「相続財産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

遺産相続に関する調査

遺産相続実態調査委員会のプレスリリース/広報・PR情報【遺産相続に関する調査結果ご報告】遺言・相続の経験者が選んだ、相談先の第1位は、銀行。“遺言”で、いま伝えたいメッセージは、妻や夫への感謝の言葉「ありがとう」【遺産相続に関する調査結果ご報告】遺言・相続の経験者が選んだ、相談先の第1位は、銀行。“遺言”で、いま伝えたいメッセージは、妻や夫への感謝の言葉「ありがとう」遺産相続実態調査委員会は遺産相続に関する調査を実施しました。調査結果のトピックスは、以下の通りです。・“遺言”で、いま伝えたいメッ

2016年2月26日ピーシーネットフィードバック数:0社会/政治

消費者の法律知識に関するイメージ調査

死亡退職金は内縁の妻が3割【アンケート調査結果】 2016年2月23日 死亡退職金は内縁の妻が3割【アンケート調査結果】 2016年2月23日ピーシーネット株式会社【弁護士マーケティング研究会】死亡退職金は内縁の妻が3割【アンケート調査結果】ピーシーネット株式会社弁護士マーケティング研究会(本社:東京都港区、代表取締役:遠藤 啓慈、以下 弁護士マーケティング研究会)は、2月15日から2月16日の期間、30歳以上の男女を対象に消費者の法律知識に関するイメージ調査を行いましたので、その調査結果を

2015年8月4日国境なき医師団フィードバック数:0ライフスタイル

遺贈に関する意識調査2015

「遺贈に関する意識調査2015」国境なき医師団(MSF)日本(会長:加藤寛幸、事務局長:ジェレミィ・ボダン)は、2015年6月24日~26日の3日間、50歳~79歳の男女を対象に「遺贈に関する意識調査2015」をインターネットリサーチし、1000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社) 主な調査結果をご紹介します。主な調査結果どこか他人ごと?「親の遺産で"争続"避けたい」8割弱も、「自分の遺産で"争続"になるかも」は1割半相続に関する意識について、どの程

2014年3月26日日本法規情報フィードバック数:0社会/政治

税制改正により「納税資金確保のため相続財産を手放さざるを得ないケースが増加」の認知度は約3割弱 相続トラブル意識調査

[日本法規情報株式会社] ,弁護士 相続税 税金対策 遺言書 法律相談 節税 親族トラブル 不動産トラブル 遺産分割

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ