「発明者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月9日IBMフィードバック数:0企業情報システム

IBM、2016年に過去最高の8,000件以上の特許を取得

IBM、2016年に過去最高の8,000件以上の特許を取得 2,000件以上がAI/コグニティブおよびクラウド・コンピューティング関連 米国特許取得数で24年連続首位 TOKYO - 10 1 2017:2017年1月10日[米国ニューヨーク州アーモンク、2017年1月9日(現地時間)発]IBM(NYSE: IBM)は本日、2016年に取得した米国特許が8,088件となり、米国特許取得数の年間記録を更新すると同時に24年連続で首位となったことを発表しました。IBMが2016年に取得した特許には、

2015年2月11日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

発明者へのインセンティブ設計:理論と実証

Research Digest (DPワンポイント解説) 発明者へのインセンティブ設計:理論と実証長岡 貞男 (プログラムディレクター・ファカルティフェロー) 現在、職務発明制度の改革が議論されており、特許法35条が大幅に改正される見通しとなっている。企業にとって、職務上の発明を奨励してイノベーションを進め、競争力を強化することは重要な経営課題である。発明者へのインセンティブ制度によって、社員の発明意欲を高めたいという思いは、どの企業にも共通するが、効果的なインセンティブ制度作りは容易

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

発明者へのインセンティブ設計:理論と実証

発明者へのインセンティブ設計:理論と実証長岡 貞男(ファカルティフェロー) /大湾 秀雄(ファカルティフェロー) /大西 宏一郎(大阪工業大学) 概要現在、職務発明制度の改革が議論されており、特許法35条が大幅に改正される見通しとなっている。この結果、各企業が発明者へのインセンティブ制度を設計する自由度は高まると予想される。本稿では、発明への誘因の最適設計という理論的視点および国際的な発明者サーベイを活用した実証的な研究に基づいて、企業の今後の取り組みに参考となると考えられる示唆とデータを

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ