「相続人」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年9月30日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

高齢化で増加する相続資産 ~相続資産は年間42兆円~

Financial Trends経済関連レポート高齢化で増加する相続資産発表日:2014年9月29日(月)~ 相 続 資 産 は 年 間 42兆 円 ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2015 年になると、相続税強化によって基礎控除額が引き下がり、課税範囲が広がる。特に東京・神奈川では、新しく課税対象になる世帯は増えるだろう。相続関連ビジネスの市場規模は、約 1.4 倍へと拡大することが見込まれる。相続資産総額は、2000 年代になって増加傾向に転じ、

2014年2月19日タイムカレント★フィードバック数:0社会/政治

税理士に聞いています。

財産相続に関する税理士100人アンケート

「いま注目の「相続相談」を経験している税理士100人へのアンケート 相続に向け“話し合いできてない”=60% ※:相続相談に来た方の年齢=25%の税理士が40代以下を経験※:意外な落とし穴=税理士の81%は「相続後の相続人の財産管理が不安」※:おすすめ回避策は=1位「家族の話し合い」、2位「準備」、3位「より具体的な財産管理」 来る2月23日は「税理士の日」となる。これは日本税理士連合会が昭和44年に制定したもので、現「税理士法」の前身にあたる法律ができた日を記念しており、各地で税理士による無料

2013年7月28日旭化成フィードバック数:4大型消費/投資

親と子の財産相続に関する意識調査

税制改正により、2015年1月1日から、基礎控除額が引き下げられ、相続税の税率構造が変わり、最高税率が引き上げられました。 これにより相続税の納税「者」も 納税「額」も 増加する見込みです。今まで 「富裕層の問題」というイメージが強かった相続税が、一般家庭にも影響しようとしています。このページでは相続税についての基礎知識と、税制改正による影響、 相続税の対策となるポイントを解説します。 ※<相続人が一人の場合>従来の基礎控除額は、5000万円+(1000万円×相続人の数) = 6000万円201

2012年11月19日国税庁フィードバック数:15社会/政治

平成23事務年度における相続税の調査の状況について

平成24年11月国税庁平成23事務年度における相続税の調査の状況について相続税について、平成23事務年度(平成23年7月から平成24年6月までの間)に実施した実地調査の状況をまとめましたのでお知らせします。1 実地調査件数及び申告漏れ等の非違件数相続税の実地調査については、平成21年中及び平成22年中に発生した相続を中心に、国税局及び税務署で収集した資料情報を基に、申告額が過少であると想定されるものや、申告義務があるにもかかわらず無申告となっていることが想定されるものなどに対して実施しました。実

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ