「相続税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「相続」に関するアンケート調査

[株式会社オールパートナーズ] ,不動産 アンケート 相続税 遺言 相続 相続トラブル

2015年8月4日国境なき医師団フィードバック数:0ライフスタイル

遺贈に関する意識調査2015

「遺贈に関する意識調査2015」国境なき医師団(MSF)日本(会長:加藤寛幸、事務局長:ジェレミィ・ボダン)は、2015年6月24日~26日の3日間、50歳~79歳の男女を対象に「遺贈に関する意識調査2015」をインターネットリサーチし、1000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社) 主な調査結果をご紹介します。主な調査結果どこか他人ごと?「親の遺産で"争続"避けたい」8割弱も、「自分の遺産で"争続"になるかも」は1割半相続に関する意識について、どの程

相続税改正から2ヶ月が経過 お客様の動きにも変化

[税理士法人レガシィ] ,相続税 増税 税制改正 相続税改正

2015年1月6日すばる会計事務所フィードバック数:0大型消費/投資

相続に関するアンケート

[すばる会計事務所] ,アンケート 相続税 相続 相続対策 改正

2015年1月4日日本法規情報フィードバック数:0社会/政治

仲の良かった親族でも相続トラブル増加!でもそのトラブルは、遺言書1通で回避可能です!

[日本法規情報株式会社] ,相続税 遺言 相続 遺産 法律相談 終活 節税 エンディングノート 遺族 相続手続

2014年11月9日相続診断協会フィードバック数:0キャリアとスキル

「相続診断士」の資格者が1万5千人を突破しました!

相続診断協会は、相続診断士の認定発行・教育・サポートを行っている機関です。 相続とは?なぜ争族が増えているのか?笑顔相続との間には意外な分岐点があります。 資格者の声活躍している相続診断士から活動方法を学びましょう。 協会の活動・サポート当協会の活動および資格取得者へのサポートについてまとめました。 よくある質問相続診断士に関してお問い合わせの多い内容をQ&A形式でご紹介しています。 2017年5月10日【vol.38】気持ちを伝えることの大切さ[月刊]笑顔相

2014年10月22日Hanoi Advanced Lab★フィードバック数:0大型消費/投資

住まいや相続についての親側の調査です。

第3回 イエノミカタ調査

第3回 イエノミカタ調査[住まいと相続]50代・60代の親のキモチ調査 「イエノミカタ」では、結婚・婚約している子どもを持つ50~69歳の親を対象に、子世帯の住宅取得にどのように関わっているかを調べました。調査対象の親世帯と子世帯との距離は、同居から遠くに住んでいるケースまでさまざまです。「子世帯とのコミュニケーション手段」「子世帯の住宅取得を支援したいか否か」などの質問に対して、親世帯からは興味深い回答が得られています。また、2015年(平成27年)からの相続税改正を控え、その認知度や対策

2014年10月15日リクルート★フィードバック数:0社会/政治

SUUMOの調査です。

あなたも課税対象者になるかも!相続税改正に関する調査

SUUMO(スーモ)は、住宅・不動産購入をサポートする情報サイトです。 借りる マンションを買う 一戸建てを買う 建てる リフォームする 売る プロに相談 注文住宅に関する住まいのお役立ち記事では、注文住宅を建てる際の基礎知識やポイント、費用や相場などのお金情報のほか、ハウスメーカーや工務店の探し方、間取り・プランの選び方、入居までの流れ・手続き、アンケート調査の結果など、購入する前に知っておきたい情報を紹介します。注文住宅を購入する際の参考にしてください。

2014年9月2日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

地価動向(路線価)

国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2014年分の路線価を発表しました。標準宅地の1月1日時点の平均路線価は、前年比で▲0.7%と6年連続の下落となりましたが、下げ幅は前年より1.1ポイント縮小しています。前年より上昇した都道府県は昨年の2県(宮城県、愛知県)に対し、8都府県(宮城県、福島県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府)と増加しました。路線価…相続税や贈与税の税額を算定する基準となる地価。主要な道路に面した土地1㎡当たりの1月1日時点の評価額で、国土交通省が3月

相続の実態

[税理士法人レガシィ] ,相続税 相続 資産家 相続事例

2013年7月28日旭化成フィードバック数:4大型消費/投資

親と子の財産相続に関する意識調査

税制改正により、2015年1月1日から、基礎控除額が引き下げられ、相続税の税率構造が変わり、最高税率が引き上げられました。 これにより相続税の納税「者」も 納税「額」も 増加する見込みです。今まで 「富裕層の問題」というイメージが強かった相続税が、一般家庭にも影響しようとしています。このページでは相続税についての基礎知識と、税制改正による影響、 相続税の対策となるポイントを解説します。 ※<相続人が一人の場合>従来の基礎控除額は、5000万円+(1000万円×相続人の数) = 6000万円201

2012年11月19日国税庁フィードバック数:15社会/政治

平成23事務年度における相続税の調査の状況について

平成24年11月国税庁平成23事務年度における相続税の調査の状況について相続税について、平成23事務年度(平成23年7月から平成24年6月までの間)に実施した実地調査の状況をまとめましたのでお知らせします。1 実地調査件数及び申告漏れ等の非違件数相続税の実地調査については、平成21年中及び平成22年中に発生した相続を中心に、国税局及び税務署で収集した資料情報を基に、申告額が過少であると想定されるものや、申告義務があるにもかかわらず無申告となっていることが想定されるものなどに対して実施しました。実

中小企業の事業承継に関する調査研究

中小企業の事業承継に関する調査研究〜永続的な成長企業であり続けるための事業承継〜1.調査の背景・目的我が国の総人口の減少、少子化・高齢化の進展により、今後の生産年齢人口は大幅に減少することが予想される。それに伴い企業の代表者も高齢化が進んでおり、1985年から2004年で大企業も含めた全代表者の平均年齢は約5.0歳上昇している。特に、規模が小さい企業ほど平均年齢が上昇していることがわかる。(図表1)代表者の高齢化が進む一方で、事業承継の対応はさほど進んでいない。代表者が60代の中小企業でも約半数

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ