインドの熱波について報道発表日概要インドでは、2015年5月下旬に熱波に見舞われ、中部を中心に合計で2200人以上が死亡したと伝えられました。顕著な高温をもたらした要因として、インド上空では下降気流が平年より強かったことが影響していたものと考えられます。顕著な高温は、今週末にかけて徐々に解消する見込みです。本文1.天候の経過と影響2015年5月21日~31日で平均した日最高気温の分布図(図1)を見ると、インドの広い範囲で42℃

2014年12月24日気象庁★フィードバック数:0ライフスタイル

年間のまとめです。

2014年(平成26年)の世界の天候(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2014年(平成26年)の世界の天候(速報)報道発表日概要マレーシアからインドネシア、アフリカ西部、マダガスカル北部及びその周辺、カリブ海周辺など低緯度域の各地で、6月以降に異常高温となる月が多かった。米国中西部及びその周辺では異常低温となる月が多く、一方、米国南西部からメキシコ北西部にかけてはほぼ1年を通して異常高温となり、米国南西部は干ばつが続いた。アフガニスタン北部(4~6月)、インド各地(7~9月)、ネパール(8月)、パキスタン(9月)な

再生可能エネルギーとどう向き合うか-再生可能エネルギーは未来の子供たちへの贈り物

再生可能エネルギーとどう向き合うか-再生可能エネルギーは未来の子供たちへの贈り物 | ニッセイ基礎研究所 再生可能エネルギーとどう向き合うか-再生可能エネルギーは未来の子供たちへの贈り物 谷本 忠和基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月下旬に、日本の10電力のうち5電力が、再生可能エネルギー発電設備の接続申込みに対する回答をしばらく保留する、又は、再生可能エネル

2014年7月29日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済の面から温暖化を見ています。

地球規模の経済リスクとしての気候変動問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地球規模の経済リスクとしての気候変動問題緩和(CO2削減)だけでは不十分。異常気象への「適応」が急務。 ◆世界の環境問題を考えるうえで、気候変動は今や世界的な課題となり、緩和(低炭素化)と適応(異常気象への対応)の両面の対応が求められている。しかし日本ではエコカーやスマートシティなど低炭素化は注目されているが、適応策はほとんど議論されない。◆科学的には2100年までに世界の地上平均気温は2.6~4.8

2014年5月6日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年1月以降の米国南西部の少雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年1月以降の米国南西部の少雨について報道発表日概要米国南西部では、カリフォルニア州の2013年の年間降水量が1895年以降で最も少なくなるなど、2013年1月以降、少雨の状態が続いています。このため、飲料用水や農業用水が不足しています。今後も干ばつの解消には至らない見通しとなっていることから、社会への影響が拡大することが懸念されます。本文天候の経過と影響米国南西部では、2013年1月以降、降水量が平年より少ない状態が続いており、2014年

2014年1月26日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年12月~2014年1月の北米の顕著な寒波について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年12月~2014年1月の北米の顕著な寒波について報道発表日概要北米大陸では、2013年12月以降、強い寒波の南下にたびたび見舞われ、各地で顕著な低温を記録し、被害が発生しています。米国の東半分の地域では今後来週前半にかけて再び顕著な低温になる見込みです。本文天候の経過と被害状況北米大陸では2013年12月上旬と下旬、2014年1月上旬に強い寒波の影響を受け、各地で顕著な低温が記録され、低温や強風による被害が発生しました。12月上旬にカナ

2013年12月28日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今年のまとめです。

2013年(平成25年)の世界の天候(速報) ~主な異常気象と気象災害~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年(平成25年)の世界の天候(速報)報道発表日概要東日本から中国中部にかけて、3、7~8月は異常高温となった。上海市のシージャーホゥエイ(徐家匯)では、8月7日に統計開始(1872年)以降で最も高い気温(40.8℃)を記録した(中国気象局)。オーストラリアではほぼ年を通して気温が高く、1、3~4、7~10月に異常高温となった。1月と9月は1910年の統計開始以来、月平均気温が最も高かった(オーストラリア気象局)。フィリピン(台風、11月)

2013年12月19日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

異常気象についての調査です。

2013年の振り返り調査

発行日 : 2013年12月19日ウェザーニューズ、全国7.5万人と紐解く“2013年の振り返り調査”を実施8割の人が異常気象と認識し、5人に1人が命の危険を感じた今年の気象~ 岩手県は約3 割の人が命の危険を感じる気象被害に遭遇 ~株式会社ウェザーニューズ(所在地:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、様々な気象現象があったこの1年間をどう感じているのか調査するため、全国のウェザーリポーターの協力のもと、12月9日~15日に“2013年の振り返り調査”を実施しました。74,670人から回

2013年12月12日花王フィードバック数:0ライフスタイル

秋口の異常気象や今冬の厳しい寒さが生む 『乱天候(らんてんこう)冷え』に要注意!

【医師・専門家監修】女性のライフステージにあわせた心と身体の健康情報 冬の冷え性対策に効果的!自律神経のバランスを整える朝・昼・晩のケア寒さや冷えが自律神経の乱れを引き起こす? “交副リズム”を整えて、寒い冬にこそ自律神経ケアを!血めぐり研究会の調査※では、約7割の女性が、例年、冬に“冷え”で悩んでいることがわかりました(グラフ①)。 また、“冷え”を感じる原因には、身体の「自律神経」の働きが関係すると認識しつつ、「自律神経」のケアを実践している方は少なく(11.6%)、7割以上の方が「方法

2013年10月6日気象庁フィードバック数:0社会/政治海外

2013年9月以降のインドシナ半島の多雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年9月以降のインドシナ半島の多雨について報道発表日概要9月以降、インドシナ半島の広い範囲で多雨となっており、タイやベトナムでは洪水の被害が発生している。タイのチャオプラヤ川流域での9月1日以降の積算雨量(10月1日現在)は、2000年以降では2005年に次いで2番目に多くなっている。原因は、南西からの湿った空気の流入が平年より多かったこと、台風第21号の上陸などである。本文天候の経過と被害状況インドシナ半島では、9月以降、広い範囲で平年よ

2013年9月23日気象庁フィードバック数:0社会/政治海外

2013年7月以降のアムール川流域の多雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年7月以降のアムール川流域の多雨について報道発表日概要7月以降、アムール川流域の広い範囲で多雨となった。このため、ロシア極東域では、アムール川の水位が上昇し、洪水の被害が発生している。本文天候の経過と被害状況アムール川流域(モンゴル東部、中国北東部から東シベリア南部に広がる領域)では、7月以降、広い範囲で雨の多い状況が続いている。アムール川流域の39の観測地点で平均した積算降水量をみると、1996年以降で最も降水量が多く、1996~201

2013年8月11日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2013年7月以降の中国南部の高温・少雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年7月以降の中国南部の高温・少雨について報道発表日概要中国南部では、2013年7月以降、広い範囲で高温・少雨となっており、記録的な高温となった地点があった。少雨の影響による飲料用水の不足や農作物への被害などが伝えられている。本文天候の経過と被害状況中国南部では、7月以降、気温が平年より高く、降水量が平年より少なくなっている地域が多い。中国の上海では、月を通して気温が高く、7月の月平均気温は、32.0℃(平年差+3.4℃)となった。中国気象

2013年7月21日気象庁フィードバック数:8社会/政治海外

2013年7月の中国中部から朝鮮半島北部の大雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年7月の中国中部から朝鮮半島北部の大雨について報道発表日概要中国中部から朝鮮半島北部にかけての広い範囲では、7月初め以降、南からの湿った空気の流入により大雨となっており、各地で被害が発生している。本文天候の経過と被害状況中国中部から朝鮮半島北部にかけての広い範囲では、7月以降大雨となった。多いところでは7月1日から16日までの積算降水量が平年値の降水量の3~4倍となっている。イエンアン(中国、陝西(シャンシー)省)では、7月1日以降の積算

2013年6月30日気象庁フィードバック数:9社会/政治海外

2013年6月のインドの大雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年6月のインドの大雨について報道発表日概要インドでは、広い範囲で多雨となっている。特に、6月中旬に北西部のウッタラカンド州周辺で大雨となり、大きな被害が発生している。本文天候の経過と被害状況6月16日にインド全域が雨季に入った(インド気象局)。インド北西部の雨季入りは記録的に早く、平年より約1か月早かった。6月のインドの降水量(25日現在)は広い範囲で平年より多くなっている。特に平年と比べて降水量が多かったインド北西部のデラドゥーン(ウッ

2013年6月23日気象庁★フィードバック数:13社会/政治海外

洪水をもたらした大雨についてのレポートです。

2013年5月~6月上旬のヨーロッパの大雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年5月~6月上旬のヨーロッパの大雨について報道発表日概要ヨーロッパでは、5月以降、広範囲に雨が降りやすい状況となり、各地で大雨となりました。本文天候の経過と被害状況5月の月降水量はヨーロッパ東部~西部で異常多雨となり、ドイツでは1881年以降で2位の降水量となった(ドイツ気象局)。旬別にみると、5月上旬にフランス東部からハンガリーにかけて平年の2倍以上の大雨となり、中旬以降、雨の領域が広がって、5月下旬には、ドイツやポーランド、バルカン半

2012年12月25日気象庁フィードバック数:5社会/政治

2012年(平成24年)の世界の天候(速報)~主な異常気象と気象災害~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2012年(平成24年)の世界の天候(速報)報道発表日概要偏西風の蛇行に伴って高気圧の勢力が強まり、東アジア北部~アフリカ北部の広い範囲で異常低温(1月~2月)となった。この影響により、多くの国で気象災害が発生した。米国での異常高温(3~7月)・異常少雨(5~9月)により、トウモロコシなどの農産物の生育が悪化し、世界的な穀物価格の上昇を引き起こした。パキスタン(異常多雨、9月)、米国・カリブ海諸国(ハリケーン、10月)、フィリピン(台風、12月)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ