「相対的」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年9月14日NTTアド★★フィードバック数:0社会/政治

地元意識の把握

報道関係者各位2015年9月14日(株)NTTアドNEWS RELEASE「地元」住民や出身者たちの地域振興施策への認知率は5割以下。一方で、6割以上が地域振興施策への参加意向を持つ。〜2015年度NTTアドオリジナル調査「地元意識の把握」を実施〜「地方創生」というキーワードが連日メディアを賑わせています。インターネットやソーシャルメディアの普及により、「地元」住民、出身者、その他地域の住民がつながりやすい環境となり、同時に、人々の「地元意識」に変化が生じ始めているようです。(株)NTTアド(東

年内の米国利上げ観測が強まるなか注目集まるバンクローン

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月15日年内の米国利上げ観測が強まるなか注目集まるバンクローン 5月下旬にFRB(米連邦準備制度理事会)のイエレン議長が年内の利上げを示唆する発言を行なったことに加え、5月の米雇用者数が市場予想を上回ったことから、年内に利上げが行なわれるとの観測が再び強まっています。利上げのペースは緩やかと見込まれているものの、実質ゼロ金利という異例の超低金利からの金利正常化となるだけに、市場の警戒感は強くなりがちです。足元で、米国の長期金利

2015年3月1日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

非正規社員の「比率が高い」500社ランキング

非正規社員の「比率が高い」500社ランキング上位には外食大手がズラリ 田中 久貴2013年東洋経済新報社入社。データ事業局にて主に上場会社の財務データの収集・編集を行っている。 外食の大手企業は非正社員への依存度が高い(写真:KAORU/Imasia) アルバイト・パートや派遣社員、期間従業員など、いわゆる「非正規労働者」は日本に2000万人超(総務省労働力調査)。全労働者に占める割合は約38%まで高まっている。相対的に賃金が安く、期間を区切って雇えることからさまざまな企業で社員の非正規化

政策金利は据え置きされるも、堅調な経済に下支えされるニュージーランドドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月30日政策金利は据え置きされるも、堅調な経済に下支えされるニュージーランドドル ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は29日の金融政策決定会合で、政策金利を3.5%に据え置きました。今後については、経済指標次第で政策金利の引き上げ・引き下げともに可能性があるとし、前回会合時に比べてややハト派寄りな姿勢が示されたことから、29日のニュージーランドドルは軟調に推移しました。ニュージーランドドルは原油価格の急落やギリシャのユーロ離

上昇時にも下落時にも力を発揮する世界高配当株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月15日上昇時にも下落時にも力を発揮する世界高配当株式 2014年の世界高配当株式は調整局面もあったものの、年初から11月末までの騰落率は+6.0%と比較的堅調なパフォーマンスとなっています(配当込、米ドルベース)。これは世界的な低金利環境の中、相対的に高い利回りが選好されていることに加え、高配当株式の良好な株価特性が背景にあるためと考えられます。高配当株式の過去の年間パフォーマンスを見ると、株価上昇時は世界株式と同程度のリ

相対的に高い利回りと安定した値動きが魅力のバンクローン

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月21日相対的に高い利回りと安定した値動きが魅力のバンクローン 日米欧において超低金利政策が継続され、主要国の国債利回りは過去と比較しても非常に低い水準となっています。このような市場環境の中、少しでも高く、安定的なインカム収益への需要は高く、国債に比べてより高い利回りの獲得が期待されるハイイールド債券やバンクローンへの投資資金の流入が見られます。なかでも、バンクローンは、相対的に安定した値動きと高い利回りを兼ね備えた資産であ

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方創生関連法が地方再生につながるためのポイントは"ひと"

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方創生関連法が地方再生につながるためのポイントは"ひと" 衆議院の「地方創生に関する特別委員会」において、10月9日から地方創生に関連する2法案「まち・ひと・しごと創生法案(内閣提出第1号)」、「地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出第2号)」が審議されている。11月の初旬(一部報道では本日6日)にも国会を通過する予定と報道されている。上記の1番目の法案によれば、地方創生とは「まち・ひと・しごと

上昇時にも下落時にも力を発揮する世界高配当株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月29日上昇時にも下落時にも力を発揮する世界高配当株式 2014年の世界高配当株式は調整局面もあったものの、年初から8月末までの騰落率は+8.2%と、世界株式の+7.2%を上回っています(ともに米ドルベース)。これは世界的な低金利環境の中、相対的に高い利回りが選好されていることに加え、高配当株式の良好な株価特性が背景にあるためと考えられます。高配当株式の過去の年間パフォーマンスを見ると、株価上昇時は世界株式と同程度のリターンを

蒲焼の消費動向です。

うなぎの蒲焼の消費動向~名古屋と大阪にみる消費パターンの違い~

○90年代半ばからデフレが続く中にあっても、うなぎの蒲焼の価格は2002年~04年を底にして急上昇し、この10年間で価格は2倍になっている。価格の高騰につれて、購入量は大きく減少し、よく買われる一般的な食材から、たまにいただく食材へと変化している。○もっとも、食材としてのうなぎの蒲焼の定着度は地域によって異なる。地域別にみると東海と近畿が全国の消費をけん引しており、1世帯平均の支出金額をみるとうなぎの購入が少ない北海道や沖縄の3倍となっている。また、年間の支出規模が拮抗している東海と近畿の間でも

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南ア リセッションは回避も先行き不透明は変わらず ~成長率の低下でアフリカ大陸での相対的な地位低下が進む懸念~

南ア リセッションは回避も先行き不透明は変わらず ~成長率の低下でアフリカ大陸での相対的な地位低下が進む懸念~

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

農業と金融:戦後の概観<訂正版>

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 農業と金融:戦後の概観<訂正版>農業の復権に向けた金融の役割① ◆戦後のわが国の農業は、GHQによる農地解放で幕を開けた。その後、1961年の農業基本法制定、1971年の本格的な減反政策の開始、1995年の食糧法の施行(食糧管理法の廃止)、1999年の食料・農業・農村基本法制定、2009年の農地法改正などが大きなトピックとして挙げられる。いずれも農業の活性化を図ったものと考えられるが、産業としての農業

2014年4月11日産業能率大学★★フィードバック数:0ビジネス

ビジネスパーソンの仕事意識や能力についての調査です。

ビジネスパーソン調査(報告書サマリー)

各年代の特徴(他の年代との違いを中心にまとめています)■キャリアを自ら築く意識を持ち、つながりや協働を好むが、コミュニケーションは下手な20代■公私ともに充実し、転職や海外転勤をチャンスと捉え、独立を志向する傾向が強まる30代■周囲の期待に応えた仕事はしているが、成果創出やキャリア形成に統制感を持てていない40代■組織に貢献はしているが、保守化傾向が強まり、周囲からの期待を実感できていない50代■ストレスなくイキイキと前向きに仕事に取り組んでいるが、周囲からの評価が得られない60代「若手の意識や

2014年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

仕事に関する「強み」自認の規定要因と効果-「30代ワークスタイル調査」の分析より-

ノンテクニカルサマリー 仕事に関する「強み」自認の規定要因と効果-「30代ワークスタイル調査」の分析より-このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「労働市場制

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米QE3縮小と新興国 ~短期的ショックは免れたが、資産の相対的な魅力低下で選別の動きが強まる~

米QE3縮小と新興国 ~短期的ショックは免れたが、資産の相対的な魅力低下で選別の動きが強まる~

2013年9月4日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

リテラシーやネット利用の状況を調べています。

平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等

報道資料「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」の公表総務省では、青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査を実施し、結果概要を「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」として取りまとめましたので、公表します。1 経緯・目的総務省では平成23年度、インターネット・リテラシー向上施策の重要性に鑑み、今後同施策を効果的に進めていくために、青少年のインターネット・リテラシーを可視化するテスト等を開発しました。今年度は昨年度に引き続き青少年のインターネット・リテ

Yahoo!、Google、Facebookが3強です。

PCインターネットにおける大学生のWebサイトアクセス動向

新入学のシーズン到来!大学生のサイトアクセス状況は? インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、春の新入学シーズンにちなみ、PCインターネットにおける大学生のWebサイトアクセス動向をまとめました。<結果のポイント>2013年1月度において、大学生の接触者率(リーチ)が最も高いWebサイトは「Yahoo! JAPAN」であり、他の職業区分においても共通してトップに位置している。以下、「Google

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ