調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 異常気象分析

「異常気象分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年3月12日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成29年12月以降の低温と大雪の要因について(速報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成29年12月以降の低温と大雪の要因について(速報)~ラニーニャ現象により寒気が日本付近に流れ込みやすくなりました~報道発表日概要平成29年12月以降、全国的に気温がしばしば低くなり、寒気の流入のピーク時には大雪となった所もありました。 この要因の一つとして、ラニーニャ現象の影響により、インドネシア付近の積雲対流活動が活発化して偏西風(亜熱帯ジェット気流)が蛇行し、日本付近に寒気が流れ込みやすくなっていたことが考えられます。今後も、2月末にかけ

2014年9月7日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

8月の天候についての分析です。

平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~ 報道発表日概要 本日開催した異常気象分析検討会 (臨時会)において、2014年8月の不順な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。2014年8月は、西日本を中心に記録的な多雨・日照不足になりました。また、7月30日から8月26日にかけては各地で大雨が発生しました(「平成26年8月豪雨 」)。このような不順な天

2013年9月8日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

夏の天候の振り返りです。

平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~報道発表日概要本日開催した異常気象分析検討会において、2013年夏(6~8月)の日本の極端な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。2013年夏の日本の天候は、以下のように、極端な天候となりました(ここで示す地域平均の統計開始は1946年)。<気温>①夏平均気温:西日本 +1.2℃(統計開始以降第1位)、東日

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ