「相談窓口」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月23日厚生労働省フィードバック数:0ビジネス

職場のパワーハラスメントに関する実態調査

平成29年4月28日【照会先】労働基準局 勤労者生活課課 長平嶋 壮州専門官 高橋 嘉寿満(代表電話) 03(5253)1111(内線5306,5379)(直通電話) 03(3502)1589 報道関係者各位「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書を公表します 〜全国の企業・従業員を調査し、パワーハラスメントの発生状況や、予防・解決に向けた取組の主な効果・課題を把握〜  厚生労働省では、平成年度以来となる「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」を実施し、このほど、報告書を

2017年3月22日名古屋市役所フィードバック数:0マーケティング

平成28年度 第10回ネット・モニターアンケート

名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表) 平成28年度 第10回ネット・モニターアンケート(調査結果) テーマ:住情報提供について1 今回の調査テーマ・趣旨住情報提供について名古屋市は、豊かな住生活を実現するため、様々な世帯が自らの居住ニーズに応じて適切な住まいを選ぶことができる環境の整備に取り組んでいます。今回のアンケートでは、住生活に関する情報提供や相談受付について、市民の皆様のニーズをおたずねし、名古屋市による今

2017年2月14日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

2016年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]

2016年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]2017.1.12 2016年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]株式会社 オウチーノこの度、オウチーノ総研(株式会社オウチーノ/本社:東京都港区/代表:井端純一)は、住宅・不動産サイト「O-uccino」賃貸サイトの、2016年1月1日から2016年12月31日のアクセス数をもとに、「2016年、人気の高かった駅・沿線ランキング[賃貸/首都圏編]」を作成した。住まいのことならなんでも、対面・無料で相談できる「家」とリ

2017年1月11日留学情報館★フィードバック数:0社会/政治

トランプ氏当選で「アメリカ留学に不安」7割近くに

トランプ氏当選で「アメリカ留学に不安」7割近くに 無料ビザ相談窓口を開設。ビザ・入国難化懸念の声を受け株式会社留学情報館(東京都新宿区、代表:大塚庸平、以下留学情報館)は、ドナルド・トランプ氏の大統領選挙勝利を受け、それによってアメリカ留学のイメージがどう変化したかを調査しました。その結果、7割近くの人がアメリカ留学へ不安を感じており、具体的には①「入国審査やビザ取得」②「治安」③「為替」などに不安を抱えていることが分かりました。この状況を受け、留学情報館ではアメリカの学生ビザ相談窓口を開設。ビ

2016年8月7日オウチーノフィードバック数:0キャリアとスキル

「子どもに就いてほしい仕事」実態調査

2016.7.27 「子どもに就いてほしい仕事」実態調査株式会社 オウチーノ自分たちが学校を卒業し社会に出たように、自分の子どももいつか働き始める。進学先などに親の意向が大きく影響することは多いが、子どもの将来の職業に対しては、親たちはどのような希望を抱いているのだろうか。住まいのことならなんでも、対面・無料で相談できる「家」とリフォームの相談窓口です。Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.

2016年6月30日オウチーノフィードバック数:0社会/政治

「妊娠・出産」に関する実態調査

2016.5.31 「妊娠・出産」に関する実態調査株式会社 オウチーノ日本は 1995 年に少子化社会に突入し、それから 20 年以上が経った。少子化の原因としては、晩婚化や女性の社会進出、貧困などが挙げられることが多い。それらの懸念材料を全て「無」にしたとき、現代の女性は「子どもが欲しい」と思うのだろうか。住まいのことならなんでも、対面・無料で相談できる「家」とリフォームの相談窓口です。Copyright © O-uccino, Inc. All Rights Reserved.

2015年8月4日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成27年度第1回インターネット都政モニターアンケート 犯罪被害者等支援について

平成27年度第1回インターネット都政モニターアンケート結果犯罪被害者等支援について平成27年8月3日生活文化局 今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に、犯罪被害者等の置かれた状況や支援策の認知度、被害者等支援で望むことについて聞き、今後の都政運営の参考とするものです。主な調査結果犯罪被害者等の権利の充足度(P4、P5) 犯罪被害者及びその家族又は遺族の擁護、保障等の権利については、78%の方が不十分(「どちらかといえば不十分だと思う」(43%)+「不十分だと思う」(35%))と回答して

2015年4月29日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

民間企業の「ハラスメント対策」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 民間企業の「ハラスメント対策」実態調査人事が自社で発生するハラスメントを知るきっかけ第1位は第三者からの相談。ー人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケートー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』( https://partners.en-japan.com )上でサイト利用者の2

「職場のハラスメントについて」のアンケート

「職場のハラスメントについて」のアンケート結果発表!NCCUでは、6月24日から7月7日にかけて、介護業界におけるハラスメントの実態を把握し、安心して働ける環境づくりの推進に向けた資料として活用するために「職場のハラスメントについて」のアンケートを実施しました。現在、職場におけるハラスメント被害が社会問題化しています。ハラスメントはその判別にあたっての基準があいまいなため、ハラスメントと特定しにくく、加害者がハラスメントをしている、被害者がハラスメントを受けているという意識がないことも多いのが実

2014年7月17日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事担当者の調査です。

「メンタルヘルス対策」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 従業員のメンタルヘルスを把握している人事の66%が「自社にメンタルヘルス不調者がいる」と回答-人事担当者向け 中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」アンケート 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」()上でサイト利用者の242名を対象に「メンタルヘルス対策」についてアンケート調査を行いました。事業運営者

2014年6月19日マイトフィードバック数:0社会/政治

「iタウンページ みんなの相談窓口」の相談内容の3分の1以上が「人間関係のトラブル」

[] 株式会社マイト(東京都新宿区、代表取締役:佐藤和博、以下、マイト)は、NTTタウンページ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:岡田昭彦、以下、NTTタウンページ)と共同事業として取り組む「i タウンページ みんなの相談窓口()」の相談内容のうち3分の1以上にあたる35.1%が「人間関係のトラブル」に関する相談だったと発表しました。「i タウンページ みんなの相談窓口」は事前登録などが一切不要で、「記帳代行」などの法人関係の相談から「相続・贈与」などの個人の相談まで、さまざまな悩みや相談ごと

2014年3月26日ネクスト★フィードバック数:0大型消費/投資

保険加入の事例/口コミデータです。

みんなの保険加入データ

※実査委託先:楽天リサーチ(2016年3月)LIFULL(ライフル)保険相談は、全国の保険相談窓口や保険ショップを検索・予約できるサイトです。 みんなの保険加入データみんながどんな保険に加入しているかどうかって直接は中々聞きづらいことです。「LIFULL保険相談」では様々な世代やライフステージの方に保険加入データの調査を行い、家族構成や年代などから自分に似た人の保険の加入データを簡単に検索することができるコンテンツをご用意しました。保険相談や保険の見直しの前に見てみて、保険選びの参考にする

2013年12月1日オウチーノフィードバック数:0ライフスタイル

一人暮らし社会人の「家事」実態調査

2013.11.28 一人暮らし社会人の「家事」実態調査株式会社 オウチーノ一人暮らしと実家暮らしの大きな違いの一つは、家事をすべて自分で行わなくてはいけないことだ。掃除をしなければ部屋が汚れる一方、洗濯をしなければ着られる服が減る一方であるわけだが、特に平日の時間の多くを仕事に費やす社会人たちは、仕事と家事を上手く両立できているのだろうか。また彼らは、どれくらいの頻度、タイミングで家事を行っているのだろうか。住まいのことならなんでも、対面・無料で相談できる「家」とリフォームの相談窓口です。Co

2013年11月3日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京都の調査です。

こころの病気に関する世論調査

「こころの病気に関する世論調査」結果平成25年10月30日生活文化局 この度「こころの病気に関する世論調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。この調査は、こころの病気に関する都民の意識を把握し、今後の施策推進の参考とするものです。調査結果のポイントこころの健康状態及びこころの健康に関する知識不安やストレスの有無−「感じる」が65%こころの病気にかかる可能性「自分自身がかかる可能性がある」は30%、「家族や友人など周囲の人がかかる可能性がある」は53%こころの病気の認知度うつ病、パニック

2013年3月28日国民生活センターフィードバック数:0マーケティング

消費生活年報2012

消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。 [2017年2月21日:更新][2011年1月26日:公表] このページは、既に冊子として発行されている「消費生活年報」を収録したものです。分割版分割版表紙[PDF形式](70KB)目次[PDF形式](84KB)I章 最近の消費生活相談の傾向と特徴[PDF形式](600KB)II章 消費生活相談からみたこの1年PIO-NETにみる消費生活相談−全国のデータから−[PDF形式](1.1MB)PIO-NETの危害・危険情報と医療機関ネット

2012年12月14日厚生労働省★フィードバック数:167ビジネス

パワハラについてのまとまったレポートです。

職場のパワーハラスメントに関する実態調査

平成24年12月12日(水)労働基準局労働条件政策課賃金時間室大臣官房参事官 里見 隆治研究官 齋藤 文昭室長補佐 小泉 貴人政策係長 川瀬 健太(代表電話) 03(5253)1111(内線5373)(直通電話) 03(3502)6757 報道関係者各位「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書がまとまりました。〜全国の企業・従業員を調査し、パワーハラスメントが発生する要因や予防・解決に向けた課題を検討〜 厚生労働省では、国として初となる職場のパワーハラスメントに関する実態調査を

2009年7月21日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

「コール・トリアージ」4人に1人が認知~「必要」が大半、しかし電話での判断に懸念の声も

救急車の適正利用に関する意識調査 「コール・トリアージ」4人に1人が認知~「必要」が大半、しかし電話での判断に懸念の声も一刻を争う救急搬送の現場で、虚偽の通報や救急車をタクシー代わりに呼びつけるといった救急車の不正利用が問題となっている。これに対し、2008年には救命率の向上を目的とした「コール・トリアージ」が全国で初めて横浜市で導入されるなど、新たな試みも広がっているが、肝心の利用者はこうした救急車の適正利用に関する情報をどの程度把握しているだろうか。20代から40代のネットユーザー男女554

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ